2018年10月のWindowsアップデート

昨日は第二水曜でしたから、Windowsの月例アップデートのリリース日(日本時間)でしたね。

 

Windows10が1809に更新されてから1週間も経っていないのに」と思いましたが、1809にも更新が来ていました

一番最新のWindows10から始めて、思いのほか早く終了したのですが、更新履歴を確認したところKB4464330のインストールの失敗と成功の二つの記載がありました。

 

この「失敗と成功」、1台だけに何らかの問題が生じたのかと思ったのですが、他のWindows10の3台も同様の現象が生じました。

失敗しても成功しているため更新は完了しているのですが、気になってネット検索したところ、次のページを見つけました。

「October 2018 Update」のファイル消失問題、原因が判明 ~MSが修正版をテスト開始

 

上ページには次の記載があり、手持ちのWindows10の4台とも1809にアップデートしてしまった私は「エッ?」という感じでした

米Microsoftは10月9日(現地時間)、更新プログラム「KB4464330」を「Windows 10 October 2018 Update(バージョン 1809)」向けにリリースした。「October 2018 Update」へアップデートする際、ユーザーファイルが失われることがある問題が解決されているという。

 同社は今月3日、「Windows 10」の新しい機能アップデート「Windows 10 October 2018 Update」をリリースしたが、一部のユーザーからファイルが失われるという報告を受け、「Windows Server 2019」を含めたすべてのチャネルで“バージョン 1809”の公開を停止していた。

 

ただ、次の記載がありましたし、KB4464330を入れれば問題は無いようですが、そもそも手持ちのWindows10の4台ともファイル消失は無かったので、それが「失敗と成功」の原因なのかとも思いましたが、こちらのサイトにも「失敗と成功」の現象が記載されていました。

今回の問題に遭遇したユーザーは極めて少なかった(0.001%)という。

 

最後にWindows8.1の機種のアップデートを行い、完了後に先に終わっていたWindows10のバックアップを取りました。

 

アップデートに関してはMicrosoftもリリースまでに検証を重ねているのでしょうが、リリース後に不具合が発覚することが多々ありますね。

私のようにリリース早々にUpdateしてしまう者にとっては、怖い話です

 

とりあえずバックアップまで完了したので、後は様子を見ることにしました。

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