ホーム
2017年6月26日(月)11時04分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
2 / 65412345...102030...最後 »

2017年6月21日(水曜日)

ほっこりしたい(^^;)

「最近イラつくことが多くなったのも老化の現れかもしれない」と、ふと考えました。

若いころのように心と体に余裕がないのを感じますし、これではダメだと思いつつ、なかなか修正できずにいます。

 

そのような思いの中、次の告知を目にしました。

床屋かなぶん堂開店します

 

タイトルを目にしたとき、「かなぶん堂という床屋さんが開店」とホントに思いました。

でも文面を読み進んでみると、全く違うことがわかりました

 

私は「床屋かなぶんさん」のことを知らなかったので、ゆーないとさんの説明を読んでみました。

床屋かなぶんさんについては、こちらをお読みください。

 

↑を読んで、床屋かなぶんさんのことが少しわかりました。

それでまた元の文面に戻って、下までず~~っと読みました。

 

床屋かなぶんさんは、TOBICHI常設ショップに明後日から日曜までの3日間出店するそうです。

「おももり」、見るだけでもほっこりした気持ちになるので実際に手に取ってみたいですが、23日から25日までの間には行けそうにありません。

しかたないので、画面で我慢することにします

 

2017年6月20日(火曜日)

白いアジサイの花

先日、白いアジサイを載せましたが、昨年も写した場所に今年も白いアジサイが咲いていました。

2017/ 6/19 4:56

 

昨年のアジサイが載った投稿を読み、娘のお産が近づいて落ち着かない日々だったことを思い出しました。

投稿から4日後に生まれた孫は、先日1歳になりました。

自我が芽生えてやんちゃになった孫に振り回されながら、無事に成長していることに感謝する日々です

 

2017年6月19日(月曜日)

実物が見たいです

ほぼ日の次の記事を1回目から待ち遠しく読みました。

巨大画面と針のペン先

 

実は、私はこの記事を読むまで池田学さんという画家を知りませんでした。

ネット検索したところ、金沢21世紀美術館のページに今開かれている池田学展 The Pen ー凝縮の宇宙ーの説明には次のように書かれていました。

極めて細いペン先から壮大な世界を描き出すアーティスト、池田学(1973-)。1日に握りこぶしほどの面積しか描くことができないという画面は、緻密な描写や壮大な構成によって裏打ちされた、現実を凌賀(りょうが)するかのような異世界の光景を現出させ、米国をはじめ世界的に大きな評価を得ています。本展は、池田の画業の全貌を紹介する、初めての大規模な個展です。中でも米国ウィスコンシン州のチェゼン美術館の滞在制作プログラムにより3年にわたって制作された新作《誕生》は必見です。

 

「誕生」という作品、巨大画面と針のペン先に載っている何十分の一かもしれない画面でさえ、私はゾクッとする思いがしました。

ぜひ実物を見てみたいです。

 

2017年6月18日(日曜日)

木陰のアジサイ

昨日のウォーキング中、マンションのエントランスの樹木の間に白い物が見えたので近寄ってみると、アジサイの花でした。

2017/ 6/17 5:21

 

白に薄く青がかった大輪のアジサイで、咲いていたのはあまり太陽が当たらないのではないかと思える木陰でしたが、アジサイは日の当たり過ぎは好まないようなので、木陰でも問題はないのでしょう。

 

アジサイの花色とPH(酸性度)の関係

によると、

花に含まれるアントシアニンという色素と、土壌に含まれるアルミニウムが深く関係しています。

とのことで、また、

白花品種は色素のアントシアニンを持っていないので土壌のPH(酸性度)に影響を受けることなく、常に白い花を付けます。

ということだそうです

 

2017年6月17日(土曜日)

自律神経失調

昨日の関東地方は朝から気温が上昇し、私の住む地域では最高気温が30℃になりました。

↓は昨日、店を開ける前に「気温が上がりそうだな」と思いながら写した空です。

2017/ 6/16 9:37

 

湿度が高く、朝晩と日中の気温差もある今の時期は自律神経への影響も出やすいので、胃腸の不調や体がだるいと感じたりする方がいらっしゃると思います。

 

私も自律神経が不安定な体質なので、しばらく前から様々な症状に悩まされています。

今一番難儀しているのは、身体は暑さの生理現象を起こしていても感覚では寒いと感じることです。

具体的には、体は暑さで発汗しているのに感覚的には寒くて厚着しているという状況なのです。

発汗して、体が冷えて更に寒くなるという悪循環を繰り返しています

 

毎年、今の時期は何らかの症状に悩まされるので楽観視を心掛け、漢方薬と灸を続ける日々です。

梅雨が明ける頃には症状も治まることが多いので、今お辛い状況の方々も上手に乗り切っていただきたいと思います。

 

2 / 65412345...102030...最後 »

カレンダー
2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
サイト内検索
ブログlinks
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project