ホーム
2019年11月19日(火)19時46分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
  2019年10月の月別アーカイブ

2019年10月31日(木曜日)

彼我の差

各地に甚大な被害をもたらした台風19号は、「激甚災害」と「非常災害」に指定されましたね。

 

台風19号では私の住む地域から近い多摩川の氾濫によって二子玉川でも浸水し、武蔵小杉ではタワーマンションにも被害がありました。

 

タワーマンションのことはブログにも投稿しましたが、昨日、次の記事を読み、複雑な心境になりました。

台風19号・多摩川氾濫「犯人捜し」「被災タワマン階層差」切り裂かれた人間模様

 

記事には、二子玉川では堤防問題の誤解によって関係のない人への嫌がらせ電話が殺到したり、武蔵小杉のタワーマンションでは時間の経過とともに意識の差が生じていることが書かれていました。

 

記事に、「彼我の差」という私には耳慣れない言葉がありました。

 

この「彼我の差」という言葉について、読み方と意味は何となく理解できたのですが、正確な意味と読み方が知りたくて検索してみたところ、次のページにわかりやすい説明がありました。

「彼我の差」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

 

上ページの説明によると、「彼我の差」の読みは思った通り「ひがのさ」でした。

そして意味は次のように書かれていました。

「彼我の差」とは、「あちら側とこちら側での違い」や「両者の差異」を意味する表現

 

上記の意味は私の解釈とほぼ同じでしたが、多摩川氾濫の記事に使われた意味としては、次が一番当てはまるのではないかと思いました。

相手方と自分達との間に見られる乖離(かいり)を表現する際などに用いられる表現

 

記事の最後に次の文面がありましたが、人々の心に残った爪痕ができる限り早く癒えることを願うばかりです。

モンスター台風は、人々の内面にも深い爪痕を残したのである。

 

2019年10月30日(水曜日)

卵全体と黄身の大きさの関係

私は1年中、ほとんど毎日卵を食べますので、次の記事は関心を持って読みました。

卵黄のサイズは全部同じって本当? ネット拡散の噂、JAに聞くと…「それは間違いです」

 

実は、私は記事を読むまでは、大きな卵には大きな黄身が入っている場合が多いような気がしていました。

「気がしている」と書いた理由は、大きな卵でもたまには黄身が思ったより小さいと感じたことがあるためです

 

先に結論になりますが、記事には次のように書かれていました。

若い鶏は卵黄が小さく、歳を重ねると卵黄が大きくなっていきます。卵自体の大きさも若い鶏が小さめで、年配の鶏の粒は大きくなる傾向にあります。

 

上記はJA全農たまごの担当者の説明とのことですから、ほぼ間違いはないのでしょう。

まさに、私にとっては大げさに言うと衝撃の事実でした

 

前出の担当者は、さらに次のように説明しています。

卵黄比率も実は年配の鶏の方が大きくなる傾向になります。非常に若い鶏はどちらかというと卵白が多め。卵黄比率は22、3%くらいかな。年齢が上がると、卵の全体の比率の30%くらいまで上がっていくので、成長ととともに卵黄比率もどんどんあがっていきます。

 

ということは、私が思っていた「大きな卵の黄身が大きい」は、あながち間違いではなかったようです。

 

私が「たまに大きな卵の黄身が小さいと感じたこと」については、次の説明に納得しました。

注意したいのが、1羽の鶏が産む卵の大きさは日によってばらつきがある一方で、卵黄の大きさにばらつきが少ないとされる点だ。
つまり、年配の鶏が産んだ小さい卵は、「小粒なのに卵黄大きめ」タイプになる。その一方で、若い鶏が産んだ大きい卵は「大粒なのに卵黄小さめ」になるということ。そうした理由から、卵自体は大きいのに、卵黄は小さい卵と同じくらいだった――なんてことが起きるというわけだ。

 

毎日卵を食べる私にとって、たいへん勉強になった記事でした

 

2019年10月29日(火曜日)

孫との付き合い方

以前、孫の世話という投稿をしましたが、相変わらず孫に振り回されています

 

孫の世話の投稿時から3ヶ月と少し経ち、今もまだ年齢(3歳とゼロ歳)に変わりはありませんが、下の孫がだいぶ重くなって動くようになりましたので、以前より世話がたいへんになりました。

 

昨夜も二人の世話を任され、孫たちを遊ばせるサークルの中で私はてんてこ舞いでした。

 

