ホーム
2020年4月05日(日)21時56分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
15 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...
  投稿者 ‘管理者’ のアーカイブ

2020年4月1日(水曜日)

首都封鎖の現実味

次のタイトルが目に留まり、「4月1日はエイプリルフールだから、うそであってほしい」と願いながら読みました。

「五輪開催するなら封鎖しかない」 免疫獲得か終息か「東京封鎖」の現実味

 

記事には「都市の封鎖にはオーバーシュート(患者の爆発的急増)が前提」と書かれていて、実際にオーバーシュートが起きるかどうかは専門家でも意が異なると記されていました。

 

記事には、二人の専門家の異なった見解が書かれていました。

2人のうち一人の専門家は次のように述べています。

「個人的な考えではありますが、ヨーロッパのようにはならないと考えています」

 

上記の理由として、次が記されていました。

「コロナの感染源は本人の手だと思われ、手洗いが不十分だと感染しやすい。手に病原体がついても目や鼻をこすらなければ感染しませんが、いずれにせよ手洗いが大切です。日本人は結構神経質で手洗いをするし、マスクだってする。握手や、公衆の面前でのハグ、キスも習慣にないので、そのような理由からヨーロッパのようにはならないと思います」

 

また、別の専門家は次のように述べていました。

「実際に海外で起きているわけですから、夢物語ではありません。大規模クラスターが発生すると一気に広がります。毎日、『今日起きなくてよかった』と思って寝るけれども、明日はわからない、というのが現在の状況だと考えています」

 

私は、今日現在では後者に近い思いを抱いています。

 

後者を述べた専門家は、そもそもの問題として次の様に加えています。

「熱がなければ大丈夫だと考える人もいるようですが、それは違います。熱が出ていない感染者が他の人にウイルスをうつしている例もあります。のどの痛みやせきも含めて、症状があれば外出をしないようにしなければならない」

 

記事の最後に次の文面がありましたが、その最終判断が下された際には、自覚を持って冷静に日々を過ごすことを自分にも言い聞かせました。

都市を封鎖し行動を制限すれば、別の痛手を負うことになる。できる限りのことをやった上での最終判断とされるべきだ。

 

 

2020年3月31日(火曜日)

欧米に住む日本人からの警告

昨日の朝、志村けんさんの訃報を知り、年代の近い私は大きな驚きとショックを受けました。

 

新型コロナウィルスの陽性反応が出て入院後、予断を許さない状況という報道がありましたが、まさか亡くなるとは思っていませんでした。

 

そのような気持ちの中、次の記事が目に留まり、私の不安は更に大きくなっています。

「日本も3週間後、地獄を見る」まるで戦争…欧州に住む日本人の警告

 

上記事は、自分は大丈夫と思っている若者にはぜひ読んでもらいたいと思います。

 

2020年3月30日(月曜日)

もしも、ロックダウンになったら

新型コロナウィルスの感染者数が増え続ける中、少し前までは「まさかそこまでは行かないだろう」と思っていたことが、ここ数日で「もしかしたら」という不安に変わってきました。

 

それは、「ロックダウン(閉鎖)」です。

 

日本ではまだ経験がないですし、気になりだしたら調べたほうが手っ取り早いと思い検索したところ、次のページを見つけました。

新型コロナ 感染拡大を防ぐための「ロックダウン(閉鎖)」で市民の生活はどう変わったか

 

上記事はすでにロックダウンの状況にある英国を取材したもので、冒頭に次がありました。

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、英政府は学校の休校措置に加え、レストラン、カフェ、バーなどに閉鎖令を出した。スポーツクラブ、映画館、劇場、レジャーセンターなどもなるべく早く閉鎖するよう要請された。ただし、日用品の買い物はできる。

 

東京がもしロックダウンされた場合、英国と同じ状況になるかはわかりませんが、私は上記から「とりあえず日用品の買い物はできるらしい」と少しホッとしました。

 

また、記事には次がありました。

歩を進めると、パブ、カフェ、サンドイッチショップ、ネイルショップ、靴屋、美容サロンなどが閉店の張り紙を出している。銀行や薬局、一部スーパーは閉店の予定はないようだったが、ある銀行は店舗内に入るには「咳をしないこと」など、注意事項を書いた張り紙を出していた。いったん入ったら、「ほかの顧客との間に1メールの間隔をあけてください」というメッセージも。
レストランやカフェはテイクアウト専門に変わっていた。

 

上記については、次がありました。

全体の7割ほどは閉店を予告していた。これが、「レストラン、バー、パブ、日用品販売以外の店舗を閉鎖してください」という政府の要請の結果なのである。

 

記事にはロックダウンになった場合の経済危機が指摘されていましたが、記事を読みながら、できることならなってほしくないと思いつつも覚悟はしておくべきと自分に言い聞かせた次第です。

 

2020年3月29日(日曜日)

首都厳戒の週末

外出自粛の週末、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

昨日の朝は、ネットニュースに首都厳戒の言葉を多く目にしました。

首都厳戒、外出自粛開始 感染爆発防止へ正念場

 

今朝には、次の記事が目に留まりました。

若者、東京で買い物やカラオケ 外出自粛「気にしない」「遅い」

 

昨日、国内では新たに208人の感染が確認されたそうです。

新型コロナ 新たに208人感染

 

上記事によれば、東京都では昨日63人の感染が確認されたそうで、週末の外出自粛の中、東京の繁華街に繰り出した若者たちは増え続ける数字に何も感じないのだろうかと考えてしまいました。

 

昨日の早朝、いつもより遅くウォーキングに出たことで周囲が明るくなり、近隣に咲いている桜が目に留まりました。

2020/ 3/28 5:49

 

私事ですが、このところPC不調に加え様々なトラブルが重なっていて、心身ともに全く余裕が持てない状況なのですが、↑の桜を見た瞬間に一時安堵を覚え、その桜は車の横行の激しい通りにある街路樹なので、「この桜もがんばっているから、私もがんばろう」と励まされた思いがしました

 

2020年3月28日(土曜日)

外出自粛

東京都の外出自粛要請を受け、私が住む神奈川県にも週末の外出自粛要請が出されています。

 

多くのメディアで報じられましたからご存じの方が多いと思いますが、東京都に外出自粛要請が出された直後からスーパーなどに人々が殺到していますね。

 

昨日も、店の前を通る人たちの多くが当店からほど近い西友で買い物をしてきたのだろうと思えるような荷物を持って歩いていました。

 

それで、「外出自粛時の行動の許容範囲」が気になって検索したところ、次のページを見つけました。

外出自粛要請 “不要不急”とは? 買い物はダメなの?

 

上ページに次がありました。

この「不要不急の外出」について東京都の担当者はスーパーや薬局などに食品や日用品、医薬品を買いに行くことや、病院への通院、仕事のため公共交通機関を使うこと、ランニングなど個人的な運動で公園を利用することなどを制限するものではないとしています。

ただ、特に用事がないのに外を出歩くことや密閉された場所に出向くこと、それに人と接触するような行動や大人数で集まったりすることは控えてほしいとしています。

 

多くの方は上記を理解していると思うのですが、それでも買いだめするのが人間の心理なのかと複雑な思いを感じました

 

国民の一人一人が自覚を持って冷静な判断で行動する必要があることを、特に元気な人たちには理解をお願いしたいです。

 


カレンダー
2020年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project