ホーム
2017年5月26日(金)12時43分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...

2017年4月11日(火曜日)

不眠になりやすい体質

次の記事が目に留まりました。

「不眠になりやすい体質」が判明?遺伝子と睡眠の意外な関係は

 

上記事は、次のような文章から始まっていました。

4月6日(米時間5日)、興味深い研究論文が発表されました。

「不眠になりやすい体質」が判明したかもしれないというのです。

もうすこし詳しく言うと「ある特定の遺伝子が、本来のものと少し違う状態になっている人」では、一部のタイプの不眠になりやすい可能性が見えてきたのだそうです。

 

論文を発表した角谷寛教授によると、

不眠症の症状には、ベッドに入ってもなかなか寝付けない「入眠困難」と、眠ってもたびたび目が覚めてしまう「中途覚醒」がありますが、DHAが、主に中途覚醒に若干の効果を持つ可能性が見えてきました。

今回の研究をきっかけに、DHAそのものよりも効果が高く、中途覚醒を明らかに減らすことのできる薬剤(あるいはサプリメント)の開発に繋がればよいと考えています。

とのことです。

 

私も眠りが浅く熟睡できない体質なので、記事を興味深く読みました。

不眠に悩む方は多くいらっしゃいますから、今後の研究が進む事を願いたいです。

 

2017年4月10日(月曜日)

どんな瞳?

昨日の日曜日の朝、キッチンの洗い物や片付けなどをしながらTVのスイッチを入れると、フジTVの「はやく起きた朝は」が放送されていました。

 

他のことをしながら見ていたので、前後の様子がわからず、「ずぼらな瞳」という言葉が耳に入ってきたときには、頭にクエスチョンマークが一杯になってしまったのです。

テレビの画面を見ると、三人が順番にハガキを読むコーナーで、磯野貴理子さんがハガキを読んでいました。

後でわかりましたが、ハガキを送った人は娘さんと一緒に買い物に行った際、娘さんが猫の置物を見て「ずぼらな瞳だね」と言ったそうで、「ずぼらな瞳」は「つぶらな瞳」の言い間違いだったとのこと。

そのことが書かれたハガキが読まれていたのでした。

私は「ずぼらな瞳」とはどのような瞳?、と考えてしまったのですが、言い間違いとわかって吹き出しそうでした

 

そのハガキを読んだ磯野貴理子さんが知人の言い間違いを話していましたが、それも大笑い物でした。

それは「結婚式のふきでもの」です。

これはすぐわかりますね。「引き出物」の言い間違いです

 

はやく起きた朝は」日曜の朝6時半から7時までの番組で、松居直美さん、磯野貴理子さん、森尾由美さんの三人が楽しいおしゃべりを繰り広げるトークバラエティです。

私は何かをしながらチャンネルを合わせる事が多いのですが、3人のトークがほのぼのと感じられて好きな番組です

 

2017年4月9日(日曜日)

ゼロとオーとキュー

Windows Vistaのサポート終了まで、後2日となりました。

私もVistaが一台残っているので、サポート終了の4月11日以降はネットに繋がらない設定に修正し、動作も重くなっていますから廃棄に向けての準備をするつもりです。

 

そのVistaの代わりに、Windows10の機種を購入しました。

それが先日届き、セットアップ後に無線LANでのネットワーク接続を試みました。

ネットワーク接続はPC同士のファイルの共有のため、仕事では欠かせないのですが、新機種は先に購入した2台のWindows10とも設定が異なっていたようで、共有設定に手間取ってしまいました。

届いた日には共有設定が完了できず、翌日、ふと思い立ってAntiVirusのファイアーウォール設定を見直した結果、やっとPC同士が繋がりました。

 

共有設定ができたので、次に手掛けたのが、データの移行です。

仕事で必要なデータはすべて移行しなければなりませんから、ユーザー辞書やファイルはもちろん、メールソフトの設定、そしてFTPの設定なども行いました。

 

