FASTのテスト

まだ寒中で血圧も上昇しやすいですから、FASTテストは皆さまにも頭に留めておいていただければと思います。

友人が舌を突き出したとき、彼は救急車を呼んだ。このテストをした直後だった。

 

FASTテストは次のものです。

1. 笑顔を作ってもらう。もし笑顔が左右対称でなければ脳卒中の疑いがあります。
2. 両腕を頭上に上げて目をつむってもらう。どちらかの手が下がってきたら疑いありです。
3. 簡単な文章を繰り返し声に出してもらう。推奨されている文章は「太郎が花子にりんごをあげた」。ろれつが回らないのも脳卒中の兆候です。
4. 舌を出してもらう。舌がまっすぐに出せない場合、脳卒中の可能性があります。

 

そして、

1つでもうまくいかないものがある場合は、すぐに救急車を呼んで症状を説明してください。

とのことです。

 

記事には、次の記載がありました。

脳卒中患者の20%が発症から4週間以内に死亡しており、日本ではがん、心臓病に次ぐ死因の第3位に位置しています。 この4つのチェック法を覚えておいてください。このテストは、顔(Face)、腕(Arms)、発言(Speech)、時間(Time)の「FASTテスト」としても知られています。「F」「A」「S」で表される3つの徴候のうち1つでもあれば、脳卒中の可能性は 72%です。

 

文末に次の記載がありました。

この記事を友人や家族にシェアしてください。誰かの命を救えるかもしれません!

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