ホーム
2018年4月27日(金)4時14分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...

2018年3月12日(月曜日)

かき氷のシロップ

気温が低くても流行っているかき氷屋さんがあるというのをTVで見たことがありますが、私は寒い時期のかき氷は遠慮したい派です

 

それなのに季節外れのタイトルの理由は、次の記事を見つけてしまったためです。

きっと人に教えたくなる! 『意外と知らない身の回りの衝撃的な雑学』を集めてみた! 目から鱗が落ちる落ちるはず!

 

上ページのリュックのブタの鼻みたいな物にも「へ~、そうだったの」と思いましたが、赤や黄色やブルー等のかき氷のシロップの味が

実は、かき氷に使われているシロップは基本的に全て同じ味だったのだ。

にはビックリ

 

そして、次の記載を読んで納得しました。

つまり、同じ味のシロップに「その味に近い着色料」と「その味に近い香料」を使うことでブルーハワイやメロン、イチゴといった味のパッケージとしているだけだったのだ!

同じ味のシロップを別の味だと感じてしまう原因は、脳の錯覚だと言われている。
人間は、目の前にある食べ物の色と香りによって”味を思い込んでしまう”性質があるそう。
そのため、「赤いものはイチゴ」「緑はメロン」と頭のなかで勝手に判断してしまい、同じシロップを使ったかき氷でも、色によって異なる味に感じてしまうのだとか。

 

ちなみに、

近年は果汁入りのかき氷シロップも多数販売されており、そちらは当然味によって全くちがうもの。

とも書かれていましたから、近年は様々な味のかき氷シロップも出ているようです

 

2018年3月11日(日曜日)

7年経ちましたね。

東日本大震災から7年経ちましたね。

 

Wikipeiaの東日本大震災には、亡くなられた方が15895人、行方不明の方が2539人(2018年3月9日時点)と記されていました。

未だに2539人もの方々が行方不明なのですね。

 

上ページには、次の記載もありました。

岩手、宮城、福島の3県では、腕や脚などが見つかり身元が判明したものの、頭部未発見のために死者に計上されていない人が2016年6月10日現在で171人いる。「親指だけ見つかっても、亡くなっているとは限らない」などの理由による。この数を行方不明者数から除外するかどうかは3県で判断が分かれている。

行方不明の方々のご家族の心中を察すると、言葉にできない思いが生じます。

 

次の記事も目に留まりました。

東日本大震災、11日で発生から7年=復興へ、続く歩み-避難者なお7.3万人

 

上記事には次の記載があり、福島の憂いを感じずにはいられませんでした。

原発事故に伴う福島県内の避難指示は、双葉、大熊両町、放射線量の高い帰還困難区域を除き、全て解除された。ただ、昨年春解除の飯舘村、浪江町、富岡町、川俣町(山木屋地区)の場合、住民の帰還率は3~31%にとどまる。

 

3.11以来、私の心の中で二つのことが大きく変わりました。

一つは、原発に対してのことです。

全く考えたこともなかったことが現実となって、初めて原発の恐ろしさを考えるようになり、これは二つ目の変化に通じるところがあるのですが、政府の発表とやらを信じられなくなったのです。

二つの変化である恐怖と不信は、年月が経つと共にますます強く大きくなっています。

 

今日は被災地に思いを馳せながら、防災についても考えつつ過ごしたいと思います。

 

2018年3月10日(土曜日)

昨日のウォーキング

昨日の朝、あまり雨音が大きく聞こえなかったため、それほどとは思わずウォーキングに出ましたが、途中で豪雨に見舞われました。

風も強かったため雨が横になびき、傘はまともにさせずに半開きで風を避けるのに精一杯でした。

 

そんな状況でウォーキングに出るほうが悪いんですよね。

それはわかっているんですが

 

ウォーキング中には携帯の着信が何度も鳴り、警報や雨量を知らせるメールが届きました。

 

帰宅後に確認すると、ニュースでは関東地方の局地的な豪雨を報じていましたし、人身事故の影響で京浜東北線や東海道線が運転見合わせになった時間帯もあって、その時間帯の通勤通学の方はダブルパンチに遭われたのではないでしょうか。

 

〔大気不安定〕関東地方で局地的に非常に激しい雨(3/9)

関東地方ではきょう9日昼前にかけて前線が通過する見込みで、大気の状態が非常に不安定となっていて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するとともに、雪解けによるなだれや、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めてください。

