ホーム
2018年12月12日(水)19時19分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
15 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...
  2018年4月16日の日別アーカイブ

2018年4月16日(月曜日)

夜の地震への備え

昨日、次の記事を読みました。

熊本地震から2年 夜の地震への備え

 

熊本地震では2016年4月14日21時26分と16日01時25分に熊本県益城町で最大震度7を観測し、熊本県のほか大分県でも強い揺れが相次ぎました。また、それらの強い揺れの多くは夜遅くから未明に発生しました。

 

上記事は夜の地震への備えについて書かれたものですが、2018年4月から始まった池袋防災館のナイトツアーでの体験が次のように書かれていました。

体験をしてみると、揺れるとわかっていたにもかかわらず、その大きな揺れに戸惑い、身動きのとれなさに恐怖を感じました。今回は布団と枕が用意されていたので、咄嗟に枕で頭を覆いました。恐さからか、揺れは体感では長く感じられましたが、実際に家具が倒れてきたり、ガラスが割れる音などが聞こえたりすると、もっと恐怖を感じるかもしれません。

 

何よりも地震が怖い私は、文章を読むだけでゾッとしてしまいました。

私は体験車で震度7を体験したことがありますが、体重が少ない私などは、つかまるところがなかったら吹っ飛んでしまいそうになるほど強い揺れでした。

つかまっているだけで、移動することが不可能でした。

それを体験してからは、「震度7が来たら、助かるか死ぬかは運だ」と思うようになったのです。

 

記事には、夜の震災に備えておくべきこととして次が記されています。

・普段寝ている場所に寝ころび、揺れによって頭に物が落ちてくる危険がないか確認する。
・足元にスリッパや靴などを準備しておく。
・動きやすい着替えも寝室に用意しておく。
・メガネや携帯電話などの必需品はすぐ手にできるよう枕元に置く。メガネはメガネケースに入れておく。
・窓の近くでは寝ないように心がける。できない場合は窓に飛散防止フィルムなどを貼って対策をする。
・家具を設置する場合は、寝ている場所に倒れてこない、落ちてこない、逃げ道をふさがない場所に置く。

 

「運」だと思っても「備えあれば憂いなし」という格言もあることですし、私も備えを心掛けたいと思います

 


カレンダー
2018年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project