ホーム
2017年12月12日(火)3時52分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...

2017年10月27日(金曜日)

保育園での使用済みオムツのこと

番組名は忘れてしまったのですが、園児の使用済みオムツを保護者が持ち帰るという放送を見て気になっていたので、ネット検索したところ、次の記事を見つけました。

なぜ“うんちオムツ”を保育園から持ち帰らなければいけないのか

 

娘はウチの店で働いているので、役所から「自営業で働いている場合は認可保育園入園へのスタートラインにも立てない」と言われたため、認可外の一時保育などを探し、孫は先月から週一くらいの割合で一時保育のお世話になっています。

孫が一時保育でお世話になっている保育園はオムツ持ち帰りではないのですが、上記事によると、オムツのことは自治体や保育園によって対応が様々なようです。

 

オムツ持ち帰りの理由として、次のようなことも書かれていました。

自治体によっては、オムツを持ち帰る理由を「排尿の回数や便の状態から、子どもの健康状態や体調を知ってもらうため」としている。認可外の私立園では、「使用済みオムツは産業廃棄物に当たり、処分費用がかかる」「廃棄まで数日間、園内で保管することを考えると、衛生面で問題がある」といった背景もあるようだ。

 

記事にもありますが、オムツを持ち帰るのは保護者にとって負担になると察せられます。

また、保育士さんたちにとっても負担が大きいことが記事にも書かれていました。

保育士にとっても、毎日うんちのついたオムツを小袋に入れて密閉して、子どもごとに仕分けして保管するのは、大きな負担となっている。

 

記事の末尾に書かれている次の文面には同感としか言いようがなく、早急な対応を望みたいと思いました。

多くの乳幼児が生活する保育園の衛生環境や、不足する保育士の負担軽減、共働きの子育て世代の実情をふまえて、オムツの園内処分の運用のルール化が期待される。

 

2017年10月26日(木曜日)

三日後の日曜日はホームページの閲覧ができません

トップページのお知らせに記しましたように、10月29日(日曜)にはこのホームページを設置しているサーバーの大規模メンテナンスがあり、当日は午前零時からホームページの閲覧ができなくなります。

 

メンテナンス中は以下の画面となりますので、ご理解お願いいたします。

503 Sorry. We are under maintenance.

 

作業予定は午前零時から午前9時とアナウンスされていますが、いつも正常に完了したためしがないですし、メンテナンス後のトラブル復旧までを想定しますと、おそらく終日になるのではないかと察しています。

 

今回のメンテナンスで、PHPは7.1に、MySQLが5.7 にバージョンアップされます。

それによってプログラムにエラーが生じる可能性があるため、いろいろ調べているのですが、プログラミング知識に疎いために不安が大きいです

そうであっても乗り切らなければならない試練ですし、バックアップを取って備えるつもりです。

 

皆さまにはご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

2017年10月25日(水曜日)

先日の「ザ・ノンフィクション」

10月22日の衆院選当日放送の「ザ・ノンフィクション」をご覧になった方はいらっしゃるでしょうか。

 

「ザ・ノンフィクション」は、フジテレビで毎週日曜の14時から14時55分に放送される番組です。

店が休みの日曜のこの時間帯は、いつもなら食材や雑貨の買い出しに出かけることが多いのですが、22日は台風が近づいていたこともあって、早めに投票に出かけて買い物を済ませたことと、主人が薬剤会の催しのために外出していたこともあり、一休みしようかと思いながらTVのスイッチを入れたところ「ザ・ノンフィクション」が始まっていました。

たまたま映った番組でしたので、最初は内容が理解できなかったのですが、しばらくするうちに画面にくぎ付けになってしまいました。

 

取り上げられてういた内容に、私は大きな衝撃を受けました。

番組を見終わってからネット検索したところ、10月15日に前編が放送され、22日はその後編だったことを知りました。

そして、事件の知名度が高くない理由についても後から知りました。

北九州監禁殺人事件

非情な残虐性・悪質性にもかかわらず、事件に報道規制がかけられたとされ、事件の知名度は高くない。当初は地元の報道機関を中心に報道をしていたが、途中から報道機関が自主規制して報道量が少なくなり、全国の報道機関での集中報道に結びつかなかったといわれている。報道量が少なくなった理由としては「あまりにも残酷な事件内容のため表現方法が極めて難しいこと」「家族同士が殺しあった事件の性格から被害者遺族がメディアに積極露出をして被害を訴えづらいこと」があるとされている。

 

見終わった時点ではブログへの投稿を考えていなかったのですが、次の記事を読んで番組に大きな反響があったことを知ったことで、番組を見なかった方々にも加害者の子として生きなければならなかった一人の青年のことを知ってもらいたいと思いはじめたため、この投稿をすることにしました。

ノンフィクション「人殺しの息子…」日曜昼帯では異例の10%超え

 

