ホーム
2020年5月30日(土)15時14分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
17 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...
  カテゴリー ‘花の名称’ のアーカイブ

2020年5月16日(土曜日)

ヤマボウシ

昨日の朝、ウォーキングルートにあるマンションのエントランスに咲いていた次の花が目に留まりました。

2020/ 5/15 5:07

 

何年も同じルートを毎朝通っているにもかかわらず、↑の花が目に留まったのは初めてでしたので、私の注意力がなかったためか、それとも今まで花が咲かなかったのかと一時思いましたが、ほぼ前者だろうと結論付けました

 

初めて見た花でしたので帰宅後にネット検索したところ、「ヤマボウシ」の花の可能性が高いようです。

ヤマボウシの基本情報

 

上ページに次が書かれていました。

同じ属のハナミズキに比較すると開花時期が遅く、葉が出たあとに枝先に開花するので華やかさは少ないのですが、梅雨どきの花木としては価値が高い存在です。花のように見えるのは本来の花弁ではなく、ハナミズキと同様、総苞片(花のつけ根の葉)です。そのため比較的花の観賞期間も長いのが特長です。果実は8月から9月に紅橙色に熟し、果肉は粘質で甘く生食できます。

 

生食できる実が生ると知って、楽しみが一つできました。

 

もちろん食べるつもりは無いのですが、紅橙色の実が生ったところをぜひ見たいと思います

 

2020年5月13日(水曜日)

ムギナデシコ

昨日の朝、いつものようにこのサイトを開き、悪意ある攻撃からサイトを守ってくれるモジュールのprotectorのprotect Centerを開いたところ、今まで見たこともないほど大量の攻撃が記録されていました。

 

その攻撃の記録数は2000件を超えていて、すべて同じIPから、一昨日の15時台に集中していました。

 

私はその記録を目にして心臓がドキドキしてしまい、とりあえずサイト内が改ざんされていないかを確認しました。

 

結果としては改ざんもなかったため少し落ち着きましたが、こういうのは本当に気分が悪いです。

 

そのような気持ちのままウォーキングに出たのですが、歩いているうちに↓の花たちが目に留まり、立ち止まって眺めているうちに和まされて嫌な気分がだいぶ楽になりました。

2020/ 5/12 5:31

 

帰宅後に「花の名称は何だろう」と思って検索したところ、ムギナデシコの可能性が高いように思いました。

ムギナデシコ

 

ちなみに攻撃のあったIPを調べたところ、中国からのものとわかりました。

そのIPはブロックしましたが、別のIPから攻撃される可能性も考えられるため、しばらくは注視したいと思います。

 

2020年4月28日(火曜日)

自然界は変わりなく

私たちの日常は新型コロナウィルスのために大きな影響を受け、昨年の今頃とは異なった日常を強いられていますね。

 

子供たちの日常も大きく変化していますし、小さい子供も大人の状況を敏感に感じ取りますから、子供なりにストレスも生じているだろうと危惧しています。

 

そのような中、ウォーキングに出ようとした昨日の朝、ほのかな香りに気づきました。

 

香りのする方に目を向けると、裏のお宅のハゴロモジャスミンの花が目に留まりました。

2020/ 4/27 5:19

 

その花を見て、「自然界は何事もないように営まれているのだなぁ」という思いが浮かび、ギスギスしていた心が少し癒された感じがしました。

 

その後にゴールデンウィーク中に沖縄へ行く予定の方々が6万人いると書かれた記事を目にし、これから始まる大型連休中も外出自粛が守られることを祈らずにはいられませんでした。

 

2020年4月19日(日曜日)

おもいやりマスク着用条例

「大和市おもいやりマスク着用条例」という言葉が目に留まり、「条例というからには」と思ったので、早速そのリンク先を開いてみました。

大和市おもいやりマスク着用条例

 

上ページの冒頭に次がありました。

新型コロナウイルスをはじめとする感染症を拡大させないため、「大和市おもいやりマスク着用条例」を制定しました。
大和市の調べによると、このような条例の制定は、全国初の取り組みとなります。

 

「全国初なのね」と思いながら内容を読んだところ、「他人へのおもいやりの心を大切にするため」というのが条例の趣旨のようで、次の注釈もありました。

この条例は、感染拡大を防ぐために、市民の皆様にマスク着用の協力を求めるものであり、罰則などはございません。

 

「全国初と言っても条例にする必要があったのか」というのが上ページを読んだ直後の感想でしたが、「世の中が混沌としている今は思いやりの心も忘れがちだと思えば条例に意味があるのかもしれない」と思い直しました。

 

タイトルとは関係ないのですが、先日のウォーキング時に近所のお宅の庭に咲いていたピンク色のハナミズキの花が目に留まり、「自然界は何事もないように進んでいるんだな」と少しホッとした思いを感じました。

2020/ 4/17 5:17

 

2020年4月8日(水曜日)

緊急事態宣言

緊急事態宣言が発令されましたね。

緊急事態宣言の仕組み(2020年4月)

 

多くのメディアで報じられていますので、発令によって今までより強い要請や指示になることはわかってはいても、「実際の生活がどう変わるのか」と多くの方は不安を抱えていらっしゃることと思います。

実は私もその一人です。

 

私の場合、仕事(薬局)は今まで通りですし、今までも食料品と生活出需品を店を開ける前か日曜に買いに出るくらいしか外出しませんので、生活自体は緊急事態宣言発令後もあまり変化するとは思えません。

 

それでも不安感が大きいのは、周囲の変化の予測ができないためではないかと自分で自分の不安を考察しています。

 

昨日の朝、予測ができない不安のモヤモヤを抱えてウォーキングに出たのですが、ウォーキングルートの中ほどで鮮やかなピンクの花が目に入りました。

2020/ 4/ 7 5:16

 

花が咲いていた場所はどう考えても太陽の光が届きにくいと思える木陰でしたので、そのような環境でもめげずに鮮やかなピンクの花を咲かせていることに元気をもらった思いがしました。

 

写した時には「ツツジ」だと思っていたのですが、帰宅後に検索したところ「シャクナゲ」の可能性が高いようです。

シャクナゲ

 

ウォーキングの帰途では、緊急事態宣言によって事態が良い方向へ向かうことを祈らずにはいられませんでした。

 


カレンダー
2020年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project