シュレッダー

次の記事に目が留まりました。

シュレッダーで誤裁断した書類を復元できたらマズいのか、真剣に考えてみた

 

記事は次の文面から始まっていました。

群馬銀行が11月9日、顧客のマイナンバーカードのコピーなどが入った封筒440通をデータ入力前に誤って裁断したと発表し、話題となりました。原因は、データ管理業務の委託先の従業員が作業済み書類の棚に、誤って書類を置いてしまったこと。とはいえ、裁断片は全て確保しており、裁断片復元を進めた結果、440通のうち432通は個人を特定できたようです。

 

誤ってシュレッダーにかけてしまった書類のほとんどが復元できたという話ですが、SNSでは「裁断片が復元されたら逆にマズい」との指摘が相次いだそうです。

ただ、このケースは銀行の信用問題に深くかかわっているため、復元せざるを得ない事情があったわけですが、私もシュレッダーを使うことが多々あるので、SNSでの指摘もよくわかります。

 

記事には次のような「復元不能にする方法」も書かれていたので、今後は参考にしたいと思いました。

シュレッダーにかける書類は、その重要性によっては油性ペンや文字隠しスタンプ等を使い、知られたくない箇所を判読不能にしてから裁断しましょう。さらに、裁断片は複数回に分けるなり、廃棄する日を別にするなり、裁断片をできるだけさらに分割して復元不能にしましょう。

個人では、たとえばクレジットカードを裁断したときなど、裁断片を数回に分けて捨てるだけで、復元不可能になります。単純なゴミではなく、個人情報や重要な情報源はシュレッダーにかけただけでなく、捨てる際も細心の注意が必要です。「情報の連鎖性」を破壊してから破棄するひと手間が、情報を守り、安全を確立するシンプルかつ最も重要なことだといえます。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