ホーム
2020年4月05日(日)22時52分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
  カテゴリー ‘地震’ のアーカイブ

2020年3月12日(木曜日)

昨日の3.11は第二水曜でした

昨日3月11日は東日本大震災から9年目であるとともに、第二水曜でもあったため、3月の月例Windowsアップデートのリリース日でもありました。

 

それで、いつもの月例アップデート時と同様に一番新しい機種から作業を始め、いつもと同じように進みました。

 

そして、5台のうち4台は何事もなく無事にアップデートを完了したのですが、昨年秋からトラブル続きのデスクトップPCが再起動で起動しなくなってしまいました。

 

アップデートが最初に完了した機種で昨日の投稿をしたのですが、その時点では被災地の真実に思いをはせながら1日を過ごそうと思っていたのです。

 

ところがその後、最後にアップデートした機種が再起動後に起動せず、PCに翻弄させられた1日となってしまいました

 

修復の手段としてセーフモードでの起動やシステムの復元を含め、ありとあらゆる手段を施しましたが起動しませんでした。

 

早朝から始めた修復作業をお昼近くまで続けたのですが、目の疲れがひどくなってしまい、「どうしてもだめならOSの再インストールをするしかない」と覚悟を決めて一旦修復作業を休みました。

 

そして、「トラブルを起こしているPCはソフトウェアも含めてのリースのため、OSの再インストールの場合はリース元(ヤマト開発システム)に連絡しなければならない」と思ったのですが、毎月保守料金を徴収しているにもかかわらず、先月の投稿にも書きましたようにリース品がトラブルを起こしても連絡もなく逃げているようにしか思えない担当者に頼む気になれず、昼過ぎから修復作業を再開しました。

 

夕方までいろいろ試しましたが、気力と体力が続かず結局は駄目でしたので、憤りを抑えてヤマトシステム開発の担当者に再インストール依頼の電話をしようと思い、「これで最後にしよう」と思いつつ一旦電源をシャットダウンして再度電源を入れたところ、何と起動したのです

 

その後は動作は若干遅いものの、通常の作業ができています。

 

このままであればヤマト開発システムには連絡しないつもりなので、無事に稼働を続けてくれることを願いつつ、バックアップを取って作業完了としました。

 

そのような顛末があり、昨日はひどく疲れた3.11となってしまいました。

 

2020年1月11日(土曜日)

「ムサコ」のタワマンその後

台風19号の被害に遭った武蔵小杉のタワーマンションのことは、最近はメディアに上がっていなかったため、住民の方々の生活も元に戻ったのだろうと思っていたところ、昨日は次の記事を読んで驚きました。

「ムサコはもう無理」トイレ禁止タワマンの末路

 

記事によると住民同士の不公平感は拭い去れず、地下駐車場は未だに全面使用禁止だそうで、記事には次の様に記されていました。

駐車場の復旧に関してはまだ先が見込めず、同マンションの管理側では使用開始は1年近く先になるという話もあるようだ。そのため、利用者は同マンションの外に新たに駐車場を借り、不便な生活を強いられている。

 

駐車場に関しては、住民同士で設置したLINEグループに次の投稿があったことが記されています。

新車に1カ月以上乗れなかったこと。鹿島田(鹿島田駅は武蔵小杉駅から3駅先だ。歩いて行くと40分もかかる)の青空駐車場は耐えられなかったこと。それらを考慮して、マンションの賃貸契約を半年で解約しました。高層階で水圧も安定せず、穏やかに過ごしたい週末に避難訓練というのも、億劫でした。あまりにも期待と違う生活を、安くない家賃を払い続けて過ごすのでは、気楽な賃貸を選んだ意味がない。

 

武蔵小杉の開発が始まって最初のころに建てられた高層マンションは、確か「地震に強い」ことがセールスポイントだった記憶があるのですが、被害に遭ったのは一部のマンションだとしても、これから建つ予定のタワーマンションも「地震に強い」という宣伝はしにくいだろうと、記事を読んで改めて思いました。

 

適切な改善策が進み、被害に遭った住民の方々が心穏やかに暮らせるようになることを祈らずにはいられませんでした。

 

2019年11月7日(木曜日)

東京は危ない都市?

