ホーム
2019年10月15日(火)18時09分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
  カテゴリー ‘いろいろ’ のアーカイブ

2019年10月15日(火曜日)

巻き爪と陥入爪

しばらく前から、足の爪の軽いくい込みが気になっていました。

 

自分では巻き爪だと思っていたのですが、偶然に読んだ次の記事から、私の症状は陥入爪の可能性が高いように思いました。

巻き爪・食い込んだ爪 カールしないよう爪を広げる

 

上記事には、巻き爪の説明が次のように記されていました。

「巻き爪」は爪のフチがカールして、爪が指先の皮膚に当たったり、皮膚を巻きこんだ状態を指し、ひどくなると、痛みが生じることもある。
巻き爪の原因は、外反母趾と同じように先が細いヒールのある靴を履くことにある。「足指が締め付けられ、爪が圧迫される」と、湘南台青木形成外科クリニックの青木文彦院長は説明する。外反母趾の足も巻き爪を起こしやすい。

 

陥入爪に対しては、次が書かれていました。

巻き爪と勘違いしやすいものとして「陥入爪」という病気がある。陥入爪とは爪のフチが皮膚に食い込んでいる状態で、やはり痛みが出る。陥入爪は平べったい爪でも起き、巻き爪と陥入爪が併発することもある。
陥入爪は、主に誤った爪の切り方が原因だ。「爪を短く切り過ぎてしまったり、爪の角を切り落としてしまったりすると、爪が伸びるにつれて両端のフチが皮膚に突き刺さってしまう」

 

私の場合、思い当たるのは爪の切り方で、食い込まないようにと爪の角を切り落としていたことで反って悪化させてしまったようです。

記事に「再び爪を短く切らないことが大切」とありましたから、今後は気を付けようと思います。

 

同じような症状の方がいらっしゃったら、巻き爪と陥入爪では予防法も異なるようなのでお気を付けください。

 

それにしても、上ページの巻き爪と陥入爪の比較画像は重症の方だと思うのですが、さぞや痛いだろうと察せられました。

記事に登場する湘南台青木形成外科クリニックの患者さんのようなので、治療が奏功して完治なさっていることを願いたいです。

 

2019年10月14日(月曜日)

水害に遭ったら

台風19号の被害が明らかになるにつれ、被害の甚大さに心が痛むばかりです。

台風19号 31人死亡 15人行方不明 186人けが(2019年10月14日 1時11分)

台風19号 被害甚大【決壊】21河川24か所【越水】のべ142河川に(2019年10月13日 20時56分)

 

被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

 

昨日、次が目に留まりました。

「水害にあったら、どうすればいい?」このチラシが、とてもわかりやすい

 

上ページにリンクがあった次を早速開いてみました。

震災がつなぐ全国ネットワーク(震つな)

 

上ページに載っているチラシはダウンロードできるようになっていましたので、私もダウンロードし、家族にも見せるためにプリントしました。

 

チラシに載っている事項はすでに知っていたものと初めて知ったことがありましたが、画像と文字での表示が簡潔でわかりやすかったです。

いざという時には慌ててしまうと思いますから、プリントしたチラシを時々読んで頭に入れておこうと思いました。

 

今回被災されなかった方々も、他人事とお考えにならずに、ぜひ目を通されることをお勧めしたいと思います。

 

2019年10月13日(日曜日)

台風その後

昨夜は不安な中で過ごした方が多いのではないでしょうか。

 

私は浸水しやすい調剤室が気になり、夜中も何度も起きて確認したために寝不足ですが、我が家ではほとんど被害はありませんでした。

夜中には雨も止み、朝には台風一過の青空でした。

2019/10/13 6:15

 

ただ、私の住む川崎市では、多摩川の氾濫で多くの地域に避難勧告が出されました。

今朝、ニュースで確認すると、歩いていける地域でも浸水したことを知りました。

 

ニュースでは、多くの地域に被害が出ていることを報じていました。

今後も警戒しなければならない地域もあると思いますし、地盤が緩んで土砂災害が起きやすい地域もあるとのことですから、該当地域にお住まいの方はどうかお気を付けください。

 

一夜明け、これから被害状況が明らかになるのだと思いますが。被害が広がらないことを祈るばかりです。

 

2019年10月12日(土曜日)

台風19号

今は午前4時台ですが、私の住む地域は雨風が強くなってきています。

 

予報によると、関東地方の暴風雨ピークは今日の午後9時ごろとのことでした。

 

台風を気にする性分の方と、ほとんど気にならない性分の方がいらっしゃると思いますが、私は今まはどちらかというと後者でした。

 

主人の義母は2010年に亡くなりましたが、台風が来る前には毎回大騒ぎで周りを巻き込んでいました。

 

そのような義母のことを、私は「なぜあんなに心配するのか」と思っていましたが、昨日次の記事を読んで急に不安が大きくなり、様々な備えに頭を巡らせました。

“史上最強クラス”モンスター台風19号 12日上陸の見通し、15号の6倍強の面積

 

記事には次のように記されていました。

千葉県などに大きな被害をもたらした先月の台風15号の大きさは約390キロだったのに対し、直径が約2・5倍の1000キロ。面積で6倍以上となる。関西空港でタンカー衝突が起きるなど大きな被害が出た昨年9月の台風21号の780キロを上回る大きさの台風となる。暴風域も90キロから240キロへ発達しており、台風15号の6時間の倍にあたる12時間にわたって影響を及ぼすとみられる。

 

また、次がありました。

19号は大西洋上で発生するハリケーンの規模を示すカテゴリーでは最大級の「5」。米国内の気象専門家からは「存在しない6に相当する」という意見も出始めている。

 

今日は1日中、台風が過ぎるのをじっと待つつもりです。

台風の進路に当たる地域の方々はもちろんですが、この台風は広範囲への影響が懸念されていますから、暴風雨域から離れた地域の方々もお気を付けください。

 

台風15号の被災地には、被害が拡大しないことを祈らずにはいられません。

 

本日はヤマト運輸の集配が終日停止となっていますので、当店からの発送もお休みさせていただきます。

ご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんが、ご理解お願いいたします。

 

2019年10月11日(金曜日)

腸と脳の関係

私は腸内細菌に関心が高いためブログにも何度か投稿していますが、昨日は次のページを興味深く読みました。

腸にまつわる超すごい話 腸と脳の不思議な関係

 

上ページは「緊張するとおなかが痛くなるのはなぜ?」に回答する形で書かれていて、ストレスを感じた際にその情報が腸に伝わって下痢になってしまうしくみが説明されています。

 

上記は情報としてご存じの方も多いかと思いますが、私は下痢になるしくみ以上に次の文面に注目しました。

最近の研究の結果、腸でたくさんの種類のホルモンや神経伝達物質が発見されています。また、一部の物質では、作られる量が脳よりも腸で多いこともわかってきています。たとえばセロトニンという感情に関わる神経伝達物質のおよそ95%が腸で作られています1)。残りは脳で作られますが、実は、この脳で作られるセロトニンも、腸からの材料(前駆体)をもとに作られているのです。

 

以前の投稿(腸内細菌の役割)でもセロトニン育成に腸が関与している情報を載せましたが、上ページを読んで、セロトニンの95%が腸で作られていることを初めて知りました。

 

それを知って、「セロトニンが関与している多くの精神疾患も腸の働きを整えることで改善につながるかもしれない」と一瞬思いましたが、そんなに簡単ではないですよね

 

今後の研究によって、更なる腸の働きが解明されることを願いたいと思います。

 


カレンダー
2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project