ホーム
2019年10月16日(水)3時40分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...
  投稿者 ‘管理者’ のアーカイブ

2019年7月12日(金曜日)

高齢者・入浴時の注意

次の記事が目に留まりました。

高齢者入浴中の事故、熱中症8割超 ヒートショックは1割未満

 

高齢者の入浴中の事故というと、冬に起きやすいヒートショックが思い浮かぶ方も多いかと思いますが、記事には高齢者の入浴中の事故のうちヒートショックが原因と思えるものは1割未満だったと記されていました。

 

記事の冒頭に次がありました。

入浴中に浴槽で体調を崩した高齢者のうち、8割以上が熱中症かその疑いのあることが7日、千葉科学大の黒木尚長(ひさなが)教授(法医学・救急救命学)の調査で分かった。急激な温度差が体に悪影響をもたらす「ヒートショック」は1割未満だったことも判明。死亡事故の場合も同じ傾向があるとみられる。入浴の際にはヒートショックの危険性が指摘されてきたが、定説が覆る可能性が出てきた。

 

また、記事にはアンケート結果として次が記されていました。

黒木氏は29年12月、65歳以上の男女3千人を対象にインターネットで入浴に関するアンケートを実施。入浴中に具合が悪くなった人は10・8%に上り、症状などから熱中症が62・2%、熱中症の疑いが22・0%だった。ヒートショックの疑いは入浴前後を合わせても7・1%にとどまった。

 

高齢者の入浴中の事故というと、今まではヒートショックと結びつけて語られてきたわけですが、実際は熱中症によるものだった可能性もあるそうです。

黒木氏によると、体温37度の人が全身浴をした場合、湯温が41度だと33分、42度だと26分で体温が40度に達する。この結果、入浴中であっても重度の熱中症の症状が出て、意識障害を生じるリスクが高まる。そのまま入浴を続け、体温が42・5度を超えれば突然死することもある。

黒木氏は「高齢者は神経系の老化で熱さを感じにくく、長時間浴槽につかる傾向にあり、熱中症の初期症状が出ないまま意識障害に陥ることも多い」と説明。予防には湯温41度以下、入浴時間10分以内を目安とするほか、こまめに体温を測ることも有効だという。

 

入浴中に体温を測る習慣を持つ方は少ないと思いますが、それが事故を防ぐ対策とのことすので、ご自身が高齢の方や高齢のご家族がいらっしゃる方では特にお気を付けいただければと思います。

 

2019年7月11日(木曜日)

2019年7月のWindowsアップデート

昨日は第二水曜でしたから、定例のWindowsアップデートリリース日(日本時間)でしたね。

 

Windowsアップデートについては、毎月同じような投稿をしていて申し訳ございません。

これも毎月のように書いていますが、アップデート日が近づくと不安になり、昨日も「無事に完了するように」と祈りながら作業を開始しました。

 

このような状況を多くの方は大げさにお思いと察しますが、アップデートでは何度もトラブルに遭っているためとご容赦願います。

 

ここ数カ月はこれと言ったトラブルもなく完了しているにもかかわらず、昨日も不安を抱きながら作業をしましたが、5台とも躓くことなくアップデートを完了しました。

 

ただ、4台あるWindows10に関して、更新の画面で「ダウンロード」と書かれたボタンが表示される機種と表示されない機種があり、ボタンが表示される機種に関してはそのボタンをクリックしないとダウンロードが始まりませんでした。

 

更新の確認からすぐにダウンロードされるものと思っていた私はダウンロードボタンに気づかず、待てど暮らせど始まらないダウンロードに「」でしたが、よくよく見るとダウンロードというボタンが表示されていて、それをクリックしてダウンロードが始まった機種が一台ありました。

この機種に関しては設定を変えたわけではないので、他のWindows10の機種となぜ違うのかが疑問として残りました。

 

アップデート完了後、念のために不具合をネット検索しましたが、今月のプログラムに関しては特に不具合情報はなかったため、バックアップを取って作業完了とりました。

 

ネット検索した際、早くも秋のアップデートに関するニュースが出ていたので、「春のアップデートが終わったばかりなのに」と思った次第です

 

2019年7月10日(水曜日)

ゆうちょ銀行を装った偽メールに注意

ゆうちょダイレクトをご利用の方はご注意ください。

 

