飲酒習慣

メッセージの確認のためにFacebookにログインしたところ、タイムラインに沖縄に住む医師の投稿がありました。

その医師は私の知り合いではないのですが、私の友人がその医師の投稿をシェアしていたのです。

 

その医師は沖縄県で活動していることがプロフィールに書かれていましたが、アルコール依存症の患者さんたちとも関わりがあるようで、投稿はアルコール患者さんの言葉でした。

その言葉とともに、次の表がアップされていました。

 

表を見ると、肝疾患死亡率は男女とも沖縄県が全国でトップですね。

そのことが気になってネット検索したところ、次のページを見つけました。

[アルコール依存症]問われる「飲酒文化」

 

記事には次が書かれていました。

20歳から69歳までを対象にした調査で、アルコール依存症が疑われる人が全体の1割に近い約8万5千人と推計された。男性は14・0%を占め、女性は4・6%に上っている。類似の全国調査と比較して男性が2・3倍、女性が5・8倍も高く、極めて深刻な状況だ。

 

また、次がありました。

依存症が疑われる8万5千人は警告に十分な数字だ。沖縄独特の「飲酒文化」に本気になって向き合わなければならない。

 

沖縄の人がお酒をよく飲むことは聞いていましたが、アルコール依存が深刻な問題になっていることは初めて知りました。

記事に次が書かれていましたが、大人たちに課された問題だと思います。

若い時から飲み始めた人ほど健康への影響も大きく、依存症になりやすい。大人たちは肝に銘じる必要がある。

 

上記表で見ると、男女ともに肝疾患死亡率が低いのが三重県ですね。

これも何らかの独特な文化と関係があるのかが気になりました

 

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