ホーム
2018年10月22日(月)10時15分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
26 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 26

もっと...

2018年10月17日(水曜日)

高須院長のガン公表

昨日、次の記事が目に入りました。

全身がんを公表した高須院長 「すげえハッピー」といった理由に驚く声

 

全身ガンを公表していた樹木希林さんが亡くなりましたが、そのころに美容外科「高須クリニック」の高須院長が全身ガンを公表したことをご存じの方もいらっしゃると思います。

私もその公表だけは知っていたのですが、上記事を読み、高須院長が膀胱がん、尿管がん、腎臓がんの3つを患っていることを知りました。

 

そして記事を読んだのですが、私は少なからずショックを受けました。

それは高須院長の前向きな考え方がショックなのではなく、高須院長のようにエネルギッシュでポジティブに生きていてもガンになってしまうということがショックだったのです。

 

以前の投稿で、誰からも自由に生きていると思われていた叔父がガンで亡くなった時にショックを受けたことを書きましたが、上記事を読んだ際も大きなショックを受けました。

 

記事には次が記されていて、気を強く持つことの大切さは自分の体験からも重要性を実感していますが、前向きにポジティブに生きることがガンの予防になると信じたい私にとって高須院長のガンはショックでした。

高須院長の前向きな言動を見て、同じくがんと闘っている人の中には元気がわいた人がいるかもしれません。

「病は気から」という言葉があるように、悲観するのでなく、気を強く持つことも大切だと気付かされます。

 

ぜひとも高須院長のガン完治を祈りたいと思います。

「院長がガンを完全制覇した際には、私のショックも払拭されるはずです」・・・と今は思っています

 

2018年10月16日(火曜日)

FB、9月の情報流出の件

昨日の朝、ニュース番組にチャンネルを合わせて片付けなどをしている時、「Facebookの盗まれた個人情報は2900万人分」という声が耳に入ってきました。

 

私は「また流出?!」と思ったのですが、その時は時間が無くてニュースの前後がわからなかったため、一段落してからネット検索したところ、次のページを見つけました。

Facebookの情報流出、影響は約3000万人–被害の詳細や経緯は

 

上記事を読み、私が耳にしたのは9月の情報流出の情報だったことがわかりました。

Facebookは9月、データ流出によって5000万人に影響が生じた可能性があるとしていた。攻撃者らは、Facebookの「アクセストークン」を盗み、ユーザーのアカウントにパスワードなしでアクセスすることができるようになっていた。Facebookは12日、盗まれた個人情報は2900万人分だったと述べた。

 

そして、2900万人については次が記されていました。

最終的に、1400万人のアカウントから生年月日、直近の検索履歴、そのユーザーがタグ付けされている直近の10のロケーションなどの個人情報が盗まれた。別の1500万人は、氏名、電話番号、メールアドレスなどの情報が盗まれた。100万人は、個人情報などの情報にアクセスされていない。

 

調査の結果、5000万人から2900万人に下方修正されたとはいえ、大規模な情報流出には変わりないですよね。

 

何度も繰り返されている情報流出については、今後も途絶えることはないだろうと私は思っています。

SNSの情報流出に関しての私自身の予防法としては、パスワードの使いまわしをしないこと、アプリを利用しないことなどですが、自分の情報だけならまだしも、自分が原因となって友達まで巻き込んでしまうことを避けたいので、完璧を望むならSNSの利用を止めるしかないと思っています

 

2018年10月15日(月曜日)

インスタいじめ

昨日、次の記事が目に留まりました。

女子中高生「インスタいじめ」の執拗なやり口

 

上記事のタイトルが目に入った際、女子中高生のインスタグラム利用率が気になってネット検索したところ、次のページを見つけました。

Instagram、10代女子の7割が利用経験あり

 

上ページのデータは昨年のものですが、(「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年8月度)」は、ジャストシステムがマーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」において、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施したもの。調査期間は、8月30日~9月4日。対象は、15歳~69歳の男女1,100名。)次のように書かれていました。

「Instagram」について、「サービスを知らない」と回答した10代は男女ともに0%。10代女性は「以前利用していたが今は利用していない」6.0%と「現在利用している」62.0%、合わせて68.0%がInstagramの利用経験があると回答した。一方、10代男性のInstagram利用経験は34.0%。

