ホーム
2020年1月17日(金)14時36分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
10 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
  カテゴリー ‘HPトラブル’ のアーカイブ

2020年1月16日(木曜日)

新年最初のWindowsアップデート

昨日1月15日は、新年最初のWindowsアップデートリリース日(日本時間)でしたね。

 

新年最初ということもあって、私はトラブルが生じないことを祈りつつ作業を始めました。

 

いつも通りトラブルが生じない可能性が高い順に作業を進めましたが、昨日の作業は今までで一番と言えるくらい順調に進み、1台もトラブルがないままアップデート作業を終了しました。

 

ここ数年、必ずと言って良いほどアップデートにはトラブルが生じていましたから、「これからトラブルが起きるのかも」という疑いを持ちながらバックアップまで済ませましたが、1日経った今日までトラブルは生じていません。

 

ネットでも大きな不具合情報が見当たりませんでしたので、このまま無事に過ぎることを願いたいです。

 

ちなみに先月のアップデート時に記したヤマトシステム開発の担当者からは未だに連絡がなく、私は腹立ちを通り越して騙されたような気分になっています

 

2019年12月7日(土曜日)

ブログページの日時表示

このブログは、XoopsXというCMSにwordpressを入れた物が基盤となっています。

 

そのwordpressの最新バージョン5.3がリリースされましたので、このブログも先日バージョンアップしました。

 

以前の投稿に記しましたが、バージョンアップするとブログのページだけ表示時刻が9時間ずれるため、wp-includes/functions.phpに以下を追加する作業を行っていたので、今回も同様の作業をしました。

date_default_timezone_set(‘Asia/Tokyo’);

 

すると、右サイドバーのカレンダーが1日ずれるようになってしまいました。

 

これはfunctions.phpの追加部分を元に戻すことで改善することがわかったのですが、そうするとブログページの表示時刻が9時間ずれてしまい、両方を正常表示にする方法がわからずにいます。

 

ネット検索したところ、wordpress5.3の新機能として「日付/時刻に関するコンポーネントの改善」という情報がありましたので、その辺りの関係ではないかと思うのですが、解決策は今だに見つからずにいます。

 

そのような状況のため、ブログページは上部に表示される日時が9時間ずれたままとなっています。

解決策が見つかり次第修正いたしますので、皆様には申し訳ございませんがご理解お願いいたします。

 

2019年11月14日(木曜日)

2019年11月のWindowsアップデート

昨日は第二水曜でしたので、定例のWindowsアップデートの作業を行いました。

 

毎月同じになりますが、一番動きの良いWindows10のPCから作業を始め、順番に他のPCの作業をしました。

 

そのPCはあっけないほど順調にアップデートが進み、再起動後に履歴をチェックしようと思ったところ、なんと1909が来ていました

 

1909へのアップデートに関してはバックアップなどの準備もしていなかったのですが、手持ちのPCの中では一番順調はPCでしたので、思い切って更新を始めました。

 

すると、大型アップデートだからだから時間がかかるだろうと思っていたのですが、あっけなく終わりました。

 

その後に1909についてネット検索したところ、以下のページに説明がありました。

Microsoft、「Windows 10 November 2019 Update」を一般公開

「November 2019 Update」は大掛かりなフルビルドアップデートではなく、毎月配信されている品質更新プログラムと同じ規模となっている。アップグレードの際に必要な再起動は1回で済むため、比較的短時間で更新処理は完了するだろう。

 

他3台のPCについては時間の差はありましたが、無事にアップデートを完了し、Windows10の機種は1909への更新も完了しました。

 

残りの一台、これは何度もトラブルを起こし、先週あたりから動作がひどく遅くなっていたので、アップデートするかを悩みましたが、ダメなら初期化するつもりの覚悟で作業を開始しました。

案の定、いつ終わるかわからないくらい動作が遅く、どうしようかと悶々としましたが、他のPCに比べれば10倍以上の時間がかかって再起動の表示が出ました。

 

それで再起動したのですが、それにもひどく時間がかかり、起動してもほどんど固まっているような状態のため、初期化したほうが良いのか思案しているところです。

 

最後のPCがモタモタしている間に、他のPCはバックアップまで完了しました。

 

