ホーム
2017年11月19日(日)10時04分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...

2017年11月4日(土曜日)

給食の食べ残し

次の記事に目が留まりました。

「まずい給食」はなぜ配られたのか

 

上記事は、少し前に話題になった神奈川県大磯町で大量に残される学校給食を取り上げ、様々な問題点などを指摘したものです。

 

しばらく前には大磯町の学校給食の食べ残しが連日報道されましたが、それらの報道では異物混入などが多く取り上げられたため、私は「まずいのも他もすべて給食の製造業者の不手際なのでは?」と思っていました。

もちろん、異物混入などは業者側の不手際と言えるでしょうが、「まずい給食」はなぜ配られたのかを読み、「冷えてまずい給食」の背景が少し見えたように思えます。

 

冷えてまずいと感じる原因には、衛生面のことや予算のこと、子供たちの家庭での食生活も関係していることが記事には書かれていましたが、考えさせられる部分が多々ありました。

「薄味をまずい」と感じるようになったこといついて、記事には次のように書かれています。

薄味を「まずい」と感じるようになったのは、家庭での食生活の変化も影響していると思います。子どもたちに話を聞きますと、夫婦共働きの家庭が増え、忙しい中で食生活が変わっていることがわかります。朝は簡単なパン食で済ます、または食べないという子どもがいます。夜は親が仕事帰りにスーパーで買ってきた総菜、コンビニ弁当を自分で買うという子どももいます。そして休日は外食。こうした食生活では、濃い味に慣れてしまい、味覚形成の大事な時期なのに食材そのものの味がわからないまま育ってしまう可能性があります。せめて休日ぐらいは、家で子どもと料理を作るなどして、食材との出会い、素材そのものの味や食べることの楽しさを親子で体験してほしいものです。

 

学校給食の食べ残しは、様々な問題を含んでいるのですね。

 

2017年11月3日(金曜日)

文化の日

文化の日の今日、私は近隣の歯科医院に頼まれて調剤室にいますが、今日から3連休の方もいらっしゃるでしょうね

 

改めて文化の日を検索したところ、Wikipediaに次の記載がありました。

文化の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨としている。
1946年(昭和21年)に日本国憲法が公布された日であり、日本国憲法が平和と文化を重視していることから、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法で「文化の日」と定められた。日本国憲法は、公布から半年後の1947年(昭和22年)5月3日に施行されたため、5月3日も憲法記念日として国民の祝日となっている。

 

「自由と平和を愛し」という文化の日の趣旨を思うと、憲法改正に向けた議論が今後どのように進むかが懸念されるところです。

 

文化の日とは関係ないのですが、↓は、昨日の朝、窓から見えた空に真っすぐな線が出ていたので、急いで屋上に出て写したものです。

一すじの線は、いわゆる飛行機雲でしょうか

2017/11/ 2 6:25

 

 

2017年11月2日(木曜日)

寝る時の向き

次の記事に目が留まりました。

右向きはダメ! 左向きで寝るのいい理由

 

私は寝る時はほぼ仰向けで、気が付くと左向きになっていることはありますが、右向きになることはほとんどありません。

それは体を考えてのことではなく、私の場合は仰向けで寝るほうが楽なためです

 

記事には、左向きに寝る方がよい理由として次のことが書かれています。

1. リンパの流れを促進する
2. 心臓の負担を軽減する
3. 消化機能の促進
4. 身体構造上の特性
5. 脾臓の負担を軽減

 

左向きが良い理由のことで、ふと、あることを思いました。

それは、私の場合、気が付くと左向きになっているのは、胃が弱いために無意識に胃を守っているのかということです。

無意識の動作なので結論はわかりませんが、直さなくても良い習慣だとわかって気分がすっきりしました。

皆さまの寝る向きはいかがでしょうか。

 

2017年11月1日(水曜日)

とりわけ禁止

小食の私のような者は、とりわけ禁止のお店には入れません。

世知辛すぎる! 「シェア禁止」を掲げるラーメン店の勘違

 

