ホーム
2020年4月05日(日)22時25分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
  カテゴリー ‘孫’ のアーカイブ

2020年2月28日(金曜日)

子供のマスク

収まる気配が見えない新型コロナウィルスによる肺炎は様々な方面に影響を及ぼし、政府からは人が多く集まるような大規模なイベントの中止・延期・規模縮小の要請が出されたことをご存じの方は多いかと思います。

 

また、昨日の夕方になって安倍総理が3月2日月曜日から全国の小学校・中学校・高校・特別支援学校を臨時休校にするよう要請したことも、すでにご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

政府の要請に対しては様々な意見があるかと思いますが、私はこれからの2週間くらいが今後の分かれ道になると考えているので、今の段階では仕方のない措置ではないかと思いました。

 

特に学校の休校については問題が多いと思いますが、次の記事にあるように、休校になった子のために保護者が休みをとりやすくするなど企業側の配慮も必要ですし、皆が理解を持って今の状況を乗り切るしかないのではないでしょうか。

「補習・進級に懸念」政府内では反対も…急転直下の“休校要請”、安倍総理の決断の背景は

 

上記のように思うのは、全く危機感を持っていない人の存在を知り、どのくらいの国民が認識を持って行動しているかが気になったためです。

「ひとりの油断がみんなをピンチにする」というCMがありましたが、私はまさに今が国民全員がその認識を持つべき時だと思います。

 

マスクと関係のないことを書きつらねてしまいましたが、昨日目に留まった次の記事を紹介させていただきます。

マスクは感染リスクを高める恐れ「子どもには厳禁」と医師

 

私は上記事の「子供には厳禁」が気になって読み始めたのですが、記事に登場する医師が述べている理由には納得させられました。

子どもはいろんなものを触るし、その手で何度もマスクの表面を触って感染リスクを高めます。ですから子どもの感染予防のためのマスクは厳禁だと私は考えています。

 

上記は娘に伝えるつもりです。

 

記事にはマスクは咳エチケット(咳・くしゃみが出る時は、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう)のために必要なのであって、マスク着用によってウィルスの予防効果はほとんどないことが記されています。

新型コロナは、インフルエンザと同じウイルスの上気道感染の疾患だ。厚労省の「インフルエンザ総合対策」には「咳・くしゃみが出る時は、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう」とはあるが、他人からうつるのを防ぐ予防効果は書かれていない。
2011年までの3年間に行われた英国の調査でも、「インフルエンザにおいてマスク着用だけの予防効果はほとんどない」との結論が出ている。同様な結果は日本でも確認されており、世界保健機関(WHO)の感染予防マニュアルには「マスクによる上気道感染の予防効果にはハッキリしたエビデンスがない」と書かれている。

 

マスク不足は深刻ですが、くれぐれもマスクを過信なさいませんようお気を付けください。

 

2020年2月13日(木曜日)

2020年2月のWindowsアップデート

第二水曜の昨日は、定例Windowsアップデートのリリース日(日本時間)でしたね。

 

ついこの間に新年最初の定例アップデートを終えたような気がしていたので、あっと言う間の一か月でした。

 

一か月がいつもより更に早く感じたのは、たぶん、孫たちから感染したウィルス性胃腸炎で辛い日々が続いたためかもしれません。

 

最初にウィルス性胃腸炎を発症したのは3歳の孫で、次がゼロ歳の孫と娘、次が私、そして婿という順番でした。

主人は半日くらい気持悪いと言っていたので、軽症のウィルス性胃腸炎だと私は察しましたが、本人は違うと言っていました

 

そのような状態でしたが、感染元の孫は回復も早く、大人では体力のない私が一番長引いてしまい、10日以上辛い状況が続いてやっと回復しました。

 

3歳の孫の保育園では園児はほぼ全員、そして保育士さんも数人感染したそうです。

ウィルス性胃腸炎はまだ流行期ですから、皆様もお気を付けください。

 

アップデートと関係のない前置きが長くなってしまい、申し訳ございません。

昨日はいつも通り一番トラブルが少ないと思える機種から作業を始め、順番もいつも通りに進みました。

 

作業結果ですが、Windows10の問題ばかり起こしている1台が再起動で起動せずヒヤッとさせられた他はトラブルなくアップデートを終えました。

その機種は再度の再起動で起動したのですが、以前の投稿でも記しましたようにヤマト運輸の伝票作成ソフトが起動せず、コントロールパネル→管理ツール→サービス→開始 という手順で起動させ、今は様子を見ています。

 

その機種に関しては以前の投稿でも愚痴を書かせていただいたのですが、ヤマトシステム開発からは3か月を経過しても未だに連絡もなく怒り心頭に発したため、できれば決別したい思いになっています。

それには保存している顧客データの移行が必要なため、その方法と業者を模索中です。

 

