ホーム
2020年4月05日(日)23時09分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
14 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...
  投稿者 ‘管理者’ のアーカイブ

2019年11月13日(水曜日)

親が認知症になったら

ブログにも何度か投稿していますが、私は認知症の親の介護の経験から認知症の介護に関する記事には関心が高いため、次の記事もタイトルの意味が気になって読みました。

認知症の親には「赤ん坊は2階で寝た」と言え

 

筆者を知らずに記事を開いたところ、阿川佐和子さんの記事でした。

 

阿川佐和子さんの介護体験のことは以前に投稿したことがありましたし、阿川さんは娘の中高の先輩でもいらっしゃるため同窓誌などでも拝見することが多く、勝手に親しみを持っているため、記事は一層関心を持って読みました。

 

阿川さんのエッセイは、決して軽い内容ではない場合も読みながら重苦しさを感じず、時にはフッと笑うような箇所があったりして、今回も最初から最後まで一気に読んでしまいました。

 

タイトルの「赤ん坊は2階で寝た」に関する箇所は後半にあり、次のように書かれていました。

そしていま、私が実践しているのは、母の頭の中の妄想や景色に付き合う方法で、意外と楽だし面白いんです。たとえば、母はいつの間にか、夢と現実とが混ざっているような状態になって、「さあ、寝ますよ」というと「ちょっと待って、赤ん坊をどうするの」といってきます。そういうときは「赤ん坊はね、さっき2階で寝ましたよ」と返します。そうすると「ああ、そうか」といって安心します。
そもそも学習させること自体が無理なんで、まずこれを認識するのが大事。もう1つは、否定をしないこと。「赤ん坊はいないのよ、わかった?」と言い聞かせても、認知症の母は赤ん坊が気になってしょうがないわけです。だったら、解決するには「赤ん坊はいるんだけど、もう寝ちゃったから大丈夫」と安心させたほうがいいわけです。

 

私は実際の介護中、上記のような切り返しはできませんでした。

心身ともに余裕がなく悶々とするばかりでしたので、今思うと義母や母に申し訳なかったと思います。

 

記事の次の箇所ではフッと笑いそうになって、阿川さんのことを「可愛い方」だと思いました

父があまりにもガンガン理不尽なことや文句をいい続けたときは、頭にきて預かっていた父のデパートの家族カードで自分のブラジャーを買ってやったんです。あれは心の底からスカーッとしましたし、「ちょっと悪かったかな」と思って父に優しく接することができるようにもなりました。

 

以前の投稿にも書きましたが、この記事も介護中の方はもちろん、若い方々にも将来の介護のためにぜひお読みいただきたいと思いました。

 

2019年11月12日(火曜日)

67歳女性が女児出産

仰天の記事でした。

67歳女性が女児出産、天から授かった!と名前は「天賜」

 

記事には、次のように書かれていました。

中国東北部山東省棗荘(そうしょう)市で、67歳の女性が10月下旬、帝王切開により2.6キロの女児を出産した。これは中国における最高齢出産記録で、これまでは2016年に男児を産んだ吉林省長春市在住の64歳女性が最高齢だった。

 

以前、インドの74歳の女性が体外受精で妊娠したという記事を読んだ際にも驚きましたが、上記事のほうがもっと驚きました。

 

なぜなら、上記事には体外受精とは書かれていないので、自然妊娠なのかと思ったためです。

そんなことはあるのか、という思いです。

 

帝王切開で出産したそうですが、それにしてもすごすぎます。

 

こんなに驚いているのは、私が同じ年齢のためです

 

同じ年齢の者として、田さんが生まれたお子さんのために長生きしてほしいと願うばかりです。

 

2019年11月11日(月曜日)

ゲーム依存で若者が死亡

以前、ゲーム依存という投稿をした際に、WHOがゲーム依存を病気と認定したことを書きましたが、警鐘にもかかわらず、タイで17歳の若者がゲーム依存によって死亡したという記事がありました。

ゲーム依存の17歳少年が死亡 発見した両親「止めるようにもっと言うべきだった…」(タイ)