トラブル中のPCに関してはうんざりの心境ですが、何とか次の手段を決断しなければと思いつつ、昨日のアップデート作業に関してはここまでとしました。

 

2019年9月26日(木曜日)

パソコンから警告音

昨日、主人が突然「音が出てるぞー!」と私を呼びました。

 

私は別のところにいたので、主人の言っている意味がわからなかったのですが、呼ばれて行ってみると、主人のPCからピーピーという警告音のような音が出ていました。

 

表示された画面にはブラウザのedgeが立ち上がっていて、主人が言うには「Yahoo!のニュースを見ていたら、急に音が始まった」とのことでした。

 

画面にはログイン画面が表示され、「この画面を閉じるとコンピューターにアクセスできなくなります」等と書かれていたため、私は「詐欺だろう」と思ったのですが、主人が「閉じたらPCがダメになる」と言うので、しかたなく自分のPCで対処法を探してみました。

 

すると、私が以前Windowsアップデートで参考にさせていただいていたサイトに情報がありました。

「マイクロソフト セキュリティアラーム エラーナンバーDW6VD36」と、パソコンが突然しゃべりだした場合の対処方法

 

主人のPCの現象も上記ページとほぼ同様(記載の電話番号とエラー№が若干異なっていましたが)でしたので、上記ページに記されているようにタスクマネージャーからブラウザを終了させ、ウィルススキャンを実行しました。

 

その結果、主人のPCではウィルスは一つも検出されませんでしたので、警告音は詐欺グループの仕業だったのだと思います。

 

上記サイトに以下の情報がありましたが、ウチの場合もエラー番号と電話番号が若干異なるだけで同じ現象でした。

皆さまも同類の詐欺にはくれぐれもお気を付けください。

*マイクロソフトのサポートページそっくり
*表示されるメッセージ
「このページを閉じると、コンピューターへのアクセスは無効となります。ウイルスやスパイウェアに感染しています。」
*音声メッセージも流れた
*エラーコード DW6VD36 (ウチの場合はDがBでした)
*掲載されている電話番号
03-4579-5825 (フリーダイヤルと書かれているのに、フリーダイヤルの番号ではない)
開いたWebページの操作はかなり制限された状態
(画面内をクリックするとログイン画面が表示される)

 

2019年8月15日(木曜日)

2019年8月のWindowsアップデート

昨日は第二水曜でしたので、Windowsアップデートリリース日(日本時間)でしたね。

 

いつものように気合を入れて最初のWindows10(手持ちの中で一番新しいPC。一番トラブルが生じにくいと推測して)を起動し、アップデート作業を始めました。

 

上記PCでは更新プログラムとして表示されたのが2個だけでしたので、いつもより時間がかからなかったという印象でした。

 

他、3台のWindows10と1台のWindows8.1も比較的スムーズにアップデートが完了したので、今までで一番楽だったかもしれません。

 

アップデート完了後、念のために不具合情報を確認したところ、特に目立った不具合情報は無かったのですが、次の記事が気になりました。

2019 年 8 月 6日更新プログラム Office 2016 (KB4475551)

 

4台のWindows10はすべてofficeの更新を有効にしているのですが、何度更新の確認をしても上記プログラムは表示されませんでした。

 

それで上記ページを読み返したところ、次の記載がありました。

この更新プログラムをインストールするには、Microsoft Office 2016 がインストールされている必要があります。

 

手持ちのWindows10を確認したところ、Office Personal Premiumとなっていました。

 

この確認をしたことで、Office 2016とOffice Personal Premiumの違いを理解していなかったことに気づき、ネット検索したところ、次のページにわかりやすく説明されていました。

Office製品の違いについて

 

上記ページには、Office Premiumについて次がありました。

・購入したパソコンにプリインストールされている
・常に最新版にアップデート
・購入したそのパソコンでしか使えない

 

そして、Office 2016については次が書かれていました。

・インストールした状態が保たれる(不具合が見つかった場合はアップデートされて修正される)
・直販サイトなどでPCとセットで購入した場合は、購入したそのPCにしかインストールできない
・パッケージ版として購入した場合は、同一ユーザーが使用する 2 台のPCにインストールが可能

 

ということで、手持ちのPCにKB4475551が配信されない理由もわかったので、バックアップを取って昨日は作業完了としました

 


カレンダー
2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project