ホーム
2017年7月28日(金)11時46分ホーム
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
漢方薬その他の情報
スマイルアイコン
多汗症トラックバック
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...

2017年7月8日(土曜日)

脳の挑戦

昨日、次のブログ記事を読みました。

51歳にして、試験に挑戦する理由

 

私はウィスキー検定には全く興味が湧きませんが、最新の脳科学でも証明された事実に背中を押されたような思いがしました。

脳は、正しく使い続けることで、老化することなく、その働きはアップし続けるのです。歳をとっても、頭は良くなり続けるのです。

 

ブログの著者は51歳で試験に挑戦していることを書いていますが、私は54歳の年に鍼灸学校に入学し、3年後に国家試験を受けて鍼灸師の資格を取得しました。

50代で仕事を持ちながらの勉強は、理解して覚えるまでに大学時代の10倍の労力を要し、それを10倍くらい早く忘れてしまうという日々でした。

そして、仕事と勉学との板挟みに負けそうになり、鍼灸師の資格を取るという自らの選択を悔いる思いが湧いたこともありました。

それを打ち消しながら自分を叱咤し、何とか頑張ったという経緯があります。

その反動か、60代になってからは何事にも足踏み状態になってしまい、中年以降のあまりにも大きな負担は心身に障ることを感じていました。

 

上ブログ記事には、

脳を鍛える最も良い方法が、「ちょい難」です。

と書かれていますが、私の体験は「ちょい難」より遥かに大きな苦労だったのだと思います。

 

自分の体験を思い出しながら記事を読んだのですが、

脳に負荷のないのんびりとした生活をしている人は、毎日、ガンガン老化が進み、一直線に認知症に向かいます。

という箇所には、背筋が寒くなるような思いがしました

それは、主人の母と私の母が認知症を患って亡くなったことで、認知症に対して大きな恐怖があるためです。

 

体験上、中年以降の「大きな難」は良くないけれど、「ちょい難」は認知症予防になるということなので、私にとって程良い「ちょい難」を見つけなければ、と思った次第です

 

2017年7月7日(金曜日)

アルツハイマー認知症の判断

このブログでは何度か認知症に関する投稿をしていますが、認知症に関する興味深い記事を見つけました。

問診からアルツハイマー型認知症を鑑別できるか

 

記事にある問診の構成については、次のように説明されています。

(1)物忘れに対する病識や深刻感があるか否か
(2)年齢と生年月日
(3)時に対する見当識
(4)場所に対する見当識
(5)エピソード記憶
(6)3物品の遅延再生課題
(7)計算課題
(8)最近の出来事

 

具体的な問診は以下のものです。

 

記事には、判断のポイントとして次の記載がありました。

問診で「この質問に答えることができないときにはアルツハイマー型認知症」と判断できるような、絶対的な判断基準はないと思いますが、自分の年齢や生年月日を答えることができない、現在の季節を間違える、今いる場所を陳述できない場合には、アルツハイマー型認知症と考えています。また、月が分からない、夕飯の内容を全く想起できない、3物品の遅延再生課題でヒントを与えても1つも想起できない場合にはアルツハイマー型認知症の可能性が高いと判断します。

 

一方、アルツハイマー認知症と判断してはならない誤答として、次が書かれていました。

高齢健常者でも日にちや曜日を誤答する、印象に残っている最近の社会的出来事について陳述できないことがあるので、これらを答えることができないあるいは誤答したからといってアルツハイマー型認知症と判断してはなりません。

 

記事を興味深く読みましたが、高齢化が進むことで認知症患者も増加する一方の現状を思うと、政府には介護する家族の負担軽減(精神的な面、金銭的な面など)を早急に取り組んでほしいと願わずにはいられませんでした。

 

2017年7月6日(木曜日)

線状降水帯

昨日の朝、ウォーキングに出る時間には台風3号は通り過ぎていましたが、ウォーキングから帰宅した後に島根県の浜田市、益田市、邑南町、津和野町の4市町に大雨特別警報が出されていることを知りました。

台風通過後に「線状降水帯」が出現、島根県の特別警報で気象庁会見

 

私の住む地域は雨も止んでウォーキング中には青空も見えていたのですが、島根の特別警報が気になって屋上に出たところ、↓のような空模様でした。

2017/ 7/ 5 6:39

 

記事の線状降水帯が気になってネット検索したところ、気象庁のページを見つけました。

線状降水帯

 

上ファイルには次の記載があります。

集中豪雨発生時によくみられる線状の降水域は,その見た目の特徴から,最近では“線状降水帯”と呼ばれている

 

また、文末に次の記載がありました。

最近では,マスコミが集中豪雨の原因を説明する際に線状降水帯という言葉を使用することが増えてきており,一般社会にも広く知れわたってきているように思われる.先に述べたように,大きな災害を引き起こす集中豪雨は線状降水帯によってもたらされることが多いことから,線状降水帯という用語の浸透は一般市民の防災意識の向上に繋がることが期待できる.

