ホーム
2019年8月24日(土)7時43分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
15 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...

2019年8月24日(土曜日)

花粉症薬が保険適応外に?

昨日の報道ですので、ご存じの方もいらっしゃると思います。

 

花粉症薬を保険適応外にするという提言が出されたそうです。

花粉症薬、保険適用外に=医療費600億円削減-健保連提言

 

記事の冒頭に次がありました。

企業の健康保険組合で構成する健康保険組合連合会(健保連)は22日、医療機関で処方される市販薬と同じ成分の花粉症治療薬について、医療保険の適用から除外し全額自己負担にすべきだとの提言を取りまとめた。

 

ただ、すぐにではなく、2020年度の診療報酬改定に向けての提起とのことです。

2020年度診療報酬改定に向け、今秋から本格化する中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関、中医協)で提起する。

 

記事に次がありましたが、医療費の削減にはなるものの、花粉症患者さんの負担は重くなりますよね。

保険財政悪化への対応策と位置付け、最大で年600億円程度の医療費削減効果があると試算。その半面、1~3割の支払いで済んでいた患者の負担は重くなる。

 

提起の段階ですし、保険適応除外の除外範囲を絞ることも求められたそうなので、どのようになるかはまだわかりませんんが、花粉症の患者さんにとっては重要な問題だと思います。

 

医療費の増大は保険料増加につながりますし、保険適応外になれば支払いが3割か1割だったのが全額負担になるわけですから、双方の兼ね合いが難しいですね。

 

2019年8月23日(金曜日)

森永ラムネ

最近は買っていないのですが、懐かしいです。

懐かしの森永ラムネが大人や受験生に売れまくる理由

 

記事の冒頭に次がありました。

森永製菓の「森永ラムネ」といえば、1973年に“食べるラムネ”として登場して以来、いまも愛される身近なお菓子のひとつ。

 

森永ラムネは1973年に登場したのですね。

私が幼いころに食べていたラムネは、森永ラムネより溶けやすくてもろかった記憶があります。

 

記事に次がありましたが、私はそのブームは知りませんでした。

2014年ごろに『二日酔いのときに森永ラムネを食べるとスッキリする』という内容の口コミが、インターネットを中心に拡散されたのがはじまりだったようです。また、森永ラムネにはぶどう糖が90%含まれているのですが、メディアを通してぶどう糖に期待されるさまざまな効果に注目が集まったことも、ラムネブームを後押ししました。

 

森永ラムネの甘さはブドウ糖だったことも今回初めて知りましたが、ブドウ糖がメインであれば確かに受験生にも良いですよね。

久しぶりに買ってみようと思いました

 

2019年8月22日(木曜日)

夜間熱中症

別の記事を探していて偶然に目に入った記事ですが、まだ暑い日が続いていますから、情報として紹介させていただきます。

汗かかず夜中トイレは要注意 「夜間熱中症」はこう防ぐ

 

夜間もエアコンを使っているから大丈夫と思っている方が多いと思いますが、記事には次が書かれていました。

2015年に東京消防庁が発表した熱中症の救急搬送人員の資料によれば、熱中症の30%以上は「住居等居住場所」で発症している。65歳以上の高齢者に限ると56%にも上るという。また、10年の東京都監察医務院調べによると、熱中症で亡くなった人の死亡時間帯は、不明な人を除くと40%が17時~翌5時の夜間に集中している。

 

記事は2017年の8月に書かれているので、上記データは2015年の物になっていますが、夜間熱中症に注意が必要なことは今も変わらないと思います。

 

記事には夜間熱中症になりやすい人として、次が書かれていました。

夜間熱中症になりやすい人は、汗をかかない高齢者や逆に汗を出し過ぎる乳幼児、普段からエネルギー消費が大きい肥満の人、下痢や嘔吐をして水分が抜けている人です。

 

