今度は日本郵便を装う詐欺

調べたいことがあって日本郵便のWEBサイトを開いたところ、次のタイトルが目に入りました。

郵便局などを装った不審な電話、迷惑メール及びフィッシングサイト等にご注意ください

 

4月3日付となっていますから、最近の出来事だと思いますが、次のように書かれていました。

最近、「EMS(国際スピード郵便)」「商品の配達」あるいは「Web集荷サービス」を装った不審なメールが発生しています。
心当たりのない不審なメールの添付ファイルを開かないように、くれぐれもご注意ください。
また、日本郵政、日本郵便や郵便局などを装った不審な電話、メール及びフィッシングサイトも発生していますので、ご注意ください。

例:
・商品の配達を装って添付ファイルを開かせようとする不審なメール
・荷物の再配達を装って個人情報を聞き出そうとする不審な電話
・アンケートに回答するとプレゼントがもらえるとして個人情報を登録させようとするフィッシングサイト など

 

そして、次のリンクがありました。

当社を装った「フィッシングサイト」にご注意ください

日本郵便を装った不審メールにご注意ください。

郵便局を装った不審な電話にご注意ください。

 

上記の不審メールのページには、それらの特徴が次のように記されていました。

*添付ファイルを印字し、最寄りの郵便局への問合せを求める内容とするメール

*ファイル(DOC形式)が添付されているメール

*日本郵更との表記があるメール

*ゆうパック、郵便物、レターパックなどの配達を装ったメール

*Web集荷サービスを装ったメール

ファイル(ZIP形式、PDF形式、DOC形式等)が添付されている場合があります。

 

「日本郵更」は便の字のにんべんがないのですね

皆さま、くれぐれもお気つけください。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