ネットの医療情報

以前、医療情報を探すコツという投稿をしましたが、それと関連する次の記事が目に留まりました。

医師の9割が「一般人がネットで正しい情報を得るのは、容易ではない」

 

記事には、オンライン医療相談サービスを運営するMediplatによる調査結果が次のように記されています。

調査期間は2017年12月20日~21日。Mediplat親会社のメドピアが運営する医師専用コミュニティーサイト「MedPeer」に登録している医師530人から回答を得た。

ネットの医療・健康情報は、11%が「かなり信頼できる」、55%が「少しは信頼できる」と答え、新聞やテレビ、雑誌の結果を上回った。逆に「まったく信頼できない」のは、テレビが17%と最多。「視聴率を上げるため、非常に珍しい疾患や状態を取り上げることが多い」「患者は影響を受けやすいので、大げさに情報提供しないでほしい」といった意見が上がった。

 

そして、次のように続いていました。

医師ではない人がネット情報を利用するには、情報を取捨選択できる能力が問われるという声も。一般人がネット検索で自分の症状に合った正しい情報に「容易にたどり着ける」と答えた医師は4%。「絶対にたどり着けない」(2%)と「難しい」(52%)、「たどり着けるがコツが必要」(42%)を合わせると、9割がネガティブな意見だった。

理由は「情報の信頼性を一般人が判断するのは難しい」「同じ症状でも疾患は無数にある」などが上がった。

 

ネットよりTVの情報のほうが信頼性が薄いという調査結果には私も納得ですし、やはり的確な情報を見つけるのは難しいようです。

皆さまにも、TVやネットの情報をそのまま鵜呑みになさらず、医療情報を探すコツ等も参考になさってのご判断をお勧めします。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