上の子は更に我が強くなって自分の思い通りに行動しますし、下は上の動作に興味津々で動きまわります。

下の子はまだ「ずりばい(ハイハイの前段階)」なのですが、動くのが早くて、私は危ない物(何でも口に入れるため)を避けるのに必死でした。

 

こんな二人と付き合っていると、短時間でも疲れ切ってしまいます

 

孫を持つ皆さんどうしているのかと気になって検索したところ、次のページが目に留まり、読みながら少し気が楽になりました。

孫のいるリビング読者438人に聞いた! “孫育て”の本音

 

私が最も気が楽になったと思ったのは、次の箇所でした。

ついつい“孫を甘やかしすぎてしまう”という声もありましたが、「祖母には祖母ならではの役割があります。親の育児方針はふまえつつも、母親とまったく同じ行動でなくてもよいのでは」と丸山さんは話します。「孫にとって、おばあちゃんは“癒やしの基地”。おばあちゃんなら許してくれる、何かあったらおばあちゃんに話そうという気持ちを持ってもらうのは、決して悪いことではありません」

 

実は、私は孫たちに甘いおばあちゃんです

夫は孫たちを甘やかさず厳しく接していますが、義父が娘に対してそうであったように、私はいつも孫を理解して守る立場でありたいと思っています。

 

そのように思っていたため、上記を読んで私も「癒やしの基地」を目標にしようと思いました。

 

孫の成長は早く、祖父母は老化現象が進むので、今後も上手な付き合い方を探ることになりそうです

 

2019年10月28日(月曜日)

吉永小百合さん

10月26日の午後7時半からNHKで放送された次の番組をご覧になった方もいらっしゃると思います。

プロフェッショナル 仕事の流儀「吉永小百合スペシャル」

 

私は吉永小百合さんを女優さんとしてはもちろんですが、人格も素晴らしい方だと思っているため、上番組は絶対に見ようと思い、それを実行しました。

 

上番組は、吉永さんにとっては初めての密着の密着取材だそうで、それも10か月もの長期間の取材が1時間13分にまとめられていました。

 

見た感想ですが、私が思っていた以上に吉永小百合さんはストイックで自分に厳しく、一番印象に残ったのは、取材していたディレクターが「なぜそこまで努力できるのですか?」と尋ねた際の吉永さんの返答でした。

 

吉永さんの返答は、「私のは努力とは言えない。必要最低限のことをしているだけ」というものでした。

 

また、次もありました。

「60年間、自分をプロだと思ったことはありません。でも、この取材を通してプロになるにはどうしたらいいか、自分を見つめ直せたらと思っています」

 

74歳の吉永さんが、ジムで20キロのバーベルを背負ってスクワットしている場面では、私は仰天してしまいました。

 

取材したディレクターの次の言葉が記事にありましたが、吉永さんも取材側も取材を通して何かを見つけたいという思いがあったのだと思います。

これまでプロフェッショナルを20本近く作ってきて、いろいろな方を取材させていただくたびに、「この部分が描けたらきっと大丈夫」と思って作ってきたつもりだったんですけど、今回の吉永さんに限っては今でも不安のままです。

 

番組を見終わって、吉永さんは取材を受けたことで「プロになるにはどうしたらいいか」という言葉の答えは出たのかなと気になりました。

 

2019年10月27日(日曜日)

まもるまる

以前、AED 女性の場合という投稿をしたことがありましたが、AED使用の対象者が女性であった場合の状況は私もずっと心に引っかかっていました。

 

そのような思いがあったため、大きな関心を持って次の記事を読みました。

AED 対女性使用率向上を 体覆う特製シート考案

 

記事の冒頭に次がありました。

心臓救命装置で医療機器の自動体外式除細動器(AED)は普及が進んでいるものの、女性の使用率が低いことに着目した大阪市内の女子高校生グループが、ストレスなくAEDが使えるように体を覆うシートを考案した。女性を処置する場合に用い、命を守るという思いも込めて「まもるまる」と名付けた。将来的には機器に実装されるよう期待しており、実現を願っている。

 

上記を読み、女子高生が着目してくれたことに頼もしさを覚えました。

 

体を覆うシートは、「まもるまる」と名付けられたそうです。

 

上ページを離れてYahoo!ニュースを開くと、偶然にも次の記事がありました。

【特集】女性の服を脱がせ「AED使用」、男性に”ためらい”も…女子高生が”難題”に出した解決策!その名も『まもるまる』

 

「まもるまる」はまだ改良すべき点があるようですが、これによってAEDの女性への使用率が上がることを期待したいです。

 


メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project