アップデート作業終了後に念の為に不具合情報を確認しましたが、今のところ大きな不具合情報が出ていないようでしたので、バックアップを取ってアップデート作業終了としました。

 

2020年1月24日(金曜日)

満員電車のベビーカー

電車内のベビーカーについては私も関心が高いため何度か投稿していますが、さすがに満員電車となると考えさせられる点がありました。

立川志らく、満員電車のベビーカー議論で批判に反論

 

近年は車を持たない家庭も増えまし、エレベーターが備わっている駅も多くなって、電車内でもベビーカーを見かけることが多くなりました。

 

ベビーカーは電車内でも場所を取りますから、ベビーカーを乗せる側も気遣いが大切だと思いますが、ベビーカーで電車に乗ることを受け入れている私でも、時々イラっとするような場面に遭うことがあります。

 

容認派の私でもそのようなことがありますから、否定派の方たちにとっては大きなストレスになるのではないかと私も理解しています。

 

上記の記事ですが、ベビーカーで満員電車に乗ることは普通に考えれば非常識と言えると思います。

しかしながら、私は上記事に記されている志らくさんの次の私論に多いに共感させられました。

赤ちゃんと幼児を連れて街に出てみたらわかる、抱っこだけでは不可能だということが。どうしてもラッシュにぶつかることだってある。その時間を避けて電車に乗れ?んな馬鹿な。極力避けたい。でも無理なときだってあるんだ。

 

私も孫を授かってわかったのですが、赤ちゃんの外出時には着替えやオムツ等のかさばる荷物が多く、お母さんは大きな荷物を持たなければなりません。

そのため、車が無ければベビーカーは必需品なのです。

 

ベビーカーと公共の乗り物に関しては今後も賛否の議論が続くと思いますが、ベビーカーで電車に乗る側は他の乗客の身になって、乗客はベビーカーで乗ってきた親子の身になってお互いに気遣うことが大切なのだと記事を読んで改めて思いました。

 

2020年1月4日(土曜日)

西友での出来事

以前、西友と業務スーパーとの対応の違いを書いたことがありましたが、昨日も後味の悪い思いをしました。

 

お正月の三が日は近所の本屋が休みだったため、以前西友の雑誌売り場で目にした幼児の月刊誌を購入するつもりでした。

それで、早朝に野菜を買いに行った際、(生鮮などは24時間営業ですが、雑誌がある3階は9時からなので)レジで「3階の雑誌に図書券は使えますか」と聞いてみました。

 

手持ちの図書券はいつも使うのを忘れてしまうため、思い出した時に使おうと、ダメ元で聞いたのです。

 

実は、私は西友で図書券は使えないだろうと思っていたのですが、思いに反してレジ係の返答は「使えますよ」というものでした。

 

それで、私は3階が開いた9時過ぎに図書券を持って再び西友に行き、3階で孫が欲しがっていた雑誌を手に取ってレジで図書券を出したところ、レジ係から「図書券は使えません」と言われたのです。

 

私は一瞬「1階のレジで使えると言われのですが」と言おうとしましたが、3階のレジ係のほうが正しいように思えたため、図書券は下げて現金で支払いました。

 

1階のレジ担当者は私と同年代に見えるおばさんで、たぶんパートなのだと思いますが、それでも客に間違ったことを言うのはどういうものかという後味の悪さが残り、西友の従業員教育には再び疑問を感じながら西友を後にしたのでした。

 

2020年1月3日(金曜日)

今年も獅子は撮れず

慣例となっている1月2日の獅子舞ですが、動きが早い獅子は今年も撮れず、辛うじて写せたのがひょっとこでした

2020/ 1/ 2 11:07

 

昨日、獅子舞が着た際、店には孫二人がいたのですが、昨年も獅子舞と出会っていた上の孫(3歳)はお囃子の音色が聞こえて獅子舞はまだ来ていないうちから大泣きし、娘に抱っこされた下の孫(ゼロ歳)は身を乗り出して獅子舞を凝視していました。

上の孫は獅子舞を知っていましたし、下の孫はまだ怖いという感覚が薄い月齢のためかもしれませんが、姉妹の違いが面白かったです

 

獅子舞が終わった後、私は店を閉め、これも慣例となっている実家のお墓参りに出かけました。

 

JRの大森駅と大井町駅の中間あたりにあるお寺へは大森駅で下車して歩いて行ったのですが、大森駅に着いた際、アトレで催していた太鼓のパフォーマンスの最中でした。

2020/ 1/ 2 12:27

 

アトレの太鼓パフォーマンスはお正月の慣例となっているようで、毎年時間が合えば聞けるのですが、大混雑で今までは写真を撮れませんでした。

それが今年はあまり混雑していなかったため、写真を撮ることができました。

 

身近で聞く太鼓の音は心臓に響きますね。

其の音を後にしながらお寺に向かい、お墓参りを済ませました

 


カレンダー
2020年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project