そして次の記事も読み、番組が製作された経緯も知りました。

『人殺しの息子と呼ばれて…』勇気ある告白に大きな反響 – 取材者が明かす衝撃インタビューの裏側

 

告白を決意した青年の勇気に感じ入るととともに、犯罪者の子として生きなければならない彼らに対して、周囲の大人の見守りと共に何らかの公的支援が練られることを願わずにはいらない心境になっています。

 

2017年10月24日(火曜日)

エリアメール

皆さまのお住まいの地域では、台風21号の影響はいかがでしたでしょうか。

 

私が住む川崎市では台風21号が近づくにつれて雨がひどくなり、日曜の夕方には、土砂災害の恐れがある地域に避難準備が発令されました。

避難準備・高齢者等避難開始 発令(10月22日 午後5時30分)

平成29年10月22日17時30分に、川崎市内の土砂災害警戒区域に避難準備・高齢者等避難開始を発令しました。
台風21号の接近による大雨により、崖崩れのおそれがあります。
避難の準備を開始してください。
お年寄りや体の不自由な方、小さい子供をお連れの方などは、避難を開始してください。
近所に避難の助けが必要な方がいる場合は、声を掛け、手助けをしてください。
外への移動に危険を伴う場合は、崖とは反対側のより高い階などに避難してください。
避難にあたっての荷物は必要最低限(飲み水、食料など)とし、各自、ガスの元栓の閉鎖、窓等の施錠を行ってください。

 

幸いに我が家は避難対象地域ではなかったのですが、川崎市全域にエリアメールを流したようで、私の携帯には10月22日から23日にかけて3回のエリアメールが届き、その都度に鳴る着信音に驚かされました。

 

昨日の早朝、御前崎に上陸したことを起床後のニュースで知り、午前5時少し前にウォーキングは無理だろうと思いながらドアを開けて外に出たところ、ゴミ容器や植木鉢が道路に散乱していました。

その時間帯は雨も小雨程度で、風も思ったほど強くなかったのですが、「嵐の前の静けさなのかもしれない」と反対に怖くなり、ウォーキングもそこそこにして帰宅しました。

 

帰宅後に一時雨が強くなりましたが、その後は風雨ともに収まり、10時過ぎのニュースでは海上に抜けたことが報道されていました。

気象庁の発表によりますと、超大型の台風21号は、午前3時ごろ、静岡県御前崎市付近に上陸したあと、東北の東の海上に出て、午前10時には、宮城県牡鹿半島の東南東60キロの海上を1時間に75キロの速さで北東へ進んでいると見られます。

 

その後も各地に爪痕を残して去って行きました。亡くなられた方々には、心よりご冥福をお祈りしたいと思います。

 

今回の台風では3回のエリアメールがあったことを書きましたが、午前1時台に着信音が鳴った際には目が覚めてしまい、しばらく寝付けませんでした。

娘のところでも、エリアメールの音に驚いた孫が泣き出してしまったそうです。

音が鳴る都度にドキッとさせられるので、あの音はどうにかならないものかと思いますが、緊急事態を知らせるメールだと自覚して受け入れるしかないですね

 

2017年10月23日(月曜日)

錯視文字列

次の記事を興味深く読みました。

真っすぐなのに斜めに見える“不思議な文字列” その仕組みとは?

 

記事は、

「十一月同窓会」と書かれた次の文字列ですが、傾いているように見えませんか?

という文面から始まり、次の画像が載っています。

 

 

上画像には、次の説明がありました。

実はこの文字列、真っすぐ平行に並んでいます。傾いて見えるのは目の錯覚、すなわち錯視です。信じられないという方は、定規や鉛筆など真っすぐなものを文字列に当ててみると、水平であることが確認できると思います。

 

「東大・新井仁之教授が解説する錯視の世界を記事にした」という上記事は第6回と書かれているので、時間があるときに他の記事も読んでみたいのですが、錯視のメカニズムに興味津々となって記事を読み進みました。

 

記事には、次のように書かれていました。

脳の中には視覚に関連するさまざまなタイプの神経細胞があり、それらが多様な役割を果たしています。例えば、外界の情景の中に線状のものが含まれている場合、それがどのくらい細かく、そしてどの方向を向いているのかを識別する神経細胞があります。09年に新井・新井はその仕組みを数式で表した新しい数理モデルを作り、コンピュータに実装しました。

 

研究の成果により、次のことが分かったと書かれていました。

数理モデル上の話ですが、多くの文字列傾斜錯視に対して、その錯視を引き起こしている共通の神経細胞があったのです。

 

そして、文字列傾斜錯視自動生成プログラムができたことが書かれています。

文字列傾斜錯視自動生成プログラムは、

これは、n文字の文字列と、n以下の文字数mを指定すると、与えたn文字の中からm文字の文字列傾斜錯視を自動的に作れるというものです。

と説明されています。

 

ちなみに、上記プログラムは10月末まで期間限定でデモ版が公開されているそうです

 


カレンダー
2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
サイト内検索
ブログlinks
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project