ホーム
2020年12月03日(木)0時30分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
  投稿者 ‘管理者’ のアーカイブ

2020年11月18日(水曜日)

だしパックで食中毒

次の記事は、タイトルに「」となって読みました。

だしパックの煮すぎが原因? 保育園の給食で食中毒 東京

 

記事には次が書かれていました。

東京都は16日、墨田区内の保育園で給食を食べた1~6歳の園児28人に、一時的に腕や顔に発疹などの症状が出たと発表した。都によると、墨田区保健所は、きつねうどんのスープから検出された化学物質「ヒスタミン」が原因の食中毒と断定。給食の調理業者が、ヒスタミンが入っていた市販のだしパックをメーカーによって定められた調理法よりも長く煮て、抽出された可能性があるとみている。

 

調理業者が煮た時間は、「だしパックのメーカーは煮る時間を10分間としていたが、給食の調理業者は45分間煮ていた。」とのことです。

 

不幸中の幸いか、「園児28人は1時間ほどで症状が治まった」とのことで、ホッとした気持ちになりました。

 

それにしても、だしパックの煮過ぎで食中毒とは驚きです

 

yahooニュースの同記事には救急科専門医がコメントの中で次のように述べていました。

新鮮な魚でも、室温で4時間放置するとヒスタミン濃度が急上昇します。そしてヒスタミンは熱に安定なので、調理してもそのまま残ります。出汁パックでヒスタミン中毒というのは初耳でした。自分も気をつけようと思います。

 

だしパックを取り出し忘れて煮続けてしまうこともあるかもしれませんので、皆様もお気をつけください。

 

2020年11月17日(火曜日)

コロナ禍で若者がホームレス

偶然に目に留まった記事ですが、読み進むうちに深刻な問題が生じていることを知りました。

「水だけで3日」「冬なら死んでいた」コロナ禍に家を失う若年層増加の現実

 

記事の冒頭には次が書かれていました。

新型コロナが原因で、家をなくし、ホームレスになる若者が増えている。

 

また、次がありました。

池袋を拠点にホームレスを支援するNPO法人TENOHASIでは月2回、池袋の公園で無料の医療・生活相談、配食などを行っているが、事務局長の清野(せいの)賢司さん(59)によれば、コロナ前、1度の相談で10人程度だったのが、4月と5月は一気に30人近くに増えたという。コロナの感染拡大でネットカフェが休業し、路上に押し出された人たちが多い。20代、30代の若年層が中心で女性も多かった。その後は少し落ち着いたがここ最近、再び増加傾向にあるという。

 

そして記事には派遣社員だった43歳の男性が職をなくしてホームレスになった例、コロナによって職を失った32歳の男性の例が挙げられていて、32歳の男性は記者に「今の望みは何ですか?」と尋ねられて、「普通に生きて、普通に暮らしたいです」と答えたと書かれていました。

 

コロナ禍で職を解雇された人々が多いことは報道等から知っていましたが、20代、30代の若年層にホームレスが増えていることを記事から知り、まだまだ続くであろうコロナ禍の先行きを思うと、政府には早急な対策を願わずにはいられませんでした。

 

2020年11月16日(月曜日)

「こむらがえり」に芍薬甘草湯

次の記事をご紹介します。

痛い「こむらがえり」の正しい応急法…繰り返すなら服薬、注射も

 

「こむらがえり」の経験が無い方は少ないと思いますが、その原因について上記事には次のように書かれていました。

原因は、筋肉の疲労、その逆に運動不足、脱水や体液の成分である電解質の異常(カリウム、カルシウム、マグネシウムの不足)などが考えられる。したがって、下痢で脱水を起こしている時、妊娠中のカルシウムやマグネシウムの不足、糖尿病や肝硬変、腎不全などによって電解質のバランスが崩れている時にも起こりやすい。また、脚の伏在静脈に静脈 瘤りゅう がある場合にも起こりやすくなるが、これは心臓に血液を送り返している静脈のポンプ機能の低下が原因と考えられている。

 

記事の筆者は医師で痛みの専門家だそうですが、治療の第一選択として漢方薬の「芍薬甘草湯」を挙げていました。

治療は、漢方薬の 芍薬甘草湯しゃくやくかんぞうとう が第一選択である。速効性があり、ゴルフのプレー中であっても、服用すれば10分で効果が表れる。たちまちつえが要らなくなることから、“ 去杖湯きょじょうとう ”とも呼ばれているのだ。

 

