ホーム
2019年6月16日(日)12時38分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
30 人のユーザが現在オンラインです。 (27 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 30

もっと...
  投稿者 ‘管理者’ のアーカイブ

2019年6月16日(日曜日)

へバーデン結節・ブシャール結節

次の記事を読みました。

突然襲った指の痛み…キャシー中島が20年以上も闘う「ヘバーデン結節」 患者はほぼ女性

 

記事にはへバーデン結節の事が書かれていますが、何度かブログにも書いていますように私も持病でブシャール結節を持っているため、関心を持って記事を読みました。

 

記事には次のように記されています。

この病気は、手の指の第一関節に結節(こぶ)ができ、 人によっては指の痛みが何十年も続いてしまうという関節症。最悪のケースでは、指先が不自然に変形したまま、全く動かなくなってしまう。

 

ちなみに、へバーデン結節と私が患っているブシャール結節との違いについては、わかりやすい説明が次のページにありました。

指の変形、原因はホルモンバランス

ヘバーデン結節:親指から小指のDIP(第1)関節変形。40歳以降の発生に男女差は無し。使い過ぎも原因のひとつだが、女性では使い過ぎとは無関係なことが多い。
ブシャール結節:人差し指から小指のPIP(第2)関節変形。更年期以降の女性に多い。女性では使い過ぎとは無関係なことが多い。

 

上ページにありますが、この疾患に原因は使いすぎとは無関係なことが多く、ホルモンと関係があることがわかっているそうです。

これら手の病気はエストロゲン(卵胞ホルモン)と深い関係があり、妊娠時、産後、更年期に起こりやすい。もともとエストロゲンは腱や滑膜(関節を包む膜)の腫れを取る抗浮腫作用があり、生理前に体がむくむのもエストロゲンが減るため。閉経して急にエストロゲンが出なくなることで、腱や関節に炎症が起こりやすくなる。

 

キャシー中島さんの場合、最初に痛みを感じたのが22年前の45歳の時とありましたが、私の発症は50を過ぎてからだったように記憶しています。

 

私の場合、上ページの変形した画像の患者さんのように重症ではありませんが、痛みで眠れないことも多々ありました。

今はひどいころに比べれば痛みは少ないですが、その当時は日常生活にも大きな支障がありました。

 

記事には次が記されていましたので、気になる方は参考になさっていただきたいと思います。

手の関節炎は普通の病院に行っても原因がわからず、「使い過ぎ」「年のせい」で片づけられてしまうことも多い。不調を感じたら、信頼できる専門医に診てもらおう。日本手外科学会のホームページを見ると、平瀬センター長をはじめとした全国の「手外科専門医名簿」が載っている。ぜひ参考にしていただきたい。

 

2019年6月15日(土曜日)

「人生に慣れる」

次は偶然に目に入った記事ですが、タイトルが気になって読みました。

黒柳徹子、時代を超える人。──「人生に慣れすぎてしまうのはダメ」

 

黒柳徹子さんといえば、好奇心旺盛でパンダが好きで髪型が特徴的な方というのが私のイメージです

 

その好奇心旺盛というか個性的というか、そのような性格が以前は受け入れられず、それが時代の流れとともに認められるようになったということが記事にも書かれていました。

二十歳を過ぎてお仕事を始めたころは、自信も何もなかったんですよ。NHKに入っても「もう、嫌になっちゃうな」って思うくらい、しょっちゅう番組を降ろされていましたから。その頃は「個性は不要」という時代だったので、個性的と思われていた私は邪魔という感じだったのだけど、NHKも私を採用してしまった限り使わないわけにはいかなかったのね。

それが、次の年に日本をあげて個性化時代になったんですよ。新聞の見出しにも「個性化時代」と出るくらいで。そうしたら、今までは「個性を引っ込めろ」と言われ続けてきた私が、一転「個性を出してください」なんて言われるようになって。

ただ急に個性を出してと言われても私にはよく分からなかったので、今まで通り普通にやって、そのままずっとここまで来ちゃったの。もちろん自分なりに努力もしましたけど、みなさんがそのままの私を好きでいてくださったことが、一番大きいと思います。この世界に入って65年くらいになりますけど、ずっと変わらずそのままでここまできました。

 

上記を読むと、もしずっと個性が受け入れられない時代が続いていたら、黒柳徹子さんは今とは違った生き方をしていたのではないかと思いました。

 

タイトルの「人生に慣れ過ぎてはダメ」ということですが、世の中には人生に慣れることすらできない人もいるように思います。

「慣れ過ぎてはダメ」は、徹子さんのように好奇心旺盛でエネルギッシュな人に当てはまることではないかと私は思うのです。

 

私などはこの年になってもまだ人生に慣れない時があり、そのような時は「まだまだ修業が足りないなぁ」とか、「今は試練の時」等と自分に言い聞かせたりして、何とか乗り切っています。

