ホーム
2019年2月23日(土)10時14分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
27 人のユーザが現在オンラインです。 (27 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 27

もっと...
  投稿者 ‘管理者’ のアーカイブ

2018年10月1日(月曜日)

マンホールトイレ

次の記事はだいぶ前にブックマークした物ですが、その際にサッと読んでそのままになっていたのを、昨日、急に気になって読み返しました。

大災害でトイレ使えず・・・そこで頼れる意外なもの

 

冒頭に次が記されています。

地震などの大災害に備え、食料の備蓄や防災用品の収集に精を出す人はいるが、トイレの心配をする人はあまり多くない。震災後の避難所などでは、実はトイレの確保が重要な問題となる。そこで使えるのが身近なマンホールだ。便座や囲いなど専用の器材を使えば、トイレに早変わりする。ただ、普及は道半ばで、実際に使われた事例もまだ少ない。

 

記事の中ほどに次が記されていました。

東日本大震災でも多くの避難所に仮設トイレが設置されたが、避難所に行き渡るのに4日以上かかった自治体が全体の66%を占め、最も長かった自治体では65日を要した。仮設トイレが来るまでの間、地面に穴を掘ってトイレ代わりに使う例もあったという。

 

65日とは、その状況に置かれた方々のことを察するだけで心が痛む思いです

 

仮設トイレの設置にそれほどの時間がかかるなら、設置が簡単なマンホールトイレの利便性をもっと広めるべきと思いましたが、記事にも記されているように問題もあるようです。

下水道のマンホールの穴は通常、直径が60センチほどあるため、そのままトイレ用の穴として使うことは推奨されていない。歩道にあることが多く、仮設とはいえトイレを置くことが難しい場所も多い。

 

そうですよね、私は歩道にあるマンホールしか知りません

 

我が家では娘が災害時用のトイレセット(ビニールと凝固剤のセット)を購入し、その半分を我が家用に置いてあるため、トイレが使えなくなったらそれを使うつもりですが、記事を読み返したことで、災害時のトイレ対策の重要性を再考させられた思いがしました。

記事は次の文面で終わっています。

災害時の備え、中でもトイレの重要性は普段、なかなか意識できない。だが、トイレの確保こそ災害復旧、生活再建への第一歩でもある。汚い話はしにくいものだが、災害時にトイレをどうするのか、われわれ自身ももっと考えておく必要があるのだろう。

 

2018年9月30日(日曜日)

カレーとナン

私の住む地域では、ここ数年でインドカレー専門店が数軒開店しました。

駅前でパンフレット等を配っていたりするので、それぞれの店のメニューなどがわかるのですが、どの店のパンフレットにもカレーとナンかご飯かを選べるセットメニューが載っています。

 

私は40年以上前にインドに行ったことがあり、毎日カレー料理ばかりでしたから、いろいろなカレーを食べましたが、ナンが出たことは一度もありませんでした。

それで、「インドカレーにはナン」というイメージに違和感があったのですが、次の記事を読んで納得しました。

インド人はカレーの“ルー”とは言わないしナンはマイナー! 日本人が抱くインド食のイメージは間違っていた?

 

「ナン」について、記事には次の記載がありました。

日本人の間違いで主張したいのがナン。日本では最も有名なインドのパンとして食べられており、飲食店はもちろんスーパーなどでも売られています。ですが、実際には本場インドではあまり食べないとのこと。その理由を聞くと、納得の答えが返ってきました。

「ナンはもともと王宮で食べられていたようだし、普通の家にはタンドール窯がないから作れないのさ。インドでもちゃんとしたレストランとかに行かないと売ってないから、普段はめったに食べることはないよ。北インドでは、鉄板やフライパンで焼く『チャパティ』っていう薄い円形のパンが一般的。南インドではライスが主食じゃないかな」

 

私が行ったころから年月が経っているので、最近はナンを食べるのかと思っていたのですが、変わっていないようですね。

インドカレーとナンの違和感が解決した思いです

 

2018年9月29日(土曜日)

女性のひきこもり

次の記事が目に留まりました。

「女性のひきこもり」の深刻さと、努力しない人もいる現実

 

上記事は『ひきこもる女性たち』(池上正樹著、ベスト新書)を紹介したもので、筆者(印南敦史 1962年生まれ。東京都出身。作家、書評家。広告代理店勤務時代にライターとして活動開始。現在は他に、「ライフハッカー[日本版]」「Suzie」「WANI BOOKOUT」などで連載を持つほか、多方面で活躍中。2月26日に新刊『遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣』(ダイヤモンド社)を上梓。)の見解とともに記されています。

 

私は自分の体験から「ひきこもり」が他人事とは思えないため、ブログにも何度か投稿していますが、「男性」と「女性」について分けて考えたことが無かったため、上記事を読んで深く考えさせられました。

 

記事には、『ひきこもる女性たち』(池上正樹著、ベスト新書)の著者の見解に基づく「ひきこもり」の定義として次が引用されています。

「ひきこもり」とは、家族以外の外部の人たちとの関わりが途絶えてしまった「社会から孤立した状態」のことを言う。中には、家族との関係さえも途切れ、誰ともつながりがない人たちもいる。(29ページより)

 

そして、「ひきこもり」になりやすい女性の傾向として、次が引用されていました。

ひきこもり状態の人々に多く見られる傾向としては、研ぎ澄まされた感受性を持ち、カンがいいために、人一倍、周囲の気持ちがわかり過ぎてしまうという特性が挙げられる。

それだけに、自分の望みを言い出せず、逆に相手に頼まれると断れないまま、気遣いし過ぎて疲れてしまう。そして、自分さえ我慢すれば、すべて丸く収まるからと納得のできない思いを封じ込めて、社会から撤退していく。そうした真面目な人々という像が浮かんでくる。(31ページより)

 

記事を読み終え、私は「ひきこもり」が今までより更に他人事ではなくなってしまいました。

そして、記事の筆者が書いているように「女性のひきこもり」問題がクローズアップされ、彼女たちの努力が報われる社会になることを願わずにはいられませんでした。

 

2018年9月28日(金曜日)

蝶の数え方

先日アゲハチョウという投稿をしましたが、その後、蝶の数え方が気になってネット検索したところ、蝶などの昆虫は正式には「頭(とう)」と数えることを知りました。

 

その説明として、一番わかりやすかったのが次のページに書かれていた内容でした。

昆虫なんでもQ&A

Q)昆虫の数え方は、ハエ1匹 ( ぴき ) とかチョウ1羽 ( わ ) とかいろいろな数え方をする人がいますが、どれが正しいのですか?

A)学術的には、頭 ( とう ) で統一されています。ハエ1頭、チョウ1頭、ノミ1頭といった具合です。では匹 ( ひき ) などが間違いかといえば、習慣的に使う場合は別にダメということではありません。ただ、羽 ( わ ) というのは、イメージとしてチョウ、ガの仲間にしか通用しないでしょうし、昆虫の 「 はね 」 は、 「 翅 ( はね ) 」 という字を使うように、鳥などの 「 羽 ( はね ) 」 とは区別していますので、 「 羽 ( わ ) 」 という数え方は、昆虫にはあまりそぐわないように思います。
昆虫の数え方は、正式には、 「 頭 ( とう ) 」 を使い、習慣的には 「 匹 ( ひき ) 」 も可ということでいいと思います。

 

また、次のページには「頭」の由来が記されていました。

チョウの数え方

元来、英語では牛などの家畜を”head”で数え、例えば5頭の牛を”five head of cattle”といいました。日本語にも「頭数(あたまかず)を数える」といって、人数を「頭」で把握することがありますが、”head”もこれと同じ発想です。この用法は、動物園で飼育されている動物を数える際にも使われ始めました。

(中略)

この他にも、標本としてのチョウには頭部が切断されていないことが重要視されることから「頭」で数えるとする説や、昆虫採集はもともと狩猟の一種として考えられていたために、獲物は動物と同じ数え方をするのではないか、といった説があります。

 

私は蝶の数え方が「頭」であることを今回初めて知りましたが、その由来に諸説あることも興味深かったです

 

2018年9月27日(木曜日)

炭水化物摂取率と死亡率

糖質制限については賛否両論あり、このブログにも何度か投稿しましたが、昨日、興味深い記事を目にしました。

 

その記事は医療従事者向けのサイトにあり、次のタイトルでした。

炭水化物摂取率と死亡率の関係にU字カーブあり

 

上記事はログインしないと読めないため申し訳ないのですが、記事の冒頭に次が記されていました。

米国で行われている観察研究ARICのコホートの解析とそれを加えた新たなメタアナリシスから、炭水化物摂取率と死亡率はU字カーブの関係にあり、摂取率が高くても低くても死亡率は上昇することが示された。結果は8月16日、Lancet Public Health誌オンライン版に掲載された。

 

記事には、今までの報告なども統合して解析し、次の結果が出たことが記されていました。

摂取エネルギーに占める炭水化物の比率と総死亡リスクの関係は非線形であり、U字型の関連が見られた。総死亡リスクは炭水化物摂取率が50~55%のときが最も低かった。

 

また、次が記されていました。

炭水化物に代わり、動物由来の蛋白・脂肪を摂取した場合は総死亡のリスクが上昇し、植物由来の蛋白・脂肪を摂取した場合は低下した。

 

記事は次の文面で終わっていましたが、糖質制限については更なる研究を期待したいと思います。

著者らは研究の限界として、観察研究であって臨床試験ではないこと、アジア人は動物由来の蛋白源として肉ではなく魚を摂取することが少なくないため、今回の結論が適用されない可能性があることなどを挙げている。

 

 


カレンダー
2019年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project