ホーム
2020年1月19日(日)14時28分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
22 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 22

もっと...
  2020年1月7日の日別アーカイブ

2020年1月7日(火曜日)

辛抱強くこつこつと

昨日、次の記事を読みました。

化け物と呼ばれ、いじめと差別に対峙 顔に腫瘍の医学博士、志木の小学校で講演「無関心はいじめです」

 

記事は、「海綿状血管腫」という病気でいじめと差別に対峙(たいじ)してきた医学博士の藤井輝明さんの講演について書かれていました。

 

藤井さんについて、次の紹介がありました。

藤井さんは東京都出身。2歳ごろに右頬に赤みの腫れが現れる同病を発症。病気に対する偏見からいじめや差別を受けてきた。名古屋大大学院医学研究科博士課程などを修了後、熊本大や鳥取大医学部教授などを経て、現在は講演などを通じ偏見や差別をなくす活動に取り組んでいる。

 

記事の中に、藤井さんの次の言葉が記されています。

「辛抱強く、こつこつと生きていくと、つらい人生でも必ず笑顔で語れる時が来る。明日に希望を持って切り開いていくことが大切」

 

藤井さんがいじめを受けていたころの状況は、私には察するに余りあるように思えて、上記の言葉には胸が熱くなるような思いを感じました。

 

私には長い闘病経験がありますが、その当時、辛くて辛くてすべてから逃げたいと思った事が何度かありました。

今でも思うのは、あの時耐えたからこそ今があるということです。

 

いじめに遭っている場合はもちろんですが、辛い状況にいる方たち全員に知ってもらいたい言葉だと思いました。

辛抱強く、こつこつと生きていくと、つらい人生でも必ず笑顔で語れる時が来る。

 


カレンダー
2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project