その後にMicrosoftOfficeの設定を試みたのですが、これで躓いてしまいました。

同梱されていたMicrosoftOfficeのプロダクトキーを何度入力してもはじかれてしまい、サインインできなかったのです。

 

しかたなくサポートに電話し、状況を説明したところ、プロダクトキーのゼロ(あるいはオー)だと思って入力していた文字がキュー(Q)ではないかとアドバイスされ、Qと入力したところ無事にサインインできました

私がゼロ「0」かオー「O」だと思って入力していた文字が、「Q」だったのです。

プリントされたプロダクトキーの下にはバーコードが印刷されていて、そのバーコードがキーの文字に重なっていたので、Qには見えず、ゼロ(0)かオー(O)だと思って何度も試みていたのでした。

笑い話みたいですね

 

このような顛末がありましたが、Officeも使えるようになったので、細かい設定は追々と思っています

 

2017年4月8日(土曜日)

ネットからの情報

何か調べたい事があった際、ネットを利用する方も多いと思います。

私もネット検索して調べることが多々あるのですが、ネットにはデマ情報も多いですから、調べる際には情報元を確認し、他の記事も探して参考にすることを心がけています。

 

ネットのデマ情報について、次の記事を読みました。

デマ拡散に注意!SNS時代、最低限身につけておきたい情報リテラシー

 

上記事にはSNSの一つであるFacebookが行っている次のような取り組みについて書かれていますが、Facebookがそのような運用試験を行っていることを初めて知りました。

提携する第三者機関がニュースをチェックし、疑わしいと判断したニュースには「虚偽を疑われたコンテンツ」という表示が付きます。また、そのニュースをシェアしようとすると、「本当にシェアしてもいいか」という確認画面が表示されます。同時に、利用者がコミュニティで真偽が疑われるニュースを見つけた際、簡単に報告できる運用を試験的に行なっています。

 

また、上記事では、「検索結果で上位にランクされていても安易に信用しすぎないように」と注意喚起しています。

その理由として、次が書かれています。

Googleなどの検索エンジンは、あくまで自社の考えるアルゴリズムにより有用性が高いと思われる記事を上位に表示しているだけであり、検索結果の正確性については保証していないのです。

 

情報が正しいかの判断として、次のように書かれています。

情報が正しいかどうかを判断する材料は、情報の発信元が信頼できるかどうかが一番重要です。たとえば省庁などの公的機関の情報は一番確実です。その他、新聞社やテレビ局などの大手メディアが報じている情報や、企業などが公式サイトなどで報じている内容も、正しい可能性が高いでしょう。インターネットで情報を得たら、複数の情報元を当たることも大切です。複数の信頼性の高い情報元が同様な情報を発信している場合は、やはり情報が正しい可能性が高くなります。

 

皆さまも、ネットのデマ情報にはくれぐれもお気をつけください。

 

2017年4月7日(金曜日)

SNS拡散の恐怖

次の記事を読みました。

「デモに連れて行かれた孫が死んだ」デマに娘の写真悪用、Twitterで拡散 投稿者突き止め示談成立

Twitterの虚偽の投稿に娘の写真が無断で転用されて肖像権が侵害されたとして、新潟地裁に提訴していた男性が、投稿者との間で示談が成立したと発表した。

 

記事を読んで、人ごととは思えませんでした。

記事に

「先が見えず不安だったのでホッとした。被害に遭ったら泣き寝入りせず、弁護士に相談してほしい」

とありますが、もしも自分が被害者だとしたら、訴える勇気があるだろうかと考えてしまいました。

 

Twitterに限らず、FacebookなどのSNSでは多くの情報が拡散されています。

デマ情報もまた然りなのです。

もし、デマ情報の被害者となってしまったら、「その時はこの投稿を思い出そう」と自分に言い聞かせました。

 


カレンダー
2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
サイト内検索
ブログlinks
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project