 

世の中には「人生に慣れ過ぎてはダメ」と言える徹子さんのようにエネルギッシュな人もいるし、反対に慣れることもできずに欝々するしかない人もいたり、「それぞれなのではないかなぁ」と記事を読んで思いました

 

2019年6月14日(金曜日)

AED 女性の場合

次の記事のタイトルに目が留まりました。

「AED使用で救命率2倍」なのに、“女性には使いにくい“現実

 

読み始めると、「女性には使いにくい」理由は私の察した通りでした。

 

記事は次の文面から始まっていました。

5月、命をめぐる「男女差」が明らかになりました。学校で心停止をした生徒にAEDが使われたかどうかの調査で、女子高校生は男子高校生に比べて使用率がかなり低かったことがわかったのです。原因として、専門家は「女性の肌に触れる、服を脱がせることへの抵抗感が表に出た結果」だと分析します。

 

AEDの学校での使用に関しては、次の数字が記されていました。

学校で子どもが心停止したときAEDが使われたか?
男子高校生83.2%、女子高校生55.6%(京都大学・石見教授らの調査から)

 

学校でも男女で格段の差があるのですから、人通りの多い場所で倒れた女性に遭遇した男性の立場になって考えると、躊躇してしまう気持ちも理解できる気がします。

 

AEDと共に救命処置で大切なのが心臓マッサージで、記事には、このブログでも以前に投稿したペットボトルを使用した心肺蘇生訓練の事も記されていました。

 

緊急時に躊躇なく実行するには日ごろの訓練が重要だと言うことも記事にあり、次の言葉が心に残りました。

自信を持つ、自分はできるようになったと思うことが緊急時にやろうという行為につながると考えています。

 

心肺蘇生に関して、私自身も急な場合の実行への自信がないので、訓練の必要性を痛感させられた記事でした。

 

2019年6月13日(木曜日)

2019年6月のWindouwsアップデート

昨日の第二水曜はWindowsアップデートリリース日(日本時間)でしたね。

 

私の手持ちのPCのWindows10の機種は1903にアップデートしたばかりでしたので、バージョンアップしてからは初めての定例アップデートとなりました。

 

そのためいつも以上に緊張感を持って作業を始めたところ、Windows10の機種に関しては思いのほかあっさりと完了しました

 

反対に1台のみとなったWindows8.1の機種は時間も手間もかかってしまい、以前も書きましたが、経年を考えるとそろそろ危ないのかと不安は更に大きくなっています。

 

作業終了後、念のために不具合情報を検索しましたが、特に大きな不具合情報は今のところ出ていないようでしたので、バックアップを取って昨日は作業を終えました。

 

昨日の朝のウォーキング時は雨上がりでしたので、雨に濡れたアジサイの花が目に留まりました。

2019/ 6/12 4:42

 

柵の間から顔を出して咲いているアジサイの花が健気に見え、元気をもらった気がしました

 

2019年6月12日(水曜日)

綿棒での耳かきに注意

以前、耳垢の自浄作用に関する投稿をしたことがありますが、その際に載せた記事に耳かきを続けていると自浄作用が断たれるとあり、私もその類に入るため、定期的に耳かきをする習慣になっています。

 

耳かきには私は竹製の耳かき棒を利用しているのですが、綿棒を使う方も多いのではないでしょうか。

 

娘も孫たちに綿棒を使っているため、次の記事が気になって読みました。

“耳かき”で意識不明…綿棒の使い方に注意

 

記事に次が書かれていました。

イギリスの新聞「サン」で報じられたのは、「男性は、耳掃除のために綿棒を使用した後、死に至る脳の感染症と戦っていた」という内容。なんと、耳かきが原因で31歳男性が発作を起こし、意識不明で病院に搬送されたという。

「サン」によると、耳掃除に使った綿棒のコットンが、5年前から耳の奥につまり、そこから細菌が増殖。脳にまで感染が広がったとみられている。耳の近くにたまっていたという膿(うみ)を手術で取り除くと、コットンの塊が出てきたと伝えている。男性は2か月にわたり、抗生物質を服用したという。

 

上記には驚きましたが、意識不明になるほどの重症ではないものの、綿棒による怪我が多いことにも少々驚きました。

国民生活センターには5年間で178件寄せられていて、そのうちの半数ほどの原因が綿棒だそうです。

 

記事には正しい耳かきの方法として次が記されていましたので、皆さまも耳かきの際にはくれぐれもお気を付けください。

(綿棒を耳の入り口から)1センチちょっと入れれば(耳あかは)取れるはずですから。優しく入れて周囲に向かって(耳あかが)ついてる部分を、外に向かってかき出す、痛くないように

 


カレンダー
2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project