ホーム
2017年4月25日(火)7時58分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...

2017年3月11日(土曜日)

福島のキリン

東日本大震災が起きた6年前の今日のこと、犠牲となった方々のこと、未だに避難を強いられている方々のこと、そのことは絶対に忘れてはならない、と改めて自分に言い聞かせています。

 

昨日、次の記事を読みました。

放射能降り注ぐ中…職員語るあの日の原発

 

記事を読み、原発事故の壮絶な状況を改めて思い知らされました。

そして、6年という月日を忘れるくらい大きな衝撃を受けたのです。

水素爆発した福島第一原発4号機。壁は吹き飛び湯気が上がっていた。原子炉建屋の最上階にある燃料プール。当時、中には原子炉から取り出したばかりの熱を帯びた燃料棒など1500本が入っていた。

もしプールに水を送りこめずメルトダウンすればまき散らされる放射性物質は、けた違いとなる。政府はその場合、首都圏からの避難も必要になると推定していた。アメリカでも―

 

手段も出尽くしてしまい、首都圏まで放射能で汚染されてしまうかもしれないという状況の中、間一髪で私たちを救ってくれたのが放水コンクリートポンプ車だったことを初めて知りました。

そのコンクリートポンプ車は、アームを空高く伸ばした姿から「キリン」と名づけられたそうです。

アームに取り付けたカメラの映像。緑色の構造物の下に燃料プールがある。あと数メートル水位が下がれば核燃料が露出する状況だった。4号機燃料プールのメルトダウンは間一髪で回避されたのだ。

あれから6年。原子炉建屋に近い廃材置き場にキリンは今も置かれていた。運転席の中まで汚染されたためもう動くことはない。ノズルの塗装は、建屋の鉄骨に何度もぶつかったため削れている。

 

記事は次の言葉で終わっています。

キリンは今廃炉の進捗を静かに見守っている。

 

動画に映し出されたキリンの姿、黄色い胴体と長いアームが目と心に重く残りました。

 

2017年3月10日(金曜日)

震災から6年

明日で、東日本大震災から6年が経ちますね。

 

先日、次の記事を読みました。

読みながら胸が締め付けられるような思いを感じ、特に写真に写されたランドセルには言葉が見つかりませんでした。

全町避難の福島・双葉町 時が止まった6年 「町に戻りたい」わずか1割強

 

傾いたままの住宅、小学校に残されたランドセル-。東京電力福島第1原発事故で、いまだ全町避難が続く福島県双葉町に23日、町の許可を得て取材に入った。高い放射線量の影響で復興は思うように進まず、事故から間もなく6年となる現在も、町内は時が止まったかのように当時の姿をとどめていた。

町南東部の町立双葉南小学校は、特に震災直後の様子が色濃く残っていた。

教室の黒板には東日本大震災が発生した「三月十一日(金)」と書かれたまま。教室や玄関のげた箱付近には多くのランドセルが置き去りになっていた。一方で、2年生の教室の壁に張られていたクラスの集合写真は、児童の顔が分からないほど白く変色。年月の経過を感じさせた。

 

「時が止まった6年」、 全国民が重く受け止めるべき現実だと思います。

 

復興庁が昨年11月に取りまとめた全3355世帯を対象にした住民意向調査(回収率48.5%)では、避難指示解除後に「町に戻りたい」と回答したのは全体の13.4%にとどまった。

 

原発を推進する政府は、双葉町の現実をどのように感じているのでしょうか

 

2017年3月9日(木曜日)

ログインと新規ユーザー登録のこと

トップページのお知らせに記しましたように、昨日よりログインと新規ユーザー登録を中止させていただいております。

中止の理由は、しばらく前から不正なログインの試みが多発していまして、それに加え、海外からの攻撃と思える如何わしいユーザー登録が増え続けているためです。

 

