ホーム
2017年7月28日(金)11時46分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...

2017年7月13日(木曜日)

7月のWindowsアップデート

第二水曜の昨日は、Windowsアップデートリリース日(日本時間)でしたね。

Windowsアップデートでは過去に何度もトラブルに遭っている私は、第二水曜が近づくと憂鬱になってしまうくらいトラウマ気味なので、昨日も気合を入れてPCを起動しました。

 

まずWindows7から作業を始め、無事に終了。

次にWindows10の一台目、2台目、3台目と進み、無事に完了しました。

最後にWindows8.1の機種の作業をしましたが、これも無事に終了。

 

思いのほかすんなり終了したので、念のためにいつも参考にさせていただいているページを確認したところ、Windows10の1607でトラブルが生じているようでした。

2017年7月のWindows Updateメモ

 

ウチのWindows10は3台とも1703のためか、これといったトラブルもなくアップデートを完了しています。

皆さまは作業なさいましたでしょうか。

 

2017年7月12日(水曜日)

造花のように見えます

↓は、近所に咲くキキョウの花です。

2017/ 7/11 5:23

 

ウォーキングルートでもあるので毎朝見かけるのですが、造花のようにも見えるところが不思議です。

開花は6月から9月ごろまでとのことですが、キキョウは秋の季語であり、秋の七草に入っているのですよね。

また、キキョウの根は去痰、鎮咳、鎮痛、鎮静、解熱作用があるとされ、消炎排膿薬、鎮咳去痰薬などに使われています。

 

キキョウの青紫は涼し気に見えるので、高温多湿の時期のウォーキングでは清涼剤にもなってくれています

 

2017年7月11日(火曜日)

シニアの横柄

次の記事を読んで考えさせられました。

「シニアの横柄」が誰でも起こる老化現象ならば、会社は「性悪説」をとる必要がある

 

上記事の中で、次の箇所にはドキッとさせられました。

「シニアの横柄」というのは、老化現象の一つとして、「理性が欠如していく」という脳そのものの問題もあるようで、年齢とともに理性をつかさどる前頭葉の機能、感情を制御する機能が落ちていき、それまでは脳の機能で抑えていた、性格的にわがままな部分が表に出てきてしまうということもあると聞きます。

 

老化現象の一つということであれば、本当に誰にでも生じる可能性があるということですよね。

筆者は次のように書いていますが、私も「ちょっとしたことも待てない」ということが多くなっているので、不安が増長してしまいました。

店員に切れて暴言を吐いたり、ちょっとしたことも待てないといったシニア層の行動は、確かによく目にします。私自身も気をつけなければと常に思っていますが、年とともにこうなってしまうのだろうかと不安にも思います。

 

横柄だと思われるような老人にはなりたくないのですが、老化現象の予測もできず、どうしたものかと考えあぐねてしまった次第です

 

2017年7月10日(月曜日)

初乗り運賃の大回り

次の記事を読み、いろいろ考えて楽しくなってきました

133円で1都6県に!? 超格安な鉄道旅行を楽しむ方法

 

大回りの説明として、記事には次のように書かれています。

大回りとは、JRの切符に関するルール「実際に乗る経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃が適用される」というもの。東京・大阪など、大都市近郊区間で適用されるこの規定を、楽しく旅行へ応用したものが「大回りの旅」です。

どういうことかというと、たとえば山手線で渋谷駅から隣の恵比寿まで行くのに、1駅分乗っても、逆回りで28駅分乗っても、同じ運賃(140円)になります。この仕組みを利用して、初乗り運賃だけで、関東中を大きな一筆書きで旅をするのが「大回りの旅」なのです。

 

一筆書きの大回りで、再び同じ駅を通らないということが鉄則ですが、いろいろとルートを考えるだけでも楽しくなります。

 

実行するに当たっては、次の注意が書かれていました。

大回りを終えて改札を出るとき、一定時間を過ぎると、改札を出られないことがあります。その場合、窓口に行って「大回りをしてきました」と申告すれば、改札を通ることができます。(もちろん駅員さんも、大回りについては知っています)

その際、ルートの確認をされることもあるので、あらかじめルートをメモしておくと便利。事前に紙に書いたり、スマホのメモ機能を使うなど、スムーズに説明ができるようにしましょう。

 

いつか実行したいですが、改正などで変更が生じる場合があるそうですから、出かける前には最新の情報を確認することを忘れないようにするつもりです

 

2017年7月9日(日曜日)

被災者支援のこと

先日線状降水帯のことを書きましたが、九州北部の甚大な被害には心が痛むばかりです。

 

被災した方々に何かできることはないかと思っていたところ、次の記事が目に入りました。

九州で発生した大雨の災害で、シロウトが被災者支援をすべきではない理由。

 

上記事を「エッ、ナニ?」と思いながら読み始めたのですが、読み進むうちに納得させられてゆきました。

こういった大災害が発生し、悲惨な状況が各種メディアで報じられるたびに、現地へボランティアに行こう、支援物資を送ろう、と考える人がいる。そして無秩序なボランティアや支援物資の輸送はかえって混乱するからやめるべき、という冷静な対応を求める人も現れる。

ボランティアに行きたい人や支援物資を送りたい人からすれば善意を否定されたようで不愉快になるだろう。役に立てなくても非常時に理屈を言ってる場合じゃない、とにかく何かをするべきだ、と考える人もいるかもしれない。しかし、自治体等が正式に呼びかけるまでボランティアも支援物資も不要という意見が正しい。

 

そして、次のように書かれています。

災害からの復興には、善意による募金、ボランティア、支援物資は無くてはならないものだが、やり方を間違えると役に立たないどころかかえって復旧の邪魔をしてしまう。これは機会費用の事例として普段から使えば浸透するのではないかというくらい、復興支援で重要な考え方となる。

 

更に、次のように書かれています。

全国から大量の支援物資を九州まで送ることは簡単だが、それを被災者の手元まで届けるには膨大な手間が発生する。必要なものを必要な分だけ仕分けしてそれぞれの地域に割り振り、配送しなければいけないからだ。自然災害の発生時には道路が通れる状態かどうかも分からず、今回の大雨でも車で行き来できない状況があちこちで発生している。

 

次の箇所が心に留まりました。

自衛隊並みに自力で完結するだけの支援能力を持っていないのであれば、節約をしながら募金の開始を待つ、くらいの対応で十分だ。

 

上記事の文末と同じになってしまいますが、私も、被災された方々の一日も早い復興をお祈りしたいと思います。

 


カレンダー
2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
サイト内検索
ブログlinks
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project