私も利用者なのですが、昨日、ゆうちょ銀行から次のメールが届きました。

多くの方に知っていただきたいので、全文をコピーします。

平素は、ゆうちょ銀行をご利用いただき、誠にありがとうございます。
※本メールは、ゆうちょダイレクトをご利用いただいているすべてのお客さまにお送りしています。なお、ゆうちょ銀行Webサイトにも掲載しています。

1 ゆうちょ銀行を装った偽メールについて
ゆうちょ銀行を装ってメールを送信し、メールに記載したリンクからゆうちょ銀行Webサイトと見た目がそっくりなフィッシング(詐欺)サイトに誘導後、パスワードを入力させて盗み出し、お客さまの口座から不正に送金される事例が多発しています。

弊社から「お客さま番号、ログインパスワード、ワンタイムパスワード」を入力するリンクを記載したメールを送信することはございません。
受信したメールに記載されたリンク先にお客さま番号等を絶対に入力しないでください。

2 ゆうちょダイレクトへのアクセスについて
フィッシング(詐欺)サイトは、ゆうちょ銀行Webサイトをコピーしているため、ほぼ同じ見た目をしており、サイトの見た目だけで本物のサイトかどうか判断することは大変危険です。
ゆうちょダイレクトにアクセスする際は、メールに記載されたリンクからではなく、検索サイトでの検索やお気に入り登録からアクセスすることを徹底願います。
なお、お気に入り登録する際はゆうちょ銀行トップページを登録されることをお勧めします。

3 偽メールの文面について
今月送付されている偽メールには、ゆうちょ銀行からの本物のメールと誤認させるため次の特徴があります。
ア 差出人としてゆうちょ銀行を偽装。
イ メール本文にゆうちょダイレクトサポートデスクの本物の連絡先をあえて記載。
ウ メール本文にリンク先としてゆうちょ銀行WebサイトのURLを記載しているが、クリックすると別のURLに遷移(見た目はゆうちょ銀行Webサイトとほぼ同じ)。
このように偽メールは非常に巧妙です。メールに記載されたリンク先にお客さま番号等を絶対に入力しないことを徹底願います。
なお、今月送付されている偽メールの文面例は次のとおりです。
【偽メールの文面例】
--------------------------------
差出人:【ゆうちょ銀行】<information@jp-bank.japanpost.jp>
件名:ゆうちょダイレクトをより安全にご利用いただくため
最近、ゆうちょ銀行はお客様の口座資金のセキュリティを高めるために、全面的にシステムのバージョンアップを行いました。すぐに口座の更新をお願いします。もしバインディングしているのがトークンの場合、更新する前にトークンを用意してください。トークンをバインディングしていない場合、メールにログインしてください。

こちらのURLをクリックしてください
ht●ps://www.jp-bank.japanpost.jp/●●●/●●●/●●●

■ゆうちょダイレクトのセキュリティに関するお願い
ゆうちょダイレクトをより安全にご利用いただくため、以下のセキュリティ対策の実施をお願いいたします。
●トークン(ワンタイムパスワード生成機)のご利用(無料)
●OSやインストールしているソフト等は常に最新の状態で使用
●メーカーのサポート期限が経過したOSやソフト等は使用しない
●ウイルス対策ソフトの導入および最新の状態への更新
●不正送金対策ソフト「PhishWallプレミアム」のご利用(無料)
●携帯電話?スマートフォンのメールアドレスを登録
●送金などの操作を行う端末と別の端末で受信するメールアドレスを登録
申し訳ございませんが、このメールへの返信はお受けしておりません。
※この度のお取り扱いに関し、ご不明な点がございましたら、次の連絡先までご連絡をお願いいたします。
※このメールにお心当たりのない方は、至急ご連絡をお願いいたします。
ゆうちょダイレクトサポートデスク
電話:0120992504(通話料無料)
お取扱時間:平日 8時30分21時
土日休日 9時17時
(12月31日1月3日は、9時17時)
ゆうちょ銀行
--------------------------------
※このお知らせは、2019年7月5日現在、ゆうちょダイレクトの「取扱確認メール」の通知を希望されているメールアドレスあてにお送りしております。

【お問い合わせ先】
  ゆうちょダイレクトサポートデスク
  0120-992-504(通話料無料)
  <受付時間>
  平    日:8:30~21:00
  土・日・休日:9:00~17:00
  ※12月31日~1月3日は、9:00~17:00
  ※携帯電話・PHS等からもご利用いただけます。
  ※IP電話等一部ご利用いただけない場合があります。
■――――――――――■
株式会社ゆうちょ銀行
東京都千代田区丸の内二丁目7番2号

