ホーム
2019年4月19日(金)21時30分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
  投稿者 ‘管理者’ のアーカイブ

2019年4月4日(木曜日)

「令」の持つ意味

先日、来月1日から施行される新元号が「令和」と決まったことについての投稿をしましたが、昨日次の記事を読み、「う~~ん」と考えさせられてしまいました。

「令和以外の5つはケチのつけようがない」東大教授が指摘する『令』が抱える3つの問題

 

新元号「令和」を決定する過程で政府が検討した6つの最終案がすべて明らかになったことは、多くのメディアが報じていましたからご存じの方もいらっしゃると思います。

 

上記事ではそれらの元号案にも触れ、その上で歴史学者で東京大学史料編纂所の本郷和人教授が令和の「令」の字への引っかかりとして述べた言葉が次のように記されていました。

『令』は上から下に何か『命令』する時に使う字。国民一人ひとりが自発的に活躍するという説明の趣旨とは異なるのではないかというのが、まずひとつ批判の対象にならざるを得ない。
もうひとつは、『巧言令色鮮し仁』という故事。“口先がうまく、顔色がやわらげて、人を喜ばせ、媚びへつらうことは、仁の心に欠けている”という意味で、この『仁』は儒教で最も大切な概念。今でいう『愛』を意味し、それに一番遠いのが巧言令色だと言っている。そこが引っかかる。
皇太子殿下は日本中世史の研究者で、当然『令旨』という言葉もご存知だと思う。これは皇太子殿下の命令という意味で、天皇の命令ではない。つまり、『令』という字は皇太子と密接な結びつきがあるもので、天皇の密接な関係があるのは『勅』『宣』などの字。(天皇の生前退位で定める)新元号とは少しずれている

 

本郷教授は、上記を踏まえた上で次のように述べたと記されていました。

普通に使うと使役表現となり、中世の人に読ませると『人に命令して仲良くさせる』となる。日本の古典から取ることは何の問題もないと思っているが、どうも自発的な感覚ではなくなってしまう

 

わたしは上記事を読んだ際、安倍総理の顔が脳裏に浮かんでしまい、本郷教授の言葉に妙に納得させられた思いがしました

 

「令」については別の記事でも本郷教授に近い見解を読みましたが、確かにそのようにも捉えられますよね。

 

でも、記事の最後にあった柴田アナウンサーの意見のように、決まってしまったのですからどうしようもないですね。

柴田アナウンサーと同様、私も「どんな元号かよりもどんな時代にしていくかの方が大切かもしれない」と思いました。

 

2019年4月3日(水曜日)

中高年ひきこもり

次の記事に目が留まりました。

中高年ひきこもり61万人 初の全国調査、若年層上回る

 

上記事は5日前の3月29日付けのもので、冒頭に次が記されています。

40~64歳のひきこもり状態の人が全国に61・3万人いる。内閣府は29日、そんな推計を公表した。「中高年ひきこもり」の全国規模の数が明らかになるのは初めて。従来ひきこもりは青少年・若年期の問題と考えられてきたが、その長期化・高年齢化が課題となる状況が浮き彫りとなった。

 

61.3万人という衝撃的な数字を見て、以前の投稿を思い出しました。

その8050問題の中で紹介した記事に次があったことを記しています。

2016年の内閣府の実態調査によると、同じようなひきこもり状態の人たちが全国で54万人と公表されています。ただし、これは39歳までで、40歳以上の方々の数がカウントされていません。

 

上記事のタイトルに「若年層上回る」とありますが、今回の調査でわかった40~64歳までの引きこもり状態の人が61.3万人、2016年の調査でわかった39歳までの引きこもり状態の人が54万人ということになります。

 

記事に次がありました。

調査時期や手法の違いから「若年」と「中高年」の推計を単純合計はできないとしつつも、分析にあたった内閣府の北風参事官はひきこもり総数が「100万人以上」になるとの見方を示した。

 