 

記事には次のように書かれていました。

17歳のゲーム好きな少年がほぼ毎晩徹夜状態でコンピュータゲームをしていたところ、脳卒中を引き起こして亡くなってしまったのだ。すでに息を引き取った息子を発見した両親は、コンピュータゲームが悲劇を引き起こす恐れがあることを訴えている。

 

興奮して寝ずにゲームを続けていたことで、交感神経がひどく緊張してしまったのでしょうか。

交感神経の緊張は血管の収縮をもたらしますから、それが脳卒中の引き金になった可能性もあると思いました。

 

脳卒中というと高齢者の疾患のように思う方も多いと思いますが、若者にも起こりうるということをゲーム依存の若者たちには知ってほしいと思います。

 

亡くなった若者の父親が次のように話したそうです。

息子は変われるきっかけを作る前に亡くなってしまいました。私はゲームが好きな子供を持った親達に伝えたいのです。子供が長時間のゲームを止めることができないのであれば、厳しく止めるように言う必要があります。さもなくば息子のようになってしまいますから。

 

ゲーム依存だと思われるお子さんを持つ親御さんには、何とかしてお子さんを救う行動を起こしてほしいと願うばかりです。

 

2019年11月10日(日曜日)

「レンタルなんもしない人」その後

以前、「レンタルなんもしない人」の投稿をしたことがありました。

 

当時のレンタル料はゼロ円ということでしたが、その後、有料化して1回1万円になったそうです。

「レンタルなんもしない人」が1回1万円の有料化 本人が語る“理由とお客の反応”

 

記事には、「なんもしない人」の森本祥司さん(36)がTV番組の『ザ・ノンフィクション』に出演したことで様々なバッシングがあり、それがきっかっけで次のツイートをしたことが書かれていました。

〈生活費や養育費をもっと家庭に入れろという声が多いので(もちろん今もある分は入れてますが)、利用料とることにします。すでに引き受けた依頼については大丈夫です。これから成立した依頼については1件につき1万円でお受けします。のちほどプロフィール修正し詳細追記します〉

 

1回1万円に有料化した結果、数分で済むような依頼は減ったそうですが、

有料化してから約1ヵ月。有料で受けた依頼の数は約60件。無料の時に引き受けた依頼と並行して、1日3~4件の依頼を毎日途切れることなくこなしている。

とのことです。

 

有料化しても次の展開は考えていなくて、

「いつまで続けるか、どんな形に変わっていくのか、はっきりと決めるのではなく、その時の気持ちに任せて動いていきたいですね」

と記事には書かれていました。

 

そもそも「レンタルなんもしない人」という生き方も私には理解しがたいですが、1万円に有料化されても「なんにもしない人」を必要とする人たちが減らないことも「人それぞれだなぁ」という思いがしました。

 

「気持に任せて動く」のも私にはできないことなので、それを実行している森本さんの今後も気になるところです。

 

2019年11月9日(土曜日)

血管は若返る?

地域のイベント等で、無料だったりワンコインくらいで血管年齢をチェックしたことがある方もいらっしゃると思います。

私もチェックしたことがありましたが、結果は年相応でした

 

高脂血症の主人は心臓の血管にステントを入れていて、そのために抗血小板薬のバイアスピリンを服用しています。

その主人の血管年齢は、年齢より若いんですよね。

これは薬を服用しているためだと察せられるのですが、本人は「血管年齢は若い」と言っています

 

血管年齢のことを書いたのは、次の記事を読んで思い出したためです。

血管は若返る!…生活習慣・食生活を改善、健康寿命を延ばす

 

上記事は2017年の5月にアップされたものですが、情報としては古くはないと思い、若い方には今後のために、シニアの方には今からでも気を付けていただきたいと思って載せました。

 

記事に、血管力を高めるには、「生活リズム」「適度な運動」「食事」の三つが大切だと書かれています。

記事にはお勧め食べ物や摂り方などが記されていますから、参考になさっていただければと思います。

 


カレンダー
2020年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project