ホーム
2019年4月19日(金)21時29分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
37 人のユーザが現在オンラインです。 (37 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 37

もっと...
  投稿者 ‘管理者’ のアーカイブ

2019年4月14日(日曜日)

東大入学式での上野千鶴子さんの祝辞

多くのメディアで報じられましたから、ご存じの方もいらっしゃると思います。

平成31年度東京大学学部入学式 祝辞

 

上は、東大名誉教授の上野千鶴子さんが東大の入学式で述べた祝辞の全文です。

 

女子学生の置かれた現実を説きながら東大に入学した女子大生を励ます祝辞は、同姓として私の心に沁みました。

あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと…たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。

 

東大に入学した女子学生だけではなく、他の大学に入学した女子学生、そしてその他の多くの女性にも「がんばっても報われない社会」にくじけず、逞しく進んでほしいと願わずにはいられませんでした。

 

2019年4月13日(土曜日)

目の炎症

先週に定期健診に行ったばかりでしたが、一昨日当たりから左目に違和感が生じていました。

 

先週は網膜裂孔の3ヶ月ごとの定期健診だったのですが、その際の検査では異常なしだったにもかかわらず、春先だから炎症が出やすいのでしょう。

 

春先は「木の芽時」とも言われ、「季節の変化と病気の関係」にも次のように記していますように、湿疹などの炎症も生じやすい時期でもあります。

2月の節分を過ぎ、立春を迎える頃になるとアレルギー性の疾患が増えてきます。この「木の芽時」といわれる頃は、秋口と並んで生物界のホルモン代謝が最も変化する時期で、皮膚が痒くなったり、湿疹が出たり、鼻炎症状がひどくなったりします。身体中の血が騒ぎ、血圧が変動したり、のぼせがひどくなったりします。また、痔疾の人は出血しやすく、女性は生理が狂いがちになります。

 

目の話に戻りますが、昨日は視界が悪くなるほどの目ヤニが出たため、大方の診断は察せられたのですが、念のために眼科に行ってきました。

眼科では想定通り抗生剤とステロイド剤の点眼薬が処方されましたので、それを使用して様子を見ています。

 

皆さまも、今の時期のお体の変化にご注意なさってください。

 

2019年4月12日(金曜日)

過ぎたるは(-_-;)

次の記事が目に留まりました。

「便秘にはとりあえず食物繊維を……」でいいの?

 

上記事は偶然に目に留まったもので、1年半近く前にアップされた記事ですが、皆さまへの情報として投稿することにしました。

 

記事の筆者は栄養士さんとのことで、日本で初めての便秘のガイドライン「慢性便秘症診療ガイドライン2017」で定義されている「便秘」は次のものだと書かれていました。

本来体外に排出すべき 糞便ふんべん を十分量かつ快適に排出できない状態

 

栄養士である筆者は、便秘の相談を受けると次のように説明するそうです。

まず確認するのが「食事全体の摂取量と水分量」です。もちろん「食物繊維の摂取量」も重要ですが、まずはしっかりと3度の食事が取れているかです。

 

便秘の改善には食物繊維が重要ということを多くの方が理解していらっしゃると思いますが、記事には次がありました。

毎年、春になるとメカブが腸に詰まってしまった高齢の患者さんが消化器内科に来るのよ。内視鏡で見てみると、腸の中にメカブがぎっしり。やっぱり、なんでも食べすぎてはだめね。

 

実は、上記が今の時期に当てはまる情報だと思ったためこの投稿をしたのです。

メカブはおいしいですものね。

それに、スルッと喉を通ってしまうので、私も気を付けなければと思いました。

 

何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」ですね。

皆さまもお気を付けください

 

 

2019年4月11日(木曜日)

2019年4月のWindowsアップデート

第二水曜の昨日は、4月のWindowsアップデートのリリース日(日本時間)でしたね。

 

毎月同じことを書いてほんとうに申し訳ないのですが、これも何度も書いていますようにWindowsアップデートではトラブルに多く遭っているため、数日前から不安が大きくなるような小心者とご理解いただき、どうかご容赦願います。

 

昨日の朝はいつもより早く起き(私の起床時間のことは何度か記していますが、朝とは言えない時間です)、気合を入れて最初のPCを起動しました。

 

作業を最初に始めたのは一番新しいWindows10のPCです。

その機種を一番に選んでいるのは一番トラブルが出にくいだろうという思いからであり、最初に躓きたくないためです

 

次に二番目に新しいWindows10の作業、次に3番目のWindows10、次に4番目のWindows10、最後に一番トラブルが起きそうなWindows8.1と進みました。

 

当然のことですが、最初に始めた機種から再起動となり、今月は特にトラブル無く、5台とも無事(今のところは)にアップデートを終了しました。

 

念のためにネットで不具合情報を探しましたが、4月分に関しては特に大きな不具合情報は見つかりませんでした。

そのため、一応様子を見ることにして、バックアップを取って昨日の作業完了としました。

 

2019年4月10日(水曜日)

グレープフルーツ離れ?

次の記事を読みました。

家庭での消費が激減“グレープフルーツ離れ” 名前が浮かんでこない若者も、その理由とは

 

上記タイトルが目に入った際、私は「グレープフルーツは柑橘類の中でも見分けがつきやすいのに?」と思ったのですが、記事を読んで妙に納得させられてしまいました。

 

記事にはグレープフルーツ離れの原因として、食卓事情に詳しい専門家の次の言葉が載っていました。

日本のミカン類がおいしくなったことだと思います。もうひとつの理由としては、ジュースとかスムージーで飲むことが多くなった。コンビニエンスストアでもおいしいジュースが手軽に手に入るようになったので、わざわざ手を汚して果物をむいて食べることが少なくなったと思います。

 

以前、「若者は皮を剥いて食べる果物や手が汚れる果物を食べなくなった」と何かの記事で読んだ記憶がありますが、やはり、グレープフルーツ離れもそれが起因しているようです。

 

将来はリンゴやナシなども嫌われるようになるのでしょうか。

時代の流れと思えばそれまでですが、なぜか寂しい思いを感じました。

 


カレンダー
2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project