ある医師の言葉

先日、インフルエンザが疑われたら という投稿をしましたが、医療従事者向けのサイトにあった医師の記事に次の記載があり、「そうなの」と思いながらも納得させられたのです。

テレビで「インフルエンザ過去最高」と言っていますが、あれは明らかにウソです。もともとインフルエンザは、医師から診断されたり届け出が行われる病気としては扱われていなかったのに、今の社会が「会社に来ないように」「学校に来ないように」するための「証拠」を求めており、発熱した人たちにとっては医師から「あなたはインフルエンザに罹りました」という証拠をゲットすることが義務となっています。その結果、受診者が増えているのです。

 

また、次のようにも書かれていました。

私は、「医療的な問題でないはずのことが医療の対象になること」が持つ難しい部分の一つは、「重要な決断において、自分自身ではなく何かしら客観的なものに責任を預けてしまうようになること」だと思っています。自分自身も会社も医療側も「きっとインフルエンザなんだろうな」ぐらいのところで手を打っていただけるとみんなもう少し楽になると思うのですがいかがでしょうか?そして、医療者は、社会が寛容さを手に入れるまであとしばらくは「インフルエンザかどうか診断してほしい」と言ってヘロヘロになりながら来院する患者さんには、若干のもやもやを感じながらも「どれどれ、拝見しますね」という寛容さをもって診療にあたるのがよいのかと思います。会社が求めないなら迅速検査は必要ないと思いますケド。

 

インフルエンザが疑われたら の内容にも通じると思いますが、いかがでしょうか。

 

ちなみに上記は、日経メディカルOnline に掲載された次の記事に書かれている内容です。

インフルエンザには寛容の処方を

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