ホーム
2019年10月16日(水)3時43分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
15 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...
  投稿者 ‘管理者’ のアーカイブ

2019年9月30日(月曜日)

8%から10%へ

いよいよ明日から消費税引き上げですね。

私はザワザワと気持ちが落ち着きません

 

カシオの電話サポートにやっと繋がり(混雑のためなかなか繋がりませんでした)、説明を聞いて10月1日からの消費税設定と軽減税率の設定などをしましたが。果たして明日から正常に切り替わるのか、

 

ヤマト運輸の送料や代引き手数料も消費税10%になりますから、伝票打ち出しのソフトでも明日から切り替わるように設定しているのですが、これも正常に切り替わるか、

 

もしも正常に稼働しなくても明日(10月1日)はサポートに繋がらないだろうから、その際はどうするか、

 

などなど、最悪の事態ばかりが頭に浮かんでしまっています。

 

「先の事を考えてもなるようにしかならない」と自分を戒めていますが、小心者なのでザワザワ感が消えません

 

ただただ、レジも伝票ソフトも明日からの設定にトラブルなく稼働することを祈るばかりです。

 

2019年9月29日(日曜日)

「老衰」とは

次の記事を読んで母の死を思い出し、「老衰」について考えさせられました。

「老衰」とは何か、そして医師が選ぶイヤな死に方1位は?

 

「ピンピンコロリ」と死にたいと願っている方は多いのではないかと思います。

私もその一人ですが、でもたぶんそれは無理だろうから「老衰」で死ねれば本望だと考えていました。

 

それが母の死をきっかけに変化したのです。

私の母はパーキンソン病や認知症を患い、晩年は家族の顔もわからなくなりました。

最期は飲食もできなくなり、私と妹二人が相談して延命治療はしないと医師に伝えていたため、枯れるように静かに亡くなりました。

 

母はピンピンコロリではなかったですが、「老衰」で亡くなったのです。

 

水分摂取もできなくなって亡くなるまで数週間、もちろん点滴もしませんから、日に日に痩せていく母を看るのは辛かったです。

医師からは「本人は苦しくないので」と言われましたが、点滴などの延命治療も断ったことを自身に問い続ける日々でした。

 

亡くなった時は元気なころの母の面影が全く無くて、痩せて別人のようでした。

私は別人のように痩せた母の顔を見て、それまで思っていた老衰とはあまりにも違う印象を受けました。

 

それからは、「家族にとって良い死に方は?」と考えるようになりました。

 

そのような中、上記事を読んだのですが、記事には「老衰」について次のように書かれていました。

老衰の医学的な定義は、実ははっきりとは決まっていません。ただし、多くの患者さんを看取ってきた私は、その経験から平均寿命を超えた人が栄養の摂取量が減ってやせ、穏やかに枯れるように自然死することを老衰だと解釈しています。

 

母の場合も上記にあるように「穏やかに枯れるように自然死」したのですが、娘である私にとっての母の最期は辛いものがありました。

そのため、上記したように「家族にとって良い死に方」を自身の問い続けるようになったのです。

 

答えはなかなか出ないと思いますが、根気よく考えたいと思います。

 

ちなみに、上記事によると、医師が一番こういう死に方をしたくないと思うのは「心筋梗塞」だそうです。

その理由が次のように記されていました。

もちろん、痛みだけで考えたら骨折や痛風の方が痛いかもしれません。しかし、心筋梗塞の痛みや衝撃は、死の恐怖を伴います。恐怖の苦しみを伴う痛みは、想像を絶するものなのです。

 

2019年9月28日(土曜日)

「消費税引き上げ」当店の場合

昨日に続き、10月1日からの消費税引き上げに関する投稿となります。

 

当店の対応につきましてはトップページのお知らせ及びブログでもお知らせさせていただきましたが、まだ勘違いしていらっしゃる方がいらっしゃるようですので、申し訳ないのですが再度お知らせさせていただきます。

 