夜間熱中症の予防として記事には次が書かれていましたが、まだ気の抜けない残暑が続くと察せられますので、参考になさっていただければと思います。

寝るときは体に風が直接当たらないようにして、クーラーは切らないこと。タイマーを使ってクーラーが途中で切れると、外壁にこもった熱気が寝ている間に侵入してくるのを防ぐことができません。寝る前に水分を補給しておくことも大切です。ただし、アルコールやコーヒーは利尿作用があるため水分補給にはなりません。スポーツドリンクもいいのですが、糖分が入っているので飲み過ぎには気をつけましょう。汗が蒸発しやすいようタオルケットはお腹だけにかけるのが良いでしょう。

 

 

2019年8月21日(水曜日)

ゆうちょ銀行から再度の注意喚起

先月、ゆうちょ銀行を装った偽メールに注意という投稿をしましたが、昨日、ゆうちょ銀行から再度の注意喚起が届きました。

 

そのメールに書かれていたのは、先月のメールとほぼ同じ内容でした。

ゆうちょ銀行を装った偽メール(フィッシングメール)が不特定多数のお客さまへ送信され、メールに記載されたリンク先へお客さま番号やワンタイムパスワード等を入力した結果、不正に送金される事例が報告されています。

 

再度の注意喚起の理由は、不正送金が減少していないことを意味しているのかと察しています。

 

昨日のメールには「注意点」として次があり、先月のメールより更に強い注意喚起を感じました。

[注意点]
ゆうちょ銀行から、お客さま番号・ログインパスワード・合言葉等の入力を求めるリンクを記載したメールを送信する事は絶対にありません。「メールのリンクからゆうちょダイレクトへのログインは全て詐欺!」と覚えてください。(実際のメールでは拡大文字にはなっていません)

 

詐欺は手口がますます巧妙になり、自分は大丈夫と思うことが一番危険なんですよね。

 

高齢者だけではなく、壮年期の方が詐欺に遭うケースも報告されているようですから、皆さま、くれぐれもお気を付けください。

 

2019年8月20日(火曜日)

大盛が消えたわけ

次の記事を読み、店主の心遣いを踏みにじった客たちは、大盛が消えたことをどう思うか気になりました。

球児のために作った「大盛りカツ丼」 甲子園の老舗食堂がやめた悲しい理由

 

記事に登場するのは、兵庫県西宮市の甲子園球場近くにある、超デカ盛りカツ丼で有名な老舗「大力食堂」という食道です。

 

大盛のカツ丼は、店主が次のような思いで始めたそうです。

「小遣いで食べに来る高校球児も気軽に来られて、満腹になれるように」

 

そのカツ丼とは、次のようなものだと記されています。

ご飯の量はなんと2.8合。茶碗一杯が約0.4合というから、ざっと7杯分。たっぷりの出汁で玉ねぎを煮込み、カツを入れて出汁を吸わせたら、特大卵を溶いてとじ、かける。テーブルに届いた時点で既にどんぶりからあふれているので、崩れないよう注意しながら、スプーンでお椀に移しながら食べた。この味とボリュームで700円(途中からは原材料費の値上がりで800円に)という脅威の安さ。

 

1966年の創業以来続けてきた上記大盛カツ丼でしたが、今年になって「カツ丼大やめます」という張り紙されたそうです。

 

高校球児たちのお腹を満たしてきた大盛カツ丼でしたが、数年前から異変が生じ始めたことが書かれていました。

雲行きが変わってきたのは数年前から。「大」を頼んでは、半分以上残して帰る客が相次ぐようになった。「スマホいうんかな。あれで写真を撮るだけ撮ってな。残った分はほかすしかないけど、お米もお金ももったいないやろ…。それ見とったらおっちゃん、何かもう、情けのうなってな…」と肩を落とす。

 

それで、半年前から「カツ丼大やめます」という張り紙を出し、今は「小(並)600円」のみとなっていることが書かれていました。

 

数年前から「インスタ映え」という言葉を耳にするようになり、2017年には流行語大賞にも選ばれましたが、スマホで写真を撮ってカツ丼を半分以上残した客たちは、大盛カツ丼が生まれた店主の心遣いなど考えもしなかったのでしょう。

 

店主の気持ちを思うと、私も心が苦しくなりました。

 

SNSに写真を載せる際にも、気づかいとマナーは大切なのではないかと考えさせられた記事でした。

 


カレンダー
2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project