ホーム
2018年12月16日(日)15時04分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
22 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 22

もっと...
  投稿者 ‘shinjou’ のアーカイブ

2018年12月16日(日曜日)

いじめ対策

Facebookにログインすると、タイムラインに次の記事がありました。

 

新聞は2年前のものでした。

シェア自由と書かれていましたので、多くの方にお読みいただきたいという思いからここに載せました。

中学2年生の女子生徒が書いた作文(?)のようで、賞を取って新聞に掲載されたようです。

 

中学2年の帰国子女(?)の目線からみた日本のいじめについて書かれていますが、考察がすばらしく考えさせられる点が多々ありました。

新聞記事ですので字が小さくて申し訳ないのですが、一人でも多くの方にお読みいただければ幸いです。

 

2018年12月15日(土曜日)

在宅介護の事件

私自身が経験のあるため介護のニュースは気になるのですが、昨日は次の記事が目に留まりました。

2018年に起こった在宅介護の事件について!福祉の問題点

 

記事は今年2月に起きた在宅介護の事件に触れ、次が書かれていました。

「なぜ公共のサービスに助けを求めなかったのか」ということについて考えてみたいと思います。

 

そして、次がありました。

ケアマネージャーや、病院のソーシャルワーカーや、地域包括支援センターや、活用できることはたくさんありますよね。
でも、それを知らないのも仕方のないことで、誰かが教えないと、その人は知らないことなんです。

 

記事には筆者の見解が次のように記されていました。

ますます、福祉職の「アウトリーチ」が重要になってくるでしょう。
ですが、そこまでする時間も、人数も足りないのが現状です。
見守りを徹底するとか、地域のつながりが大切だとか、国が言っているだけではどうしようもありません。
それを行うのにはいくつも問題があって、手に負えないのが現状です。
どうか政策や資格について、職場の労働環境などがいい方向へ変わり、福祉に携わる人が増えたらな、と思います。

 

上記を読み、介護の現場では国を当てにしていては先に進めないという状況のように感じました。

「介護離職ゼロの約束」については誰かが言ってましたよね。

その約束もいつ果たされるのか、全く以って筆者が記しているとおり、「国が言っているだけではどうしようもない」と私も思いました

 

記事の最後の箇所が深く心に残りました。

新しい年になり、新しい年号になり、新しい日本は何かが変わるのでしょうか。
少なくとも、福祉の問題を改善していくのは、福祉に携わる私たちです。

 

2018年12月14日(金曜日)

クリスマス商戦

今年もクリスマスが近づき、ケーキ屋さんはもちろんですが、クリスマスとは全く関係がないと思えるお店にもクリスマスツリーが飾られているのを見ると、クリスマスが商戦に利用されていることを痛感させられます。

 

そもそも、日本でクリスマスプレゼントはいつから始まったのでしょう。

それが急に気になったので、ネット検索したところ、wikipediaに次が記されていました。

日本のクリスマスプレゼントの習慣は、明治時代に始まる。1906年(明治39年)12月18日付の読売新聞は、救世軍による「貧しい人々へのクリスマスプレゼント」について報じた。籠に果物やパン・菓子・玩具などを詰め込んだものを、3万人を越える貧民に手渡したものである。同新聞には、「我が国にありては今回を以って始めとする由」と記されている。当時、ニューヨークで行われるような貧民への大規模なプレゼント作戦を目標としていた。

 

ブーツ型の菓子ケースは1960年ごろに始まったそうです。

1960年頃に日本独自のスタイルとして、菓子を詰めたクリスマスブーツが登場した。これはクリスマスツリーの飾りの延長としてブーツ型の菓子ケースをデザインしたのが始まりとされ、のし紙や包装紙にこだわる日本ならではのものである。

 

ブーツ型の菓子ケースは日本独自の物だったのですね、初めて知りました。

日本ではクリスマス商戦という言葉があるくらいですから、このブログにも何度か投稿していますが、私にはクリスマスの本来の意味とはかけ離れた商戦に乗せられている感が強いです。

 

12月24日と25日には、今年も店から道路を隔てて見えるコージーコーナーでは臨時のケーキ売り場が設置されることでしょう。

コージーコーナーは駅に隣接していますから、両日とも多くの人がショーケースに並んだケーキを眺めながら通り過ぎたり購入したりするのではないかと思います。

それが、武蔵新城駅に隣接するコージーコーナーができてからの毎年の光景となっています。

 

2018年12月13日(木曜日)

