ホーム
2020年9月18日(金)23時02分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
13 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 13

もっと...
  2020年1月18日の日別アーカイブ

2020年1月18日(土曜日)

BMIパラドックス

昨日、次の記事が目に留まり、先月の投稿の高齢者は少し太目のほうが長生きの際に理解はしていたものの、胃腸が弱くて太れない私にはショックな記事でした。

65歳以上の死亡リスクが急上昇する「BMIパラドックス」とは何か

 

記事に次が記されていました。

やせている人は病気にかかりやすく、死亡リスクが高い。それだけではなく、一度病に冒されると、その回復さえもままならない。病気になりやすいうえに治りにくいとは、踏んだり蹴ったり以外のなにものでもない。

 

私の場合、免疫が低下しないような対策はいくつか実行しているものの、保育園や幼稚園に通う幼児が身近にいる方はご理解いただけると思いますが、孫たちは冬季になると全く風邪をひいていない期間のほうが少ないのではないかと思うほどで、その孫たちから私たち大人が感染すると、大人のほうが明らかに重症になりやすいのです。

 

我が家の場合は二人の孫が違う保育園に通っているため持ち帰るウィルスも異なるのか、主人と私は治ったかと思うとまた風邪症状が出始めるという状態を繰り返しています

 

娘夫婦も風邪をひくのですが、私と主人より治りが早いため、これも次にあるように老化による免疫力低下の影響だろうと察しています。

人は一般的に20代で免疫力のピークを迎え、それからはずっと下降線を辿っていくもの。免疫力のピーク時を100%とすると、40歳前後で50%に、70歳を超えるころには10%にまで下がってしまう。

 

また、記事には次も記されていました。

やせ型の人がかかりやすい病気は枚挙に暇がない。低栄養による腎不全に、体内のナトリウムやカリウムが調節できず電解質異常に陥ることで起きる不整脈。結核などの感染症もそうだ。
やせているよりも多少太っている人のほうが脂肪の蓄えが多く、免疫力も高い。その分、病気にもなりにくい。事実、最近ではポッチャリ体型の人こそが最も長生きするという調査結果が次々に発表されている。

 

記事を読み、今年は少しでも太ることを課題に加えなければと思った次第です

 


カレンダー
2020年1月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project