大量廃棄の食材

昨日、↓の記事が目に入りました。

恵方巻き、大量廃棄の現実 店頭に並ばないケースも…

 

記事の冒頭に次の文面がありました。

福を呼ぶとされる、節分の恵方巻き。火付け役となったコンビニエンスストアだけでなく、スーパーや百貨店にも並ぶなど、季節商品として定着している。だが、その陰では売れ残った商品の大量廃棄や、販売の「ノルマ」などの問題が起きている。

 

先日の節分に恵方巻きを召し上がった方も多いかと思います。

私は2月3日は買い物に出かけませんでしたが、近所のちよだ鮨に行列ができていたと買い物に出かけた主人が言っていました。

 

以前、このブログで恵方巻きのことについて書いたことがありましたが、あまのじゃくな私は商戦に踊らされている感がぬぐえず、また、本来の伝統とは違うように思えるため、恵方巻きを食べる気にもなりませんでした。

 

それにしても、恵方巻き商戦は年々盛んになっていますね。

そして、盛んになった商戦の裏では、「大量廃棄」という現実が存在していたようです。

 

本当にもったいない。

「世界には飢餓に苦しむ人たちがたくさんいるのに」と思ってしまいました

 

追記:

次の記事も読み、廃棄を問題視する業者も存在することを知りました。

「もうやめにしよう」 過熱する恵方巻き廃棄問題に兵庫のスーパーが一石投じるチラシ 「かっこいい」と大反響呼ぶ

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