ホーム
2019年2月23日(土)9時36分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
17 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...
  2019年2月10日の日別アーカイブ

2019年2月10日(日曜日)

雪は食べちゃダメ

昨日、次の記事に目が留まりました。

純白だけど注意!「雪」は食べない方がいい理由

 

私は60代後半ですが、私が子供の頃は大気汚染も騒がれていませんでしたし、雪は食べても大丈夫と思って食べたこともありました。

 

子どもの頃に雪を食べたことを思い出したことで、急に気になって大気汚染について検索したところ、次のページが目に留まりました。

日本の大気汚染の歴史

 

上記ページには、日本の高度経済成長と共に大気汚染や公害が激化していったことが記されていました。

1968年には大気汚染防止法が成立しています。

工場等からのばい煙の排出等を規制し、自動車排出ガスの許容限度を定めること等により大気の汚染を防止するため、「旧ばい煙の排出の規制等に関する法律」を廃止して1968年6月に大気汚染防止法が成立しました。

 

雪の事に戻りますと、雪を食べない方がよい理由について次が記されていました。

雪はきれいに見えるのに、実は汚いんです。そういえば、車に雪が積もり、その雪が溶けた後は、車体はドロドロに汚れてしまいます。すぐに洗車に行かないとまずいレベルですよね。

この汚れこそ雪の砂っぽい味の正体です。つまり、雪には不純物が含まれているのです。この不純物は、空気中を漂う「エアロゾル」と呼ばれるものです。エアロゾルは、砂ぼこりや波しぶき、工場から排出される粒子などの総称です。

 

同じ理由が雨にも当てはまりますね。

私は以前は多少雨に濡れても気にしなかったのですが、雨も汚染されているという思いから、近年はほんの少しの雨でも傘やレインコートを使用しています。

 

真っ白だからつい口に入れたくなってしまうお子さんもいると思うので、親御さんはくれぐれもお気を付けください。

 


カレンダー
2019年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project