2019年10月1日からの消費税引き上げに伴いまして、当店取扱の医薬品はすべて消費税10%とさせていただきます。

ネットでの販売に関しましては、下記をご理解お願いいたします。

10月1日発送分から消費税10%をいただきますので、9月30日15時以降の代金引換によるご注文、及びお振込みご希望で9月30日以前のご注文であってもお振込みが9月30日15時以降になる場合は消費税を10%いただくことになりますため、その点もご理解お願いいたします。

 

昨日、お振込みによるご注文で、9月以内のご注文であればお振込み日に関係なく消費税8%とお思いの方がいらっしゃいましたので、再度投稿させていただきました。

 

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 

2019年9月27日(金曜日)

消費税率5通り?

10月1日からの消費税引き上げにつきまして、医薬品は消費税10%となることを先日投稿しましたが、昨日次の記事が目に留まり、5通りというタイトルが気になって読んだところ、複雑な仕組みに考えさせられてしまいました。

消費税率、実質5通り 複雑過ぎるポイント還元と軽減税率

 

記事には次が記されていました。

消費税率が10%の商品を百貨店や大手スーパーなど大企業の店舗で買えばポイント還元はなく、消費者は「10%」を全て負担することになる。しかし、個人経営の文具店など中小店舗で買えば5%の還元があるため「実質5%」となり、外食など大企業のフランチャイズ(FC)加盟店だと2%還元で「実質8%」。同様に軽減税率が適用される8%の商品でも実質税率が「8、6、3%」となる。

 

当店のようにほぼ医薬品のみの場合は単純ですが、多種の税率が混在する店舗の従業員さんたちの心中が察せられます。

 

記事には次がありましたが、これも混乱を招きそうな気がします。

国の登録外の店舗で買い物をしてもポイントは還元されないからだ。10月1日の開始当初の中小事業者の登録店舗は50万に届かず、対象となる約200万店の4分の1程度にとどまる。

 

キャッシュレス決済の還元は来年の6月までだそうですが、10月1日からどうなることやらと思うばかりです。

 

2019年9月26日(木曜日)

パソコンから警告音

昨日、主人が突然「音が出てるぞー!」と私を呼びました。

 

私は別のところにいたので、主人の言っている意味がわからなかったのですが、呼ばれて行ってみると、主人のPCからピーピーという警告音のような音が出ていました。

 

表示された画面にはブラウザのedgeが立ち上がっていて、主人が言うには「Yahoo!のニュースを見ていたら、急に音が始まった」とのことでした。

 

画面にはログイン画面が表示され、「この画面を閉じるとコンピューターにアクセスできなくなります」等と書かれていたため、私は「詐欺だろう」と思ったのですが、主人が「閉じたらPCがダメになる」と言うので、しかたなく自分のPCで対処法を探してみました。

 

すると、私が以前Windowsアップデートで参考にさせていただいていたサイトに情報がありました。

「マイクロソフト セキュリティアラーム エラーナンバーDW6VD36」と、パソコンが突然しゃべりだした場合の対処方法

 

主人のPCの現象も上記ページとほぼ同様(記載の電話番号とエラー№が若干異なっていましたが)でしたので、上記ページに記されているようにタスクマネージャーからブラウザを終了させ、ウィルススキャンを実行しました。

 

その結果、主人のPCではウィルスは一つも検出されませんでしたので、警告音は詐欺グループの仕業だったのだと思います。

 

上記サイトに以下の情報がありましたが、ウチの場合もエラー番号と電話番号が若干異なるだけで同じ現象でした。

皆さまも同類の詐欺にはくれぐれもお気を付けください。

*マイクロソフトのサポートページそっくり
*表示されるメッセージ
「このページを閉じると、コンピューターへのアクセスは無効となります。ウイルスやスパイウェアに感染しています。」
*音声メッセージも流れた
*エラーコード DW6VD36 (ウチの場合はDがBでした)
*掲載されている電話番号
03-4579-5825 (フリーダイヤルと書かれているのに、フリーダイヤルの番号ではない)
開いたWebページの操作はかなり制限された状態
(画面内をクリックするとログイン画面が表示される)

 


カレンダー
2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project