ホーム
2020年9月20日(日)6時41分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
  投稿者 ‘管理者’ のアーカイブ

2020年6月17日(水曜日)

お風呂のカビ対策

我が家の浴室は窓が小さく換気しにくいため、毎年、今の時期はカビ対策に悩まされます。

 

昨日は次の記事に目が留まり、「ああ、今年もカビの時期だ」と思いながら読みました。

風呂のカビ対策、浴室を出る前にかけるのは「お湯」or「冷水」どっちが正解?

 

上記事の内容に特に目新しいことはなかったのですが、入浴後にシャワーで簡単に流すだけではカビを防げないので、やはり拭き取らないとダメだと思いました。

できれば壁や床の水滴をスクイージーやタオルで取り除くと、より効果的です。

 

でも、これチョッとたいへんじゃないですか。

背の低い私じゃ届かないところも多いので、今年もカビ取りは主人に頼むことにします

 

 

2020年6月16日(火曜日)

もうすぐ夏至

昨日の夜7時ごろ、ふと屋上に出てみるとまだ明るかったので、「もうすぐ7時なのに」と驚きました。

2020/ 6/15 18:55

 

考えてみると、次の日曜が夏至なんですよね。

 

年と共に月日の経つのが早く感じられるようになりましたが、「新年になったと思ったら、もう半分過ぎてしまった」と思わされました

 

今年はコロナのこともありましたし、孫たちの成長に追われるように日々が過ぎて、例年に増して月日の経つ速さを感じています。

 

若いころは成果なく日々が過ぎるのが怖かったのですが、年齢が上がるにつれ、平穏に日々が過ぎることを願うようになりました。

 

仕事が終わって屋上に出た時に見えた空が思いのほか明るかったので、いろいろと思いを巡らせてしまいました

 

2020年6月15日(月曜日)

マスクの消費期限

次のタイトルに一瞬「」と思いましたが、読んで納得しました。

マスクにも「消費期限」があるって、知ってた?

 

その「消費期限」について、記事には次のように書かれていました。

実は、一般に販売されている不織布マスクには、いわゆる「消費期限」、使用期限があるそう。
ウイルスや菌の侵入を防ぐための静電気を帯びたフィルターは、3年ほどしか効果を持続できないそうです。

 

この「消費期限」は、実際に患者さんの対応に携わる医療従事者にとっては重要ですね。

 

政府が配布したガーゼマスクや手作り布マスクなどはウィルスや菌の侵入を防ぐことに関してはあまり期待はできないと思うのですが、このところ様々なメーカーが手掛け始めた夏向きのマスクなどはどうなのでしょう。

気になるところです。

 

ちなみに、使用期限と消費期限の違いについては、次のページにわかりやすく説明されています。

「賞味期限」「消費期限」「使用期限」の違いは何ですか?

 

2020年6月14日(日曜日)

台湾の新型コロナ対策

台湾の新型コロナ対策については多くのメディアで取り上げられていましたから、ご存じの方も多いかと思います。

 

台湾政府が新型コロナ感染を逸早く封じこめた記事のいくつかを私も興味深く読みましたが、次の記事はわかりやすく説明されていたので納得しながら読みました。

なぜ台湾は新型コロナの市中感染を防げたのか…マスクと八つの「新しい生活スタイル」

 

記事の冒頭に次がありました。

台湾政府は7日、新型コロナウイルスの封じ込めにめどを付けたとして、感染予防の一環として義務付けていたイベントなどの入場制限を解除した。台湾は当初から都市封鎖(ロックダウン)や外出制限といった強制的な措置は取らず、行動を自主規制するように指導してきた。その結果、8日現在で感染者は443人、隔離解除は430人で、死者は7人にとどまり、長期間にわたって新たな感染者が出ていないことから、現在は段階的に通常の暮らしに戻るよう呼び掛けている。この台湾の「成功」から、何が学べるのだろうか。

 

次に国民健康保険カードのIDナンバーを端末に差すことでマスクが買えるシステムについて書かれ、それに対する国民の反発もなかった理由について下記がありました。

新型コロナウイルス対策は、一定の私権の制限を伴うため、「強権的な国家の方が、効率よく防疫ができるのではないか」といった意見を目にすることがある。しかし、民主主義体制の台湾は、今のところ感染拡大を食い止めるのに成功している。台湾は、都市封鎖を選ばずに、それと同等の効果を得た。その背景には、感染に関する情報提供の透明性と、市民の自主性を生かす方針が、政府への信頼感につながったことがある。中でも、マスクなどの防具を、医療従事者を最優先して配布したことは大変評価された。国民健康保険カードの番号から、病院が入管当局の保管する個人情報にアクセスできるようにするなど、私権を制限する一定の措置を取っているものの、目立った反発は起きていない。

 

私は上記から、台湾の封じ込め成功には政府の迅速な対応に対する国民の信頼があったっからこそだと改めて思いました。

 

「政府への信頼」、今の日本はどうでしょうか。

言葉がありません

 

2020年6月13日(土曜日)

高温多湿

関東地方も2日前に梅雨入りしましたし、全国的に高温多湿の日々が続いていますね。

 

まだ高温多湿に体が慣れていないため、特に高齢者は熱中症に注意が必要な時期ですが、今年はマスクが必須の日常のため、例年より熱中症関連で搬送される方が増えるのではないかと危惧しています。

 

そして、今は熱中症と共に食中毒に注意が必要な時期でもあります。

 

梅雨入り宣言を聞いて油断大敵と思っていたところ、昨日、次の記事が目に留まりました。

食中毒に注意…予防するための共通のポイントとは?

 

上記事は「食中毒の原因となる細菌とは」「食中毒を予防するために」「食中毒を疑った時は」等の項目に分けてわかりやすい説明がありますから、特に身近に2歳以下の乳幼児や高齢者、妊娠中の女性、免疫機能が低下しているご家族がいらっしゃる方ではご一読をお勧めしたいと思います。

 


カレンダー
2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project