ホーム
2020年11月27日(金)0時10分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
13 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 13

もっと...
  カテゴリー ‘いろいろ’ のアーカイブ

2020年11月27日(金曜日)

椎間板ヘルニアの新治療

椎間板ヘルニアの痛みに悩む方々は多いと察しますし、痛みが無いために気づかず、別件で整形外科を受診した際に「ヘルニアもあります」と指摘された方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

私は後者なのですが、腰痛も起こしやすいため、次の記事は関心を持って読みました。

椎間板内酵素注入療法…注射でヘルニア縮小

 

記事に次が書かれているように保存療法が基本で、重症の場合には5日から1週間程度の入院が必要な手術適応になるというのが今までの私の認識でした。

治療の基本は安静にして様子を見たり、痛みや炎症を抑える薬やコルセットなどの装具を用いたりする保存療法です。ヘルニアは自然に縮小したり、症状が治まったりするケースも多くあります。

 

記事には新しい治療法の「椎間板内酵素注入療法」が紹介されていました。

椎間板内の組織に含まれる保水成分の分解を促す酵素を注射器で入れます。椎間板の膨らみを縮小させ、神経への圧迫を取り除くことを狙ったもので、日帰りか1泊の入院で済みます。

 

「椎間板内酵素注入療法」を受けた患者さんの7~8割に効果が出ているそうですが、「椎間板内酵素注入療法」はアレルギーが出るリスクから1度しか受けられないことも記事には書かれていました。

 

以下も記されていましたので、「椎間板内酵素注入療法」を希望する場合は事前に問い合わせなさることをお勧めします。

酵素注入療法を行えるのは、日本脊椎脊髄病学会や日本脊髄外科学会の指導医などに限られています。

 

2020年11月26日(木曜日)

幼児は応形性の食べ物に注意

以前、加工食品による幼児の窒息という投稿をしましたが、偶然に目に留まった次の記事にはまたもやゾッとさせられました。

ブドウの皮をむいてあげた父親の目の前で…乳幼児の窒息死 「柔軟な球形」が危ない

 

記事の冒頭に次が書かれていました。

子どもの場合、気道に詰まらせるケースの3分の2は食べ物です。食べ物が少しでも気道に入ると、むせて吐き出そうとします。しかし、吐き出せないで、食物が気道を完全に 閉塞へいそく させると窒息になります。

 

そして事例が挙げられていて、一番目はミニトマトでした。

 

2例目もミニトマト、そして3番目に種なしの巨峰での事例が挙げられていました。

 

私の下の孫は1歳11カ月になり、ミニトマトは娘が半分くらいに切って、ブドウの場合は皮をむいてそのまま食べさせていたので、3例目の事故にはひどく驚きました。

 

4例目がリンゴ、5番目はなんとイクラの事例が書かれていました。

 

5例目はイクラが気道を閉塞させたことでの事故と書かれていて、次の説明がありました。

ヒトの気管は、その人の小指の太さと同じくらいと言われています。それを知っていれば、5か月児がイクラを気管に詰まらせることは想像できると思います。このようなケースでは、もし発見が遅く、すでに死亡していた場合、乳児突然死症候群と診断されていたと思われます。

 

記事には次のアドバイスが書かれていました。

食物で気道が閉塞して死に至るかどうかは、その大きさ、形、硬度などによって決まります。丸い食べ物で、柔軟性があり、 気道の形に合わせて変化しやすい「応形性」があるものはとくに危険です 。このような食物を乳幼児に与えるときは、切ってからにしてください。

 

「応形性」が危険とは、この記事を読むまでは私も認識不足でした。

 

小さいお子さんが身近にいらっしゃる方々は、くれぐれもお気を付けください。

 

2020年11月25日(水曜日)

足の小指の爪

私の母も足の小指の爪が極端に小さくなり、幼いころの私は「大人になったら足の小指の爪が小さくなる」と思っていました

 

ところが、私の場合は70代が近づいても小さくならず、母の場合は水虫だったのかと思っていたところ、次の記事が目に留まりました。

大人になってから、足の「小指の爪」が小さくなるのはなぜ? 治療はすべき?

