ホーム
2019年11月19日(火)19時46分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...
  2019年11月2日の日別アーカイブ

2019年11月2日(土曜日)

宗教と輸血

次の記事はyomiDr.の記事を探している時に目に留まったもので、タイトルが気になって読みました。

「愛するがゆえ」に2歳女児への輸血を拒否した母…1年後再入院し、看取ることに

 

上記事には、医師である筆者が宗教的な理由で輸血を拒否した両親の説得を試みたものの、説得は受け入れられず、難治性ガンの診断を受けた2歳の女児は1年後に亡くなったことが記されていました。

 

記事では学会ガイドラインについても触れています。

今から10年前に、学会から「宗教的輸血拒否に関するガイドライン」が発表されました。成人であれば、自己決定権が優先されます。しかしながら子どもの場合は、輸血をしないで治療する努力をするものの、場合によっては児童相談所に虐待通告し、児童相談所から家庭裁判所に親権喪失を申し立てることも求めています。

 

記事に、登場する母親は女児への愛情があるがゆえに信仰によって守ろうとしたのでしょう。

その信仰については次が記されていました。

現世での生よりも、来世での生を望んでいる。聖書に書かれた「血を食べてはいけない」という教えを破ると、来世で親子は再会できないというのです。

 

医師としての深い苦悩が感じられた記事でした。

 


メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project