ホーム
2020年1月19日(日)22時53分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
  投稿者 ‘管理者’ のアーカイブ

2019年10月17日(木曜日)

気温の変化に注意

朝晩を中心に急に冷え込むようになりましたね。

その分、日中との気温差で体調を崩しやすいですから、皆さまお気を付けください。

 

私も朝晩の冷え込みに身体が付いて行けずに自律神経失調気味で、服を着こんだり脱いだりしています

 

チーム森田の”天気で斬る!”に次が記されていました。

木曜日夜から金曜日夜までの24時間予想雨量は、多い所で関東南部、甲信地方で50から100ミリ、関東北部でおよそ50ミリとなっています。

低気圧や前線の状況で雨量の予想が変わりそうですので、どうぞ、今後の予報もこまめにご確認いただき、備えていただければと思います。

 

台風19号の被災地にも雨予報が出ていますね。

被害が広がらないことを祈るばかりです。

 

2019年10月16日(水曜日)

武蔵小杉の浸水

台風19号の被害の甚大さには、心が痛むばかりです。

 

私の住む地域でも、多摩川の氾濫によって多くの場所で被害が出ました。

その中でも、武蔵小杉のタワーマンションの浸水には大きな驚きを覚えました。

 

TVのニュースでも報道されましたからご存じの方もいらっしゃると思いますが、高層マンションの地下3Fにある電気システムが冠水によって影響を受け、24階から下は停電が続いているそうです。

 

ちなみにそのマンションは47階建てで、25階から上の階は屋上の電機システムによって電気は供給されているものの、エレベーターが使用できないため昇降は階段を使わなければならないそうです。

 

断水もしてトイレも使えない住民の方たちの多くが近くのホテルに泊まっているそうですが、身近で設備が整ったタワーマンションでの出来事に、私自身も電気に依存している生活を思うと背筋が寒くなる思いがしています。

 

復旧には時間のかかる地域も多いようですから、被災した方々にはどうか気力を失わないでいただきたいと願うばかりです。

 

2019年10月15日(火曜日)

巻き爪と陥入爪

しばらく前から、足の爪の軽いくい込みが気になっていました。

 

自分では巻き爪だと思っていたのですが、偶然に読んだ次の記事から、私の症状は陥入爪の可能性が高いように思いました。

巻き爪・食い込んだ爪 カールしないよう爪を広げる

 

上記事には、巻き爪の説明が次のように記されていました。

「巻き爪」は爪のフチがカールして、爪が指先の皮膚に当たったり、皮膚を巻きこんだ状態を指し、ひどくなると、痛みが生じることもある。
巻き爪の原因は、外反母趾と同じように先が細いヒールのある靴を履くことにある。「足指が締め付けられ、爪が圧迫される」と、湘南台青木形成外科クリニックの青木文彦院長は説明する。外反母趾の足も巻き爪を起こしやすい。

 

陥入爪に対しては、次が書かれていました。

巻き爪と勘違いしやすいものとして「陥入爪」という病気がある。陥入爪とは爪のフチが皮膚に食い込んでいる状態で、やはり痛みが出る。陥入爪は平べったい爪でも起き、巻き爪と陥入爪が併発することもある。
陥入爪は、主に誤った爪の切り方が原因だ。「爪を短く切り過ぎてしまったり、爪の角を切り落としてしまったりすると、爪が伸びるにつれて両端のフチが皮膚に突き刺さってしまう」

 

私の場合、思い当たるのは爪の切り方で、食い込まないようにと爪の角を切り落としていたことで反って悪化させてしまったようです。

記事に「再び爪を短く切らないことが大切」とありましたから、今後は気を付けようと思います。

 

同じような症状の方がいらっしゃったら、巻き爪と陥入爪では予防法も異なるようなのでお気を付けください。

 

それにしても、上ページの巻き爪と陥入爪の比較画像は重症の方だと思うのですが、さぞや痛いだろうと察せられました。

記事に登場する湘南台青木形成外科クリニックの患者さんのようなので、治療が奏功して完治なさっていることを願いたいです。

 

2019年10月14日(月曜日)

水害に遭ったら

台風19号の被害が明らかになるにつれ、被害の甚大さに心が痛むばかりです。

台風19号 31人死亡 15人行方不明 186人けが(2019年10月14日 1時11分)

台風19号 被害甚大【決壊】21河川24か所【越水】のべ142河川に(2019年10月13日 20時56分)

 

被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

 

昨日、次が目に留まりました。

「水害にあったら、どうすればいい?」このチラシが、とてもわかりやすい

 

上ページにリンクがあった次を早速開いてみました。

震災がつなぐ全国ネットワーク(震つな)

 

上ページに載っているチラシはダウンロードできるようになっていましたので、私もダウンロードし、家族にも見せるためにプリントしました。

 

チラシに載っている事項はすでに知っていたものと初めて知ったことがありましたが、画像と文字での表示が簡潔でわかりやすかったです。

いざという時には慌ててしまうと思いますから、プリントしたチラシを時々読んで頭に入れておこうと思いました。

 

今回被災されなかった方々も、他人事とお考えにならずに、ぜひ目を通されることをお勧めしたいと思います。

 

2019年10月13日(日曜日)

台風その後

昨夜は不安な中で過ごした方が多いのではないでしょうか。

 

私は浸水しやすい調剤室が気になり、夜中も何度も起きて確認したために寝不足ですが、我が家ではほとんど被害はありませんでした。

夜中には雨も止み、朝には台風一過の青空でした。

2019/10/13 6:15

 

ただ、私の住む川崎市では、多摩川の氾濫で多くの地域に避難勧告が出されました。

今朝、ニュースで確認すると、歩いていける地域でも浸水したことを知りました。

 

ニュースでは、多くの地域に被害が出ていることを報じていました。

今後も警戒しなければならない地域もあると思いますし、地盤が緩んで土砂災害が起きやすい地域もあるとのことですから、該当地域にお住まいの方はどうかお気を付けください。

 

一夜明け、これから被害状況が明らかになるのだと思いますが。被害が広がらないことを祈るばかりです。

 


カレンダー
2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project