ホーム
2019年4月19日(金)21時28分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
35 人のユーザが現在オンラインです。 (35 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 35

もっと...
  投稿者 ‘管理者’ のアーカイブ

2019年1月14日(月曜日)

認知症をどう生きるか

以前にも認知症に関する投稿をしましたが、常に気にしているためか、昨日も次の記事に目が留まりました。

「認知症をどう生きるか」――当事者たちが「働く」理由

 

冒頭に次が記されていました。

厚生労働省の試算では、認知症の人は2025年、730万人に達するとされている。現在の埼玉県の人口に匹敵する数だ。認知症というと、「何も分からなくなるのではないか」といった懸念は根強く、認知症を怖れる人は少なくない。だが、認知症の人たちが「有償ボランティア」として働いたり、地域の活動に従事したりしているデイサービスを運営するNPOがある。彼らが働くのはお金のためではない。働くこと、それ自体が彼らのためにも、社会のためにもなっているからだ。

 

私は、認知症の方たちが有償のボランティアとして働いているという情報を初めて知りました。

記事に登場する洗車のボランティアをしている認知症の方たち4人のうち3人は、東京都町田市のデイサービス「DAYS BLG!」(NPO法人町田市つながりの開)に通っていると書かれていて、次が記されていました。

この施設は販売店からの洗車の業務を請け負い、月3万円「謝金」を受け取っている。

 

そして、次が記されていました。

2012年8月に開設された「DAYS BLG!」には58〜85歳の認知症当事者19人が通う。この施設の特徴は、認知症の利用者が最低賃金を超えない範囲で、活動に対して謝金などを得られる「有償ボランティア」として地域で「仕事」に従事していることだ。介護保険サービスの中で、通所者がボランティア報酬を受け取ることは厚生労働省も認めている。

仕事には、冒頭のような自動車販売店の展示車の洗車をはじめ、保険代理店のノベルティーグッズ袋詰め(1000円・1回)、地域新聞「ショッパー」のポスティング(3円・1部)、野菜の配達(450円・1時間)、Tシャツの発送(775円・1時間)などがある。

 

「DAYS BLG!」を運営するNPO理事長の前田隆行氏(41)が語った言葉に私も納得でした。

そもそも認知症になっても、人は自分のことは自分でしたいもの。本人の気持ち抜きに本人のことを決めてはいけないし、本人が何をしたいのか、それを知ることが始まり。認知症になっても、多くの人は『仕事がしたい』『社会の役に立ちたい』という気持ちがある。であるなら、それを実現したほうが、彼らのためにもなると思うのです。

 

2019年1月13日(日曜日)

ぬかよろこび

昨日、ほぼ日を開き、まず目に入った「今日のダーリン」を読み、続いて前日(1月11日)の「今日のダーリン」を開いたところ、「ぬかよろこび」について書かれていました。

 

その文面を読み、私は「ぬかよろこび」ができないため、文中にあった次の文面に考えさせられました。

「ぬかよろこび」のタネを見つけて、ほんとは不確かなものに飛び上がってよろこべるのも、自然で、大事な才能じゃないかと言いたいんですよね。

 

「今日のダーリン」については糸井重里が書く日替わりエッセイ、「今日のダーリン」のバックナンバーについて。に書かれているようにバックナンバーがありません。

「今日のダーリン」は、基本的には、「毎日、更新されて、毎日、消えていくコンテンツ」というふうにとらえていただければ、と思います。

 

そのため、「ぬかよろこび」の文面をご紹介できずに申し訳ございません。

 

私もその主旨に沿って「才能」の部分だけを載せさせていただきましたが、後を考えて「ぬかよろこび」を抑えてしまうより、失敗した際の」落胆を恐れずに「ぬかよろこび」できる人がうらやましく思えた「きょうのダーリン」でした。

 

2019年1月12日(土曜日)

続Windowsアップデート不具合情報

2日前にWindowsアップデートの投稿をしましたが、その時に記したwifi接続トラブル以外にも今月は多くの不具合が出ているようです。

2019年1月度、WindowsUpdateの不具合まとめ

 