記事には「ひきこもり」について、次が書かれていました。

国が用いる定義では、仕事や学校などの社会参加を避けて家にいる状態が半年以上続くことを言う。内閣府調査では、ほとんど自室や家から出ない「狭義のひきこもり」に加え、趣味の用事のときだけ外出する人も含めた「広義のひきこもり」を推計している。従来は専業主婦(夫)や家事手伝いは一律にひきこもりから除外していたが、今回から変更。回答から、最近半年間に家族以外との会話がほぼなかったとわかる人は、ひきこもりに含めている。

 

記事では国が今まで中高年のひきこもりの実態を調査しなかった責任を指摘していますが、私も、国は若年層と中高年合わせて100万人以上になるであろう引きこもりの実態を重く受け留めるべきだと強く思いました。

 

2019年4月2日(火曜日)

新元号「令和」

昨日、新元号が発表されましたね。

 

典拠は万葉集と報道されていました。

新元号は「令和」(れいわ) 万葉集典拠、国書由来は初

 

新元号「令和」の意味について、次の記事に安倍総理の言葉がありました。

新元号 首相「心寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味」

『令和』には人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている。万葉集は1200年余り前に編さんされた日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく、防人(さきもり)や、農民まで幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、わが国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書だ。

 

記事には、上記に続いて安倍総理が次のように述べたと記されていました。

悠久の歴史と薫り高き文化、四季折々の美しい自然。こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく。厳しい寒さの後に春の訪れをつげ、見事に咲き誇る梅の花のように一人一人の日本人があすへの希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたいとの願いを込め、『令和』に決定した。

 

言葉で終わらず、本当に「一人一人の日本人があすへの希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。」時代になってほしいと切に思います。

 

2019年4月1日(月曜日)

職る

昨日、次のタイトルが目に入りました。

職る人たち

 

上ページには大きな画像がありましたから、内容の想像はできたのですが、私は大きなショックを受けてしまいました。

なぜなら、「職る」の読み方を忘れてしまっていたからです。

 

上ページのタイトルには読み仮名が記してありましたから「つかさどるひとたち」と読むわけですが、おそらく小学校で習ったであろうと思われる「職」の訓読みを全く覚えていなかったのです。

 

仕事でもPC作業が多くなり、変換に頼ってしまって、数年前から漢字を書けなくなっていることは感じていましたが、まさか読みまで忘れてしまっていたとは

恐ろしい限りです。

 

ショックはありましたが、私は箱根寄木細工が好きなので、上ページは関心を持って読みました

 

2019年3月31日(日曜日)

みえる電話

次の記事が目に留まりました。

耳が聞こえない状態で、電車が急停車したら?聞こえづらいことを疑似体験して見えた「音のない世界」

 

記事を読んで、今月の始めに『33(みみ)展 by For ONEs』という催しがあったことを知りました。

 

私も時々耳鳴りがしたり聞こえが悪かったりすることがあり、以前検査したところ異常は見つからなかったのですが、聴力に不安を持ったことがあるため、上記事は興味深く読みました。

 

記事に紹介されているイベントでは、耳年齢をチェックするブースがあったことが記されていました。

この会場には、3つのブースが用意されていた。そのひとつが「耳年齢チェック~あなたの耳は、何歳の耳?~」だ。
そこには8種類のオブジェが並ぶ。10~80歳までの数字が割り振られたスピーカーが設置されており、それぞれの年代以下の“耳年齢”の人にしか聞こえない音が流れているという。

 

30代の筆者が耳年齢チェックを体験した結果が次のように書かれていました。

80代、70代と順番に試していく。ピーッ、ピーッ。良かった、問題ない。そもそも、筆者はまだ30代。さすがに聴こえない音はないのではないか。そう思った矢先のことだった。
20代のスピーカーの横に立った瞬間、まったく何も聞こえなくなってしまった。同行してくれた20代のスタッフの耳には、ちゃんと機械音が聞こえているようだった。つまり、筆者の耳年齢は30代だということだ。

 

私も年齢による聴力の変化は自覚していませんが、そんなに違うものなのですね。

 

「みえる電話」について聴覚障がいの両親を持つ筆者の次の言葉が印象的でした。

今まで無理だと思っていたことが、これからの「当たり前」になるのだ。

 


カレンダー
2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project