 

点線で囲われた青字(実際のメールは本文と同じ黒文字ですが、判別しやすいように青字にしました)部分が、偽メールの内容です。

 

偽メールの内容は、ゆうちょ銀行からの正規のメールをコピーしたのだろうと思える部分も紛らわしいのですが、取扱時間等の記載から送信元は外国かと思える部分があります。

 

ゆうちょ銀行の注意喚起にありますように、次が偽メールの特徴ですので、ゆうちょダイレクトをご利用の皆様は誤認なさぬようお気を付けください。

ア 差出人としてゆうちょ銀行を偽装。
イ メール本文にゆうちょダイレクトサポートデスクの本物の連絡先をあえて記載。
ウ メール本文にリンク先としてゆうちょ銀行WebサイトのURLを記載しているが、クリックすると別のURLに遷移(見た目はゆうちょ銀行Webサイトとほぼ同じ)。

 

2019年7月9日(火曜日)

サンゴとプラスチック

プラスチックゴミは大きな危惧を抱かせる問題となっていますが、昨日は次の記事を読みました。

マイクロプラスチックを好んで食べるサンゴ

 

記事を読む前、マイクロプラスチックはサンゴにも悪影響を与えているのだろうという察しは付いていたのですが、サンゴがマイクロプラスチックを本来のエサよりも好んで食べたという結果には大きなショックを受けました。

アルテミアの卵かマイクロプラスチックか――2つの選択肢を与えられたポリプは、すべてがアルテミアの卵よりマイクロビーズを2倍近く摂取した。栄養価のないマイクロビーズで空腹が満たされると、ポリプたちはアルテミアの卵を食べることもやめた。

カリフォルニア州サンディエゴにある米海軍太平洋情報戦センターの科学者で、今回の研究に参加したジェシカ・カリリ氏は「この結果は、とてもショックでした」と話す。「触手が届く範囲に浮かぶ粒子を仕方なく受動的に食べているのではなく…残念ながら、本物の餌よりプラスチックを好んで選んで摂取したのですから」

 

「マイクロプラスチックに付着した菌によって病気になるサンゴが増えるだろう」と記事には記されていましたが、記事に記された研究者の次の言葉が重く心に残りました。

「私たちが海にもたらした混乱には、恐怖すら覚えます」

 

2019年7月8日(月曜日)

ひきこもりと入院

漢方薬のことで時々来店されるAさんから、甥御さんのことで相談を受けたのが2ヶ月くらい前でした。

 

Aさんの甥御さんは18歳で、高校2年の頃にいじめを受けてから不登校になり、大学受験にも失敗して完全なひきこもりになったそうです。

 

その甥御さんのお母さんがAさんの妹さんだそうで、妹さんも心を痛めているため、甥御さんに良い漢方薬があれば購入したいという相談でした。

 

私は本人に服用の意思がない可能性が高いだろうし、ひきこもりは漢方薬での対応は難しいことを説明したのですが、お母さんである妹さんも心身共に弱っているということで、妹さんの漢方薬を購入していかれました。

 

その後、その甥御さんのことが気になっていたのですが、昨日、Aさんが来店され、「甥っ子は入院しました」とおっしゃいました。

 

私は「よく受診されましたね。ご両親と話し合われたのでしょうか」と言うと、Aさんは「ほとんど強制的に入れたんです」と返答されました。

 

Aさんによると、甥御さんの父親が「家に置いておけないから、入院させろ」と言ったそうです。

父親は、川崎通り魔事件が起きてから「息子を家に置いておけない」と考えるようになったようだとのことでした。

またAさんは、妹さんが「別の病院では精神疾患ではないと診断されたが、入院させてくれる病院があったから入院させた」と言っていたともおっしゃいました。

 

私はそれを聞き、何と言って良いか返答に詰まってしまいました。

 

甥御さんは入院後は薬が処方され、薬物治療を受けているそうです。

薬が処方されているということは何らかの疾患の診断が出ているということでしょうが、本人の意思ではなく入院という状況になってしまった今は、甥御さんのために薬物治療が効くことを祈らずにはいられませんでした。

 


カレンダー
2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project