 

私は載せる物も無いのでインスタグラムを利用していませんが、仕様や状況から「いじめ」や「なりすまし」が起きる可能性は容易に察せられるため、記事に載っている事例も氷山の一角なのだろうと思いました。

 

女子高校生の約7割がインスタグラムの利用経験ありとのことですから、利用しなければ仲間はずれになるような場合もあるのでしょう。

 

記事には次が記されていましたが、特に女子中高生をお持ちの親御さんにはぜひ上記事をお読みいただきたいと思いました。

ネットいじめはログが残るうえ、周囲への評判を下げたり、風評被害などにつながったりする場合もあるので、削除など適切な対応が必要となる。冒頭で紹介した「保護者のためのヒント」には、トラブルに遭ったときのQ&Aがまとめて掲載されている。困ったらまずこちらで対処法を調べ、適切な対応をするようにしてほしい。また、子どもにもこの存在を伝えておき、もし困ったことがあったら保護者に相談するよう伝えておくといいだろう。

 

2018年10月14日(日曜日)

タイガー・ウッズの復活

私はファンでも無いのですが、次の記事が目に留まりました。

懐疑的だった無名コーチの登用。それでもタイガー・ウッズは復活した

 

記事の冒頭に次が記されていました。

「タイガーは終わった」
昨春、40歳を過ぎて4度目の腰の手術を行ない、5月末に処方された薬などの影響下で車を運転して逮捕されたタイガー・ウッズ。その際、朦朧とした彼の姿を見て、誰もが失望した。そして、ウッズの復活には悲観的な声が大勢を占めた。

 

その当時のタイガー・ウッズに失望した人は多かったと思います。

その思いがあるからこそ、先日の優勝には感動した方も多かったのではないでしょうか。

 

私はゴルフの事は何もわからないので申し訳ないのですが、上記事を読んで「タイガー・ウッズだからこそ成し遂げられたことなのだろう」と思いました。

そして、この復活が、ゴルフをする人だけではなく全く違う環境や状況にいる人にも希望と勇気を与えたかもしれないと思ったのでした。

 

2018年10月13日(土曜日)

オウム真理教のサリン

10月4日に放送された「直撃!シンソウ坂上」は気にしていた内容だったのですが、途中までしか見られなかったためその後が気になっていたところ、昨日、次の記事を見つけました。

信仰心よりも憎しみが勝った。オウム真理教”天才科学者”が真実を語ったきっかけ

 

以前に地下鉄サリン事件から22年という投稿をしましたが、私は地下鉄サリン事件は卑劣極まりない無差別テロであって、絶対に風化してはならないと思っています。

そのため、オウム真理教に関する報道には目が留まることが多く、上記事を見つけて鳥肌が立つような思いを感じながら読み進みました。

 

記事の冒頭に次が記されていました。

2018年7月、教祖・麻原彰晃こと松本智津夫元死刑囚(以下、敬称略)を含めて13人の死刑が執行され、大きな節目を迎えたオウム真理教。

 

記事には当時取り調べに当たった刑事の言葉が次のように記されているのですが、記事のタイトルとなっている「信仰心よりも憎しみが勝った」ことでサリンが製造され地下鉄サリンという無差別テロにつながったのかと考えると背筋が寒くなる思いがしました。

オウム真理教の組織自体、階級制度になっていて、カルト集団であったにも関わらず、欺瞞や嫉妬、階級闘争、組織内の権力闘争、そこらにある集団と同じような一般的な集団でもあった。土谷も麻原の寵愛を受けたい、大事にされたい、こういった感情がありましたから、麻原のマインドコントロールが巧みであった。麻原がこれから神格化されると非常に困る。まだまだ、区切りはついていないと思います。

 

記事は次の文面で終わっていましたが、「私たちはあの恐るべき事件から何を教訓にすべきなのだろうか。」という箇所が心に深く残りました。

史上類をみない、凶悪な事件を起こしたオウム真理教。そして、殺人を救済という言葉にすり替え、大量殺戮の首謀者とされた教祖。死刑が執行されてもなお、崇拝をやめない信者たち、彼らは一体何を追い求め、何を思うのだろうか。そして、私たちはあの恐るべき事件から何を教訓にすべきなのだろうか。

 


カレンダー
2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
メインメニュー
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project