2018年12月のWindowsアップデート

第二水曜の昨日はWindowsアップデートのリリース日(日本時間)でしたね。

昨日の朝、私はいつものリリース日と同様、気合を入れてPCを起動しました

 

作業の結果として、Windows10(1809)4台のPCは思いのほかすんなりとアップデートを完了しました。

残り1台のWindows8.1に関しては7個のプログラムのうち最後のプログラムのインストールが長引き、放置していたのですが、2時間経ても画面が変わらないため一度キャンセルをかけてPCを再起動しました。

 

再起動後に更新の結果を確認したところ、下記が失敗と表示されていたので、更新の確認をしたのですが、新しい更新プログラムは出ませんでした。

悪意のあるソフトウェアの削除ツール x64 – 2018 年 12 月 (KB890830)

 

この状況に関して、失敗のKB890830をなぜ認識しないのかが疑問ですが、インストールすべき更新プログラムであればそのうちインストールされるだろうと楽観視しています

 

そのような事情もあり、Windows10に関しては慣例となっているアップデート後のバックアップを取りましたが、Windows8.1は4バックアップは先延ばしにして様子を見ることにしました。

 

ちなみに、Microsoftのコミュニティに私と同様の状況になった方が質問を出していました。

更新プログラムインストール中悪意のあるソフトウエアの削除ツールx64.2018年11月(㎅890830)にて約4時間経過していますが完了していません

 

上記の方は先月にトラブルが生じたようです。

上ページに記された回答に次がありましたので、私も次を待つことにします

なお、セキュリティー対策ですから更新する方がいいのですが、更新できなかったとしても、<悪意のあるソフトウェアの削除ツール> だけで、セキュリティソフトでの対策が十分にされていれば、それほど気にする必要はないと思います。
今月の新しい<悪意のあるソフトウェアの削除ツール>の配信を待ってみるという方法もあると思います。

 

2018年12月12日(水曜日)

EdgeとIE

タイトルは正確には、「WEBブラウザのMicrosoft Edge と Internet Explorer」 のことです。

 

私は手持ちのWindows10のPCではブラウザとして使うのは動作が軽いMicrosoft Edgeを使用していますが、金融機関のセキュリティー等でEdgeに未対応のものもあり、時々Google Chromeを使ったりしています。

 

先日、Windows10のPCの中で一番新しいPCのEdgeを立ち上げて検索ボックスを使おうとしたところ、日本語入力ができないという現象に見舞われました。

すぐに解消するかと思い、Edgeを再起動しましたが改善せず、PC自体を再起動しても改善しませんでした。

他のWindows10のPCでも同じ現象かと思って試したところ、他のPCでは日本語入力がトラブルなくできたため、1台のPCのみのトラブルのようでした。

 

トラブルが生じているPCでメモ帳などで試したところ、メモ帳などでは日本語入力ができたため、Edgeのみのトラブルだと察しました。

現象としては、Edgeを起動してタスクバーをポイントすると「IMEが無効です」と表示され、日本語入力ができませんでした。

 

ネット検索したところ、同じ現象も多く出ているようでした。

いろいろな方法の中で、次の方法が簡単そうに思えて試そうかと思ったのですが、

Windows 10の「Edgeブラウザー」で日本語入力ができなくなった!

トラブルが生じているPCは今年の7月に購入して1年間の保証期間中であることを思い出し、日本ヒューレットパッカードのサポートにチャットを申し込んでみました。

 

チャットではしばらく待たされたり途切れたり(何しろ日本語入力ができないため手間取りました)しましたが、アドバイスは

「IEのリセット(個人設定も削除)をしてPCを再起動してみてください」

というものでした。

 

このアドバイスを受けた際、私は「EdgeのトラブルなのにIEのリセット等で改善するのか?」と思いましたが、「ダメだったらまた相談しよう」と決めて、とりあえず試すことにしました。

 

その結果、何とトラブルが解消したのです

そして、Edgeのパスワード等の個人設定が消えていたため、IEのリセットがEdgeのリセットになることを初めて知ったのです。

これって、私が知らないだけで周知のことでしたか?

ネットではそのような情報は見当たらないようなのですが・・・。

 

その後、何度か再起動してEgdeを使って試しましたが、日本語入力のトラブルは生じなかったため、日本ヒューレットパッカードのサポートにはその旨を連絡しておきました。

 

ちなみに、Statcounterの2017-2018ブラウザシェアによると世界では

 

日本では

 

とのことでした。

Edgeを使っているのは、日本はもちろんですが世界でも少数派のようですね。

 


カレンダー
2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project