中でも、Microsoft Excel 2010用更新プログラムKB4461627の次の不具合に遭遇した方は多いようです。

Microsoft Excel 2010用更新プログラムKB4461627を適用後、Excel 2010でファイルが開けなくなったり、ファイルを開いた瞬間クラッシュしたり、Excel 2010自体が起動しなくなるなど、動作異常を起こす不具合が発生しています。

 

上記に関してはKB4461627の配信が中止されましたが、すでにインストールしてしまった場合はアンインストールすることで不具合は改善するとのことです。

ちなみに、KB4461627は新元号に対応するためのパッチだそうです。

 

私の手持ちのPCでは1台のみExcel2010を使用していますが、アップデート作業をしたのがすでにKB446162が配信中止(1月3日配信、1月5日中止)後だったため、難を逃れたようです。

 

アップデートに関してはMicrosoftさんも公開前に検証しているのでしょうが、なぜこんなにも不具合が出るのでしょう。

私にとって第二水曜の不安が更に大きくなりました

 

2019年1月11日(金曜日)

腰痛の治し方

yomiDrの中で別の記事を探していたところ、次の記事が目に留まりました。

腰痛持ちの方は多いと察しますし、正しい治し方を知っていただければと思います。

ぎっくり腰は「動かして治す」…腰痛の改善と治療の新常識

 

記事には、腰痛の新常識として次が挙げられていました。

*3日以上の安静は逆効果
*動かして治す
*原因の85%はわからない
*原因は腰だけではない
*自分でコントロールできる

 

安静が勧められないことについては、次が記されていました。

世界の多くの国の診療ガイドラインには、ぎっくり腰を代表とする腰痛が起こった場合は3日以上の安静は良くなく、痛みの範囲内で動いた方が良いとされています。様々な研究結果から、3日以上安静にした人の方が、ふだん通り動いた人よりも、その後の経過が悪いことが分かってきたのです。腰痛への認識は、以前と大きく変わってきています。

 

記事は2年前に書かれたものですが、今でも↓は変わっていないと思います。

腰痛は動かしながら治し、予防するのが世界標準の考え方です。

 

ただ、次の場合には安静が必要と記されています。

糖尿病や免疫が低い病気を抱えている人が、運悪く腰に細菌がついてしまう化膿性脊椎炎の場合や、骨粗しょう症に伴い骨折してしまった時などでは、一時的に安静が治療として必要です。

 

記事には「これだけ体操」という腰痛予防・改善の助けとなる体操も紹介されていますので、特に腰痛持ちの方には一読をお勧めしたいと思います。

 

2019年1月10日(木曜日)

2019年1月のWindowsアップデート

昨日は第二水曜でしたので、新年初めてのWindowsアップデートリリース日(日本時間)でしたね。

毎月同様の投稿で申し訳ないのですが、Windowsアップデートでは何度もトラブルにあっているためとご理解願います

 

昨日は、まず最初に一番新しい機種のWindows10(1809)から作業を始め、順番にWindows10の2台目、Windows10の3台目、Windows10の4台目、そしてWindows8.1のPCと進みました。

 

結果としては、昨日の作業は思いのほかスムースに進みました。

記憶に残る中では一番順調だったように思います

 

作業完了後、ネットで検索したところ、トラブル情報がありました。

2019年1月9日のWindowsUpdateによるトラブル/障害情報。

本日1月9日(水)のWindowsUpdate(Windows10)で更新プログラムを適用すると、サードパーティー製のアプリケーションで無線LAN(wifi)の接続ができなくなる不具合が発生しています。マイクロソフトもこの不具合を把握しており、1月中旬をめどに解消する予定とのこと。
Windows10の1809向け(KB4480116)、1803向け(KB4480966)、1709向け(KB4480978)。
それまでの対処法は該当の更新プログラムをアンインストールすることで解決します。

 

同様の情報は次のページにもありましたが、私の手持ちのPCではまだトラブルの把握ができていません。

とりあえずアップデート作業は完了として様子を見るつもりです。

2019年1月9日のWindowsUpdate後、Win10全バージョンでホットスポットの認証が上手くいかなくなる不具合

 


カレンダー
2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project