それらはProtectorモジュールにひっかかり、管理者にメールで通知されてきますのでわかるのですが、その通知メールが1日に何十通も届くようになってしまい、ログイン及び新規ユーザー登録をしばらく中止する決断をいたしました。

 

ユーザー登録をしていただきましたパスワードやメールアドレスなどの情報は、責任を持って保管させていただきます。

ご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

2017年3月8日(水曜日)

行列への割り込みに罰則

次の記事を読みました。

「線路立ち入りで書類送検」が他人事でなくなる侵入禁止リスト

 

上記事には、侵入すると罪になる場所などがリストアップされています。

多くは常識的に考えても罰則があると理解できますが、知らなかったこともありました。

<行列への割り込み>
(軽犯罪法1条13号)
→ 日本の法体系においては、マナー違反では済まず、犯罪となる。行列の中へ「威勢を示して」横入りしたり、列を乱したりする行為を処罰する。

上記には、次の罰則があるとのことです。

拘留29日~1日 または科料(9999円以下) あるいは拘留と科料の両方

 

<他人の田畑や立入禁止場所への無断立ち入り>に関しては、次のような記載があります。

田畑」の持ち主について、農業のプロかアマかは問われないので、他人の家庭菜園への立ち入りも含まれると考えられている。また、果樹園もここにいう「田畑」に含まれる。

看板などで「立入禁止」と明確に示されていなくても、柵やロープなどで空間が区切られている場所や、施錠されたクルマの中、回送中の電車内も、軽犯罪法でいう「立入禁止場所」と解釈される可能性がある。

クルマの運転手や同乗者でもないのに、用もなく月極駐車場やコインパーキングに立ち入る行為も、本来は犯罪である。ただ、駐車場の自動販売機でジュースを買ってその場で飲むぐらいなら、おとがめ無しであろう。

 

我が家の裏も柵やロープで区切ってしまえば、そこを喫煙場所にしている人は罪人

毎日のように吸い殻が捨ててあり、日曜など裏のドアから出た際に喫煙中の男性に出くわすことがあるのですが、何も言えずにいるのです

 

2017年3月7日(火曜日)

まつ毛エクステと美容法

まつ毛エクステンションに関心がおありでしょうか。

まつ毛エクステンションに対して私はあまり興味がないのですが、気になる記事を見つけました。

まつ毛エクステンション施術に係る美容師法の取扱いが明確になりました~産業競争力強化法の「グレーゾーン解消制度」の活用~

 

上記事は、次の照会と、それに対しての回答が書かれています。

(1)まつ毛エクステンションが美容師法第2条に規定された「美容」に該当するか
(2)スクール修了生が、同社の施設内でスクール修了後一ヶ月程度まつ毛エクステンション施術の一部を行うことが、美容師以外に美容を業とすることを禁止する美容師法第6条に抵触するか否か

 

次が回答です。

(1)美容師法第2条第1項の規定において、「美容」とは、「パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすることをいう」とされており、通常首から上の容姿を美しくすることと解している。「まつ毛エクステンション」は同法第2条第1項に定める「美容」に該当する。
(2)同法第6条において、「美容師でなければ、美容を業としてはならない」とされていることから、美容師免許を取得していない者がまつ毛エクステンションのように「美容」に該当する施術を一部であっても行うことは同条に違反する。なお、同法第6条でいう「業」の解釈については、「反復継続の意思を持って理髪又は美容の行為を行う者は、その対象が特定であると不特定であるとを問わず、又営利を目的とすると否とを問わず、必ず理髪師又は美容師の免許を受けた者であること」とされており、照会書にある内容が業に当たる場合、これを美容師免許を持たない者が行うことは同条に違反することとなる。

 

記事は経済産業省の発表なのですが、「グレーゾーン解消制度」なるものを私は初めて知りました。

まつ毛エクステンションには美容師資格が必要と明確に示されたわけで、私が常日頃気になっている無資格マッサージについてもグレーゾーンの解消を願いたいものです。

 


カレンダー
2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
サイト内検索
ブログlinks
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project