電話相手がAI?

「将来はこういうことが普通になるんだろうな」と思いながら次の記事を読み進みました。

あなたの電話相手はもうAIかもしれない

 

記事には、次のように書かれていました。

Googleは自然な会話のできるAIシステム「Duplex」の開発に長年取り組んでおり、これには同社の自然言語理解、ディープラーニング、音声変換などの技術が使われているそうです。

Duplexを一番実社会で役立たせられるのは何かと考えたGoogleは、お店への予約電話を思いつきました。

 

そして、次がありました。

予約しようと思った日にお店が休みでも、人気店でなかなか電話がつながらなくても、Duplexが何度でも電話をかけてくれます。電話すること自体が苦手な人(私もそうなんですが)にとって、すごく助かります。海外旅行先で現地言語で代行してくれたら、さらにありがたい。耳が聞こえないなどの障害がある人にとっても便利なツールになりそうです。

お店側にもメリットがあります。アシスタントは予約がとれたらユーザーにプッシュ通知し、Googleカレンダーにも予定を入れておいてくれるので、予約したのに忘れてしまったり、時間を間違えたりする人が減りそうです。

 

筆者は

横柄な態度や聞き取りにくい声で人間が電話してくるよりも、アシスタントの方が感じがいいし、はきはきしていて対応しやすそうです。

と書いていますし、若い方は抵抗がないのかもしれないですね。

AIの研究が進み、将来はAIがヒトに代わって仕事をこなすようになるのでしょう。

 

「ヒトとのつながりが希薄になるような思いを感じるのは頭が固いのかな」と思わされた記事でした。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