ホーム
2019年7月19日(金)23時20分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
最近のコメント
サイト内検索
オンライン状況
13 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 13

もっと...
  2019年6月3日の日別アーカイブ

2019年6月3日(月曜日)

パスタと塩

ほとんどの方はパスタを茹でる時には塩を入れていらっしゃるのではないかと思いますが、塩を入れない場合の検証をした記事があり、塩を入れて茹でるのが当たり前と思っていた私はその記事を興味深く読みました。

塩を入れないでパスタを茹でるとどうなるか?

 

記事の冒頭に次のように書かれていました。

ある雑誌の仕事で「パスタを茹でるときに、なぜゆで汁に塩を入れるのか」について調べていました。塩を入れて沸点を上げる、とか麺にコシを出す、などと言われることもありますが、調べてみると、そういった効果を出すには大量の塩が必要で、どうも間違いのようです。結局、塩を入れる理由は麺に味をつけるためのよう。ならば茹で上げたパスタに塩をふって和えても同じではないか。そう思って試してみた結果がこちら。面白いことがわかりました。

 

そして、結果として次の三つが書かれていました。

1)塩水で茹でたパスタのほうがおいしい
2)水だけで茹でたほうがパスタが伸びにくい
3)茹で汁にも使い道がある

 

1)の塩で茹でたほうがおいしいという結果については、差はわずかのようです。

2) に関しては、次の説明がありました。

作ってすぐ食べない場合は水だけで茹でたほうがいいかも知れません。少し、パスタのコシが長持ちします。ただし、茹で上がって10分も経てばいずれにしても伸びてしまいます。

3) については、次の説明がありました。

パスタの茹で汁には使い道があります。 塩の入ったパスタの茹で汁は、パスタと一緒に菜の花やキャベツ、ブロッコリなどの具を塩茹でしたり、ペペロンチーノを作るときにフライパンに少量を足して乳化させたり、ソースを伸ばしたり、といろいろ使い道があります。そういった作業をするのであれば、従来通り、塩水で茹でるほうが、全体の作業がスムーズに行きます。

 

上記事を読み、「当たり前のように思って実行していたことも、確かめることで新たな発見があるのだな」と思った次第です

 


カレンダー
2019年6月
« 5月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project