ホーム
2020年5月27日(水)12時17分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
18 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...
  2020年1月27日の日別アーカイブ

2020年1月27日(月曜日)

1リットル牛乳パックの容量

次の記事を読んで、「そうだったの?」と思いました。

1リットル牛乳は実は1リットルない? 小学校の算数授業がきっかけで物議

 

記事の冒頭に次がありました。

きっかけはある小学校の先生が算数の授業で子どもたちに出した問題:「牛乳パックに入っている牛乳の量は?」というものだっだ。

 

続いて次がありました。

その中で取り上げられたのが、一般的な1リットルの牛乳パックの大きさ。
縦と横の長さは7センチで、高さは19.5センチだ。これをもとに3つの辺を掛けて入る牛乳の量を計算すると…約955立方センチ。
つまり955mlしか入らないというのだ。

 

ここまで読んで、今まで1リットル入っているものと疑ったこともなかった私の頭の中はでした。

 

しかし、実際には1リットル入っているそうで、その理由が次のように説明されていました。

牛乳をパックに入れると中に圧力がかかり、膨らむ。そのため、パックは955mlでも、膨らみの分だけ量が増え、1リットル入る

 

この回答の「牛乳が45mlも膨らむ」ことにはビックリでした

 

記事にもありましたが、身近なものを題材にして学ぶことは子供たちにとって大きな糧になるように私も思います。

 

私が一つ気になったのは、出題した先