 

足の小指の爪が小さくなる原因は、記事に登場する形成外科医が次を例として挙げていました。

(1)小さな靴を履くことによる圧迫で小指が親指側に曲がり、くの字状に変形する内反小趾(しょうし)が起きている
(2)自分の足よりもサイズが大きい靴を履くことにより、靴の中で足がずれて小指にダメージを与えている
(3)爪を切り過ぎて深爪になっている
(4)ビタミンやタンパク質などの栄養が不足している
(5)歩くときのバランスがよくない
(6)水虫になっている

 

母の場合の原因は亡くなってしまったので本人には聞けないのですが、O脚だったので歩くバランスが悪かったのか、水虫だった可能性等を疑いました。

 

形成外科医は放置は良くないとし、次のように述べていました。

まずは靴のサイズや種類を見直し、小指にも地面からの圧が均等にかかるような歩き方に改善することです。靴では、足指が圧迫されないげたが一番よいといわれています。その他にも、5本指ソックスを履いて内反小趾を防ぐ、保湿をしっかりする、血流をよくするためにマッサージをする、水虫などが起きないよう清潔に保つ、甘皮(爪の根元を覆う柔らかい皮膚)を正しく処理するなどの対策で、きれいな足の小指の爪が生えてくる可能性が高くなります。

 

私の母がそうだったように足の小指が小さくなっても放置している場合が多いのではないかと察しますが、その方々には上記を試みていただくことをお勧めしたいです。

 

2020年11月24日(火曜日)

野球の日本シリーズ

今は野球への興味が薄らいでしまったものの、中学生の頃は熱烈な巨人ファンだったこともあり、日本シリーズには関心があったのですが、内容の悪い2連敗には言葉がありません。

 

気になっていろいろな解説を読んだのですが、次の記事に書かれていた解説に納得させられました。

なぜ巨人はSBに歯が立たないのか…丸の走塁事件に見え隠れする“差”とは?

 

記事には楽天、巨人でコーチを務め、セ、パの野球を熟知している評論家の橋上秀樹氏の言葉が載せられていて、橋上氏は両チームの投手の球速差をクローズアップして戦力差を解説していました。

 

球速差について、橋上氏は次のように述べています。

150キロが当たり前のパワー投手がゴロゴロいるパ・リーグでは、振る力がなければ通用しません。必然、打撃練習でも振り、スイング力がつき、追いこまれるまでどんどん強打します。9番打者の甲斐のホームランが、その典型でしょう。いわゆる強打者が育つのです。その圧に負けて今村も、ストライクゾーンの端っこで逃げる、カウント負けして失投する、という悪循環にはまりました。一方、セ・リーグの投手はコントロール主体で、ボールの出入りを主に勝負するタイプが多いので、打者もその対応を求められます。強打者ではなく好打者が結果を出すようになります。巨人の打者は、坂本、丸にしても好打者です。セ、パの実力差というより、その野球観の違いの差が日本シリーズで出ているのではないしょうか。

 

そして、チーム内の緊張感も戦力差に影響していることを述べています。

ソフトバンクでは、チーム内競争を強いられ、ペナントレース中もレギュラーが確約されている数人の選手以外の敵はチーム内にあった。緊張感を持って毎試合、全力で臨むことになり、自然と集中力が養われ、それが“際に強い”守備力や走塁力にもつながる

 

今日から福岡での連戦が始まりますが、巨人はどのような戦いを見せてくれるでしょうか。

リーグ覇者としてのプライドが見える試合をしてほしいと願うばかりです。

 

2020年11月23日(月曜日)

白髪のこと

年齢と共に白髪が増えるのは仕方がないことだと思いつつ、実は私も白髪対策には何が良いのか模索中です。

 

そのため、次の記事の「治療は?」が気になって読みました。

白髪が増えてきた人への対策法。治療は? ベストな染め方は?

 

結論として「治療は?」について、記事には次が書かれていました。

医療技術が進んだ今日、薄毛の治療はスムーズにできるようになりましたが、残念ながら白髪を黒い毛に戻すのはまだ厳しいです。

 

「ベストな染め方は?」については、次が書かれていました。

推奨される使用法を正しく守れば、大きな問題はないと考えています。

 

ということで、新しい情報は無しでした

 

形成外科医である筆者は、次の文面で記事を終わっていました。

私がもっと気を付けていただきたいことは、染色による一時的なダメージではありません。日々のストレス、交感神経の過緊張状態と血流低下で頭皮が薄くなってしまうことや毛根へのダメージ、さらに、私の専門である太陽光の近赤外線の 曝露ばくろ によるダメージについて、もっとを気に留めていただきたいと考えています。

 


カレンダー
2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project