朝型と夜型

私は完全な朝型人間なのですが、次の記事が気になりました。

夜型人間、無理して朝型の生活をすることで死亡リスク上昇の可能性

 

「早起きは三文の徳」ということわざがあるくらいですから、夜型の人は朝型に変えるべきと思っていた私は、記事を読んで愕然としてしまいました。

 

英国で43万人以上を対象に行われた6年半の研究調査によると、夜型人間は朝型人間よりも死亡リスクが10%高いことが分かった。

と記事にもあり、健康のためには朝型のほうが良いことは今まで思っていたとおりなのですが、次の文面に驚いたのです。

同調査論文の共著者で英サリー大学(University of Surrey)のマルコム・バン・シャンツ(Malcolm van Schantz)氏は「これはもう無視できない健康問題だ」と述べ、「夜型人間」は仕事の開始時間と終業時間を遅くできるようにすべきだと論じている。

共著者のノースウェスタン大学(Northwestern University)のクリステン・ナットソン(Kristen Knutson)氏は、「宵っ張りの人が朝型人間の世界で生きようとすれば、健康問題を抱える可能性がある」と指摘する。

 

我が家では主人が夜型で、私は常々「早く起きたほうが体に良い」と言っていたので、もう言わないことにしました

 

記事には次が記されていましたが、この情報を知ったことで体内時計の重要性を痛感させられた思いがしています。

ナットソン氏は「夜遅くまで起きている人の体内時計が、外部環境と合わない」ことが死亡リスクの高い原因と述べている。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