ホーム
2019年8月24日(土)7時50分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
21 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...
  投稿者 ‘管理者’ のアーカイブ

2019年8月4日(日曜日)

プールでも熱中症に注意

先日も熱中症に関する投稿をしましたが、昨日目に留まった記事も情報としてお知らせしたいと思います。

泳いでいるときにも起こる熱中症 猛暑のプールを安全に楽しむ工夫は

 

記事の始めの方に次が書かれていましたが、ご記憶の方もいらっしゃるでしょうか。

昨年の今頃、暑すぎて屋外プールの中止が相次いだことを覚えていますでしょうか

 

屋外プールの中止基準の明確な決まりはないそうですが、記事には一例として次が記されていました。

新潟県内のある自治体では、屋外公営プールの開放基準を気温と水温との合計が65℃未満としています。

 

記事を読み進むと、どちらかというとプール利用者よりも管理する側向けに書かれているように感じましたが、夏休みにはプールにお子さんを連れていく親御さんにも学校屋外プールにおける熱中症対策等に目を通されることをお勧めしたいと思いました。

 

記事では、管理者側が実務的に次のようなアナウンスを繰り返すことを勧めています。

遊泳中に体が熱く感じたら、プールから上がって冷水シャワーを浴びるか、風通しのよい日陰で休んでください。

 

また、続いて次がありましたが、ご家族でプールに出かける際にはぜひ参考になさっていただきたいと思います。

家庭でも家族で同様に確認しあってからプールに出かけます。これだけの工夫で、熱中症リスクを抑えてプールを楽しむことができます。

 

2019年8月3日(土曜日)

理不尽な言いつけに対して

私は日曜にはほぼ毎週「笑点」を見ていますが、とりわけ桂歌丸さんが司会をしていたころの大喜利が楽しみでした。

別に桂歌丸さんのファンというわけではないのですが、歌丸さんより若い今の司会者の春風亭昇太さんの司会とはまた違った趣があったように感じています。

 

昨日、偶然に次の記事が目に留まりました。

桂歌丸に学ぶ「理不尽な言いつけ」の返し方。

 

記事は、歌丸さんの弟子だった桂歌助さんの著書『師匠歌丸』にあるエピソードを紹介していて、筆者はプロフィールに40代の内科医と書かれていました。

 

記事に次の文面がありました。

歌丸さんは、真面目で几帳面な人で、お酒も飲まず、仕事で旅に出るときも、自分の身の回りの準備はすべて自身でされていたそうです。何かあったときに、他人のせいにしないように、と。

 

上記は、私には納得でした。

「やはり、そういう方だったんだ」と思いました。

 

「理不尽な言いつけ」に対して、記事には次が記されていました。

世の中には、言いなりになるのも、言いつけを徹底的に拒絶するのも難しいことがある。そういうときに『笑い』や『ユーモア』を利用して、危険をうまく避けながら、その場を丸く収めるというやり方もあるんだ

 

私は「ユーモア」や「シャレ」が苦手なので頭が痛いですが、人生には「ユーモア」や「シャレ」が必要な場面が多々あることも感じているので、何とか身に着ける努力をしなくてはと思いました。

 

記事に登場する桂歌助さんは東京理科大理学部数学科を卒業されたそうで、「そういえば大学のホームカミングデーの案内に載っていた」と記事を読み終わって気づいた次第です

 

2019年8月2日(金曜日)

熱中症に注意

梅雨明け後は猛暑が続き、ニュースやTVのワイドショーなどでも熱中症に関連した話題が多く取り上げられていますね。

 

日本気象協会でも熱中症情報を出しています。

熱中症情報

 

昨日の朝、ウォーキング中にサルスベリの花が目に入りました。

2019/ 8/ 1 5:10

 

昨日も朝から気温が高く、歩いているうちに体中汗ばんでいたのですが、もうすぐ家に着く場所にあったサルスベリの花にホッとした思いを感じました。

もうすぐ家に着くという思いと、白い花から清涼感を感じたためではないかと思います

 

わが家の前の通りの先に中原消防署があるため、1日に何度か救急車のサイレン音を耳にするのですが、梅雨明け後は救急車の出動も多いように感じていますので、皆さまも熱中症にはくれぐれもお気を付けください。

 

2019年8月1日(木曜日)

クリニックのWEB予約システム

近年、WEB予約システムを導入しているクリニックが増えていますね。

 

私が定期健診を行っている内科クリニックや眼科も、1年くらい前からWEB予約システムを取り入れました。

 

どちらも日曜祭日は休業のため、平日は仕事のある私の場合、WEB予約が導入される前は開店前に帰宅できるように診察が一番になるよう早めに家を出ていました。

 

WEB予約が導入されてからは、眼科の場合は診察日より前からの予約が可能なので大丈夫なのですが、私が行く内科に導入されているのは当日予約のみのシステムのため、予約開始午前7時半を待ってすぐに予約しても先日は18番でした。

 

クリニックの看護師さんに予約のコツを尋ねたところ、「皆さんに聞かれるんですよ」という返答でしたから、やはり予約ボタンクリックのタイミングの問題のようです。

 

私が耳にする限り、近隣のクリニックのほとんどがWEB予約システムを取り入れ始めたため、WEB予約を理解できない高齢の方もいらっしゃって、先日はそのような方が憤慨して来店されました。

 

その方は皮膚科に行ったそうですが、待てど暮らせど順番が来なくて、受付で尋ねたところ「ネット予約されている方がいらっしゃるので」と言われたそうで、「もうあそこは行かない」とウチの店で愚痴をこぼしていらっしゃいました。

 

WEBシステムは確かに便利ですが、スマホやパソコンが使えずWEB予約できない高齢の方にとっては長く待たされるのを耐えなければ診察してもらえないことになってしまいますね。

WEB予約できない高齢者の対策も考えてもらいたいものです。

 

2019年7月31日(水曜日)

ストレスと上手につきあうには

別の記事を探していて、次の記事が目に留まりました。

「ストレスと上手に付き合う」って、どういうこと?

 

ストレスに関することは興味があって記事も多く読んでいるのですが、上記事では「ストレスを感じやすくしてしまう考え方に注意!」という項を興味深く読みました。

その項には次の記載がありました。

オールオアナッシングの「○×思考」
「××できない人は負け組、できれば勝ち組」「○○くらいできないと生き残れない」などと、物事を白黒や結果で認知しようとする。

「○○してくれない」が口癖になっている
「誰も評価してくれない」「誰もかまってくれない」などと、「○○してくれない」という思いをひんぱんに抱く。

「あの人」と「あのとき」にいつもイライラ
「あの人はなぜ、いつもこうなんだろう」「なぜあのときこんなことを言ってしまったのか」などと、他人や過去のことに執着する。

「どうせ~」「面倒くさい」……愚痴っぽい言葉がすぐ出る
ささいなことに対しても、不快に感じてネガティブな言葉がすぐ出てしまう。

どうでしょう、思い当たりませんか

 

上記事にはストレスを解消するためのアドバイスもありますから、ストレスが溜まりやすい方には参考になさっていただきたいと思います。

 


カレンダー
2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project