 

私の住む地域ではお昼前に警報や注意報は解除されましたが、避難勧告が出た地域の方たちは不安な時を過ごされたのではないかと思います。

地盤の緩みでしばらくは土砂災害の危険もあるでしょうから、該当地域の方々はくれぐれもお気を付けください。

 

2018年3月9日(金曜日)

脈の日

先月に亡くなった大杉漣さんの死因について2回の投稿をしましたが、昨日は次の記事に目が留まりました。

大杉漣さんは「心筋梗塞」を発症したのかもしれません

 

やはり、大杉さんの死因は心筋梗塞という見解が多いようです。

上記事の筆者は医師であり、記事は次の文面から始まって、心筋梗塞についてわかりやすく説明されていました。

専門的には「心不全」とは病態であって病気ではありません。心不全・・・心臓の機能が落ちる病態を起こす原因の病気があるのです。

心不全の原因として、他の病気も鑑別すべきなのですが、あくまで今回は「心筋梗塞」として話を進めてまいります。

 

そして、心筋梗塞の症状として次のように書かれています。

心筋梗塞では冠状動脈が完全に閉塞します。すると、血流が途絶えた末梢部分の心筋が壊死(えし)します。

この結果、心筋梗塞や狭心症を発症した多くの人が、「胸痛」という訴えを起こします。人によっては「背部痛」を訴える場合もあります。ただし「背部痛」の場合、どちらかと言えば、「解離性大動脈瘤」を考えます。

 

教科書的には、狭心症の場合は胸痛の時間は長くても15分まで、それ以上続けば心筋梗塞を考えます。いきなり心筋梗塞になるのではなく、それ以前から狭心症のように冠状動脈が狭窄していて、時々胸部の不快感などの症状を起こしていたという「前兆」を訴える人も多くいます。

尚、心筋梗塞の約6割の患者さんが、前兆がなくいきなり心筋梗塞を発症するとされています。

 

主人の大学の同級生が40代で二人も心筋梗塞で亡くなっていますし、主人も狭心症でステントを入れているため、大杉さんの死因は他人事とは思えませんでした。

 

上記事には「心肺蘇生法とAEDの使い方」という動画があり、皆さまにも視聴していただきたいと思いましたので、ここに埋め込むことにしました。

 

記事の動画の後に、次のように書かれていました。

BLS講習を受けた経験のある方も、時間が経つと忘れてしまいます。

半年に1回でも、動画を繰り返し見るべきです。

 

私も心掛けたいと思います。

ちなみに、今日3月9日は「脈の日」、そして9月9日は「救急の日」だそうです。

 

2018年3月8日(木曜日)

PPKを実現する習慣

↓は偶然見つけた記事ですが、大いに参考になりました。

「ピンピンコロリ」を実現する5つの習慣

 

PPK(ピンピンコロリ)については、以前にほんの少しだけ触れたことがありましたが、上記事の5つの習慣は納得した項目と「そうなの?」という項目がありました。

 

5つの習慣とは、次のものでした。

1、運動。

2、質のいい睡眠。

3、朝食。

4、禁煙。

5、適度な飲酒。

 

上項目に中で、1~4までは多くの方が納得だと思います。

5番も納得と言えば納得なのですが、説明を読んで少々驚きました。

その説明とは、次のものです。

私たち研究チームが高齢者1.3万人を対象に3年間追跡調査したところ、男性では毎日飲酒する群、女性では週に1、2回飲酒する群の死亡率が最も低く、逆に死亡率が高かったのは男女とも「ほとんど飲まない」と回答した人たちでした。

 

男性は毎日飲酒、女性は週に1、2回の飲酒という違いが気になりますが、ほどほどの飲酒は健康に良いということなのでしょう。

 

上記事には、「ピンピンコロリの条件」もまとめられています。

▼これがピンピンコロリの条件だ!

・かかりつけの歯科医師を持つ

・口腔をケアし良好な状態を保つ

・やや太めの体形である

・総コレステロール値が高い

・お出かけが好き

・断熱に優れ土壁を使った健康住宅に住む

 

私の場合、五つの習慣は何とか実行できても、条件にはいくつか問題が・・・

ピンピンコロリは理想なのですが、理想通りになるかは神のみぞ知るということかもしれません

 


カレンダー
2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
メインメニュー
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project