 

私の住む地域では↑の空を写してから数時間後には晴れて気温も上昇しましたが、島根の大雨特別警報が気になっていたところ、午前11時15分に警報解除のニュースを見つけて安堵した次第です。

 

でもその後、九州の福岡や大分の地域に停滞した梅雨前線によって甚大な被害が出ていることを知りました。

大雨特別警報の中で不安な時間を過ごしていらっしゃる方たちを思うと心が痛み、被害が広がらないことを祈らずにはいられませんでした。

 

2017年7月5日(水曜日)

無駄は無駄ではない

次の記事を読みました。

篠田桃紅さんとイチロー選手が異口同音に語っていた「無駄は必要」という話

 

上記事では、女流画家の篠田桃紅さんが、「103歳になってわかったこと」という著書の中で次のように書いていることを紹介しています。

「人は、用だけを済ませて生きていくと、真実を見落としてしまう」「雑談や衝動買いなど、無駄なことを無駄だと思わない方がよく、無駄にこそ、次の何かが兆している」「人は、寄り道をしたり、道草をくったり、どん底を味わったり、失敗や嫌な目に遭うという、人生の無駄を経験するからこそ、人としての味や深みが出る」「もし、やることなすことすべてうまくいき、効率的で全く無駄のなかった人生を過ごした人がいたとすれば、およそつまらない人間が存在していることになる」

 

また、大リーグのイチロー選手の言葉も紹介しています。

「自分はいかにムダな時間を過ごすかということを大事にしているところがある」「最初からあるべき姿に到達するのは不可能で、まずはムダな時間を経験して、そこから削ぎ落としていくことによって、ようやく自分の行きたいところに近づけるのではないかと思う」「合理的に考えすぎてムダの生じないような進み方をしようとすると、結局近づくことすらできない」

 

私も若いころは無駄は必要ないと思い、できるだけ無駄な時間を作らないように心がけていたのですが、年を重ねるにつれ、無駄な時間の意義を感じるようになりました。

例をあげると、勉強に関してですが、54歳で鍼灸学校の学生になって勉強漬けの日々を送っていたころ、理解力も衰えたためか若いころのように効率的な勉強ができず、無駄な時間を費やしたように感じることも多かったのですが、後になってみると、その無駄だと思えた勉強が活きることが多々あったのです。

そのようなこともあって、「無駄と思えることでも実行してみなければわからない」と考えるようになりました。。

 

上記事は文章で閉じられています。

「とりあえずやってみれば、どこかで役に立つことがある」「やってみなければ、それが無駄かどうかはわからない」という言葉は、常に心に留めておきたいと思います。

 

まさに納得の言葉だと思いました

 

2017年7月4日(火曜日)

気温上昇

昨日、私の住む地域では早朝まで雨が降っていたのですが、予報通り晴れて気温が上昇しました。

TV番組でも熱中症への注意を呼びかけていましたが、急な気温上昇に身体が順応できず、体調を崩してしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しばらくは高温多湿が続くようですから、皆さまもお体ご自愛なさってください。

 

気温とは関係ないのですが、7月に入ってからウォーキングルートを変更しました。

6月末まで2年弱歩いたウォーキングルートを、反対方向の元のルートに戻したのです。

 

元に戻ったルートはおおよそ2年前まで毎日歩いた道ですが、別方向を歩いているうちに様変わりしている箇所が多々あり、不思議なもので、変わっていない場所にはホッとする思いを感じ、様変わりした場所には寂しさと新鮮な思いの双方を感じています

 

一つ残念なのは、私の一番好きな撮影スポットだったお寺の前にセブンイレブンが建ってしまい、お寺の屋根がほとんど見えなくなってしまったことです

歩きながら別の撮影スポットを探しているのですが、なかなか良い場所が見つからずにいます。

 


カレンダー
2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
サイト内検索
ブログlinks
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project