あるラーメン店での出来事、両親+2歳児の3人でラーメン屋に入り、2杯頼んで2歳児に取り分けようとしたら店主に叱られたという話ですが、記事には次の説明が書かれていました。

1. 夫は大盛り(大盛り有料)、妻は並盛りを注文。
2. 頼んだら、子どもへの取り分け用の茶碗とフォークなどは出してくれた。
3. 取り分けようとしたら「取り分けるために大盛り注文しないでよ!」と店主に怒鳴られた。
(4. ちなみに取り分け元は夫の大盛りではなく妻の並盛りから)

 

そもそも、とりわけ用の茶碗とフォークなどを出しておきながら、店主がなぜ怒鳴ったかが理解できません。

記事の筆者も次のように書いています。

この話は、銭湯に来て裸で浴室に入ろうとしたら、番台から「水着を着ろよ!」と怒鳴られたとか、もしくは市民プールに来て、水着を着てプールに入ろうとしたらプール監視員に「脱衣所でちゃんと脱いでこいよ!」と怒鳴られたというような話で、社会の共通認識の基盤が崩壊したのかと思うくらいアレな話です。

 

記事の筆者が利用していた店では、

替え玉込みの一杯を数人でシェアし、席を専有する

ということへの対策としてシェア禁止になったと書かれていますが、次の文面が心に残りました。

店の立場もわかります。先のように「替え玉込みの一杯を数人でシェアし、席を専有する」という人もいる以上、店にも何らかの対策が必要なのでしょう。傍若無人に振る舞う「神のごとき客」への対応に苦慮した揚げ句、本来必要のなかったルールが設定されてしまう。この社会からもう『一杯のかけそば』のような物語は生まれてこないのかもしれません。

 

2017年10月31日(火曜日)

メンテナンスその後

日曜のサーバーメンテナンスでは、作業中にアクセスしてくださった方々にはホームページが表示され無い等のご迷惑をおかけしたことかと思います。申し訳ございませんでした。

 

メンテナンスに関しては施行側からの事前の通知が午前0時から午前9時までということだったのですが、先に行われた同じ系列の別のサーバーメンテナンス時には午前9時を過ぎてもホームページが表示されず、サポートに連絡して対処してもらい、午後3時くらいにやっと表示されたという経緯がありましたので、そのサイトより容量の大きいこのサイトの場合は最悪終日を予想していました。

 

その予想に反して、これは本当に心からうれしい誤算だったのですが、午前9時1分過ぎくらいにメンテナンス完了のメールが届き、ドキドキしながら恐る恐るホームページを開いたところ、無事に表示されたのです。

管理画面に入ってバージョンを確認したところ、次のように表示されました。

 

すんなりホームページが表示されても半信半疑だったのですが、表示されたバージョンを見て、メンテナンスが無事に完了したとわかり、やっとホッとした思いになりました。

 

今回のサーバーメンテナンスでは、PHPのバージョンアップはもちろんですが、移行を伴うMySQLのバージョンアップということで、事前通知が数ヶ月前にありました。

経験する中では一番大きなメンテナンスでしたので、このサイトで使用しているCMSのプログラムが適合するかどうかの不安が大きく、ファイルのバックアップはもちろんですが、データベースは方法を変えていくつかのバックアップを取って備えていました。

最悪の場合、データベースからの構築になると考えたためです。

そのような状況で、バックアップ等の準備は整えたものの、心配ばかりが膨らんで、施行の数日前から眠りも浅くなっていました。

 

レンタルサーバに登録して10年以上になり、今まで何度もメンテナンスを経験していますが、今回のような完了のお知らせが届いたのは初めてでした。

レンタルサーバーも競合しているようなので、サービスが良くなったのでしょうか

 

メンテナンス完了後、管理画面も変更されたので使い勝手を確認したりして1日経ちましたが、完了後のトラブルも無く、想定外のホッとした思いを感じています

 


カレンダー
2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
サイト内検索
ブログlinks
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project