次のタイトルが目に入り、気になって読んでみました。

東京が「世界一危ない都市」と断定されたワケ

 

読んだところ、タイトルの意図は次の文面に集約されるものでした。

英エコノミスト誌の関係会社、EIU社が発表しているSafe Cities Index(安全都市指数)という調査がある。

この調査の2019年版では、3年連続で東京が「世界で最も安全な都市」に輝いている 。「サイバーセキュリティ」で1位、「医療・健康環境」で2位、「インフラの安全性」で4位、「個人の安全性」で4位、総合スコアでは堂々の1位である。この調査、大阪も第3位に入っており、なるほど「日本は安全な国」との印象である。

ところが英保険組織のロイズが、ケンブリッジ大学と共同で行っている都市リスクの指標もある。こちらは紛争や災害の脅威を試算しているのだが、この都市ランキングでは東京が第1位、大阪が第6位となっている 。損害保険という「危険を買う仕事」の人たちの眼には、「東京や大阪は危なっかしい」と見えているらしい。

 

タイトルにはドキッとさせられましたが、上記を読んで納得させられた思いがしています。

 

そして、出たランキングが次だそうです。

安全な都市ランキング(英EIU) 
1位 東京 
2位 シンガポール 
3位 大阪 
4位 アムステルダム 
5位 シドニー 
6位 トロント 
7位 ワシントンDC 
8位 コペンハーゲン 
9位 ソウル 
10位 メルボルン 

 脅威リスク都市ランキング(英ロイズ)
1位 東京
2位 ニューヨーク
3位 マニラ
4位 台北
5位 イスタンブール
6位 大阪
7位 ロサンゼルス
8位 上海
9位 ロンドン
10位バグダッド

 

記事には他に保険金のことや競馬の話などがありましたが、政府はもちろんのこと、私たち一人一人がますます甚大化が予測される自然災害への防備について、認識を新たにする必要があるのではないかと思わせられた記事でした。

 

2019年4月21日(日曜日)

10年前の切手で身元判明

昨日、次の記事を読みました。

「親戚では」 10年前の切手にDNA、遺体の身元判明

 

記事の冒頭に次が記されていました。

宮城県警は19日、東日本大震災の後に同県石巻市の海上で見つかった遺体の身元が、同県女川町女川浜の平塚真澄さん(当時60)と判明したと発表した。平塚さんが生前に出した手紙の切手についていた唾液(だえき)と、遺体のDNA型が合致した。

 

また、次がありました。

2009年5月の消印があった封筒に貼られた切手から平塚さんの唾液を採取。遺体のDNA型と合致したため、身元の確認ができたという。

 

震災から8年が過ぎましたが、記事にもまだ9体の身元不明遺体が残っていると記されていました。

記事を読み、10年前の切手から身元が判明したことに驚くとともに、他の身元不明遺体の身元が判明することを祈らずにはいられませんでした。

 

2019年3月11日(月曜日)

あの日から8年

東日本大震災から8年目の今日を、皆さまはどのような思いを持って迎えていらっしゃるでしょうか。

 

私自身は被災者ではないですが、あの日のことは絶対に忘れてはならないと思い続けています。

 

震災から8年目の3月11日が近づくにつれて様々な報道を目にしましたが、その中でも次の記事が私の心に深く残りました。

原発周辺、半数以上「帰還せず」

東京電力福島第1原発事故で避難指示が出た双葉、浪江、富岡3町で、40代以下の住民の半数以上が帰還しない意向を示していることが復興庁などの調査で9日、分かった。働き盛りの世代が戻らなければ地域の復興に大きな影響が出るとみられ、各町は生活環境の整備を進めている。だが、避難先で生活基盤を固めた世帯も多く、呼び戻すのは容易ではなさそうだ。

2017年に避難指示が一部解除された富岡町、浪江町は傾向が似ており、20代以下、30代では「帰還しない」が60%を超えた。第1原発が立地し全域避難が続く双葉町では年代を問わず「帰還しない」が多く、全体で61.5%だった。

 

震災があって、それまでとは全く異なった生活環境を強いられた方が多くいらっしゃいます。

そして、8年。

生活の基盤が変わってしまった方々も多くいらっしゃることでしょう。

 

被災県の中でも、原発事故にあった福島県が抱えるのは重い問題だと思います。

 

平成31年3月8日付けの警視庁広報資料には、震災によって亡くなられた方々は15897人、未だに行方不明の方々が2533人と記されていました。

 

震災によって、私にはいくつかの気づきがありました。

8年目の3月11日の今日は、それらに思いを馳せながら過ごすつもりです。

 


カレンダー
2020年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project