ただし芍薬甘草湯には注意も必要で、記事にも次のように書かれています。

芍薬甘草湯を長期間にわたって連用すると、その成分の甘草が高血圧症や低カリウム血症、浮腫などを引き起こすことがあり、注意を要する。この場合、甘草の含有量が少ない ヨク苡仁湯よくいにんとう を用いるべきである。

 

記事の筆者は鍼灸にも理解があるようで、はり治療にも触れています。

私の施設では、繰り返し起きるこむらがえりには、腓腹筋やヒラメ筋への低周波通電療法、あるいは同部にある「承筋」(ふくらはぎの最もふくらんだところ)、「承山」(指をアキレス けん から上に滑らせると最初に止まるところ)といったツボへのはり治療、局所注射を行っている。

 

記事には予防や対処として次が書かれていましたので、皆様にもお含みおきいただければと思います。

ご自身で行う応急処置は、寝床のなかであれば、膝を伸ばして足の親指を手前に引っ張ることである。承筋、承山を指で強く押さえてみるのもひとつの手だ。加えて、蒸しタオルで温めることも有用である。

日常においては、カリウム、カルシウム、マグネシウムを補給しておくために、野菜やフル-ツ、海藻類、小魚、牛乳などをバランスよくとるように心掛けることである。偏食はいけません。スポ-ツを始める前には準備運動を、プレー中にはスポーツドリンクなどによる水分と電解質の補給を励行すべきことは言うまでもない。

 

2020年11月15日(日曜日)

例年以上に手荒れしやすい冬になりますね

感染症予防のため、例年以上に手洗い回数が増えている方が多いのではないでしょうか。

 

更に消毒することで手荒れしやすくなりますから、今年の冬は例年以上の手荒れ対策が必要になるだろうと思っていたためか、次の記事のタイトルに目が留まりました。

コロナ予防の手洗い・消毒で増える「手荒れ」 こまめに保湿を

 

記事に次がありました。

特にアトピー性皮膚炎や乾燥肌の人などは、手荒れを発症しやすい。
荒れた肌はバリア機能が低下しているため、外からの刺激を受けやすい上に、細菌がつきやすく、消毒しても菌が残りやすい。とびひの原因となるブドウ球菌や、傷を悪化させる溶血性連鎖球菌が付着し、ジュクジュクした状態にまで悪化することもあるという。

 

記事に登場する皮膚科医のアドバイスとして、次のケア方法が書かれていました。

<日頃のケアのコツ(田尻院長への取材に基づく)>

手洗いや手指消毒をするたびに、保湿剤を塗る
寝る前も夜間に乾燥しないよう保湿剤を塗る
軟膏やクリームの適量は、チューブタイプの場合、人さし指の先から第一関節まで延ばした量が片手全体分の目安
症状が出ている場合は、薬はすり込まず、皮膚にのせるようにして厚めに塗る

 

そして、記事には保湿剤の種類と説明も書かれていますので、手荒が気になる方々にはご一読をお勧めしたいと思います。

 

2020年11月14日(土曜日)

冬には二段階換気

全国的に新型コロナウィルスの感染者が増え続けていますね。

 

「第3波襲来」とも報道されていることに、私も不安が増すばかりの日々です。

 

冬場は暖房中の部屋の換気が必要ですが、今年の冬は例年に増して換気が重要となり、寒さに弱い私はどのような換気方法が良いのか気になっていたところ、次の記事を見つけました。

冬におすすめ「2段階換気」 外気は徐々に 使っていない部屋から

 

記事にはまず次が書かれていました。

「3密」のうち密閉空間になることを避けるにはこまめな換気が重要で、厚生労働省などは「1時間に2回以上、2方向の窓を開ける」といった換気法や、24時間換気システムの適切な利用などを呼びかけている。

 

上記が良いことはわかっているのですが、寒さに弱く気温の変化によって体調を崩しやすい私には気が重いばかりでした。

 

でも、私が少しホッとしたのは、記事に登場する札幌市立大の斉藤教授が述べた次の方法でした。

外気を徐々に室内に取り込む「2段階換気」だ。例えば住居の場合、人が滞在している部屋ではなく、使っていない隣の部屋などの窓を開けて少しずつ外気を取り込む。同時に滞在している部屋のドアを開けるなどして、滞留していた空気を室外に出すことも重要だ。

 

上記なら、それほど寒さを感じることなく換気ができそうに思えたのです。

 

そして、記事にもありましたが、ウィルスは湿度が低いほど活性化しやすいため、加湿器などの使用で部屋の湿度を保つ工夫も大切です。

 

皆様、今までの手洗い等に加え、換気と湿度管理で今年の冬を乗り切りましょう。

 


カレンダー
2020年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project