ホーム
2019年7月19日(金)23時55分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
  2019年6月2日の日別アーカイブ

2019年6月2日(日曜日)

脳梗塞に注意

次の記事が目に留まりました。

6~8月は脳梗塞に注意~見過ごしてしまう「前兆」とは~

 

記事の冒頭に次がありました。

急に暑くなってきました。この時期ストレスが続いたり、長時間労働したりする人には、脳梗塞のリスクがあることを知ってほしいと思います。

 

また、次が記されていました。

これから夏場にかけて、汗をかき、水分補給が十分ではない場合、脳梗塞のリスクも上昇します。頭痛や首の凝りなどが続くときは、血圧を測ってみてください。高いときには、すぐに受診をしましょう。

また、血圧は正常でも、唇の周りに違和感があり、しびれた感じがあるときや、体に力が入らないときなども、脳梗塞の前兆の場合がありますから、受診してください。

 

記事には脳梗塞の予防として、次の6項目が挙げられていました。

1.水分の補給で脱水防止
2. ストレスと睡眠不足に注意
3.就寝前の呼吸で自律神経調整
4.夜のビールはほどほどに
5.血圧を測ってみよう
6.楽観バイアス禁止

 

3の「呼吸」については次の説明がありました。

寝る前の呼吸で睡眠の質は変わります。鼻から息を吸い、吸う息の倍の長さで吐くという呼吸をすると、交感神経の緊張が緩み、血圧が安定します。寝る前の10分間ほど、この呼吸で緊張を緩めてください。

 

6の「楽観バイアス禁止」については次の説明がありました。

しびれがあったり、言葉が出にくくなったりしたら、すぐ症状が治まっても、必ず受診をしてください。何か変だと気付いても、直ぐ治ると、受診するのを遠慮したりすることがあります。脳梗塞は、治療開始が早ければ早いほど、予後がいいので受診をしてください。

 

記事にもありますように、脳梗塞は冬の病気と思っている方が多いのではないでしょうか。

実は夏場も危険な時期ですので、上記6項目を参考になさるなど、お気を付けいただくことをお勧めしたいと思います。

 


カレンダー
2019年6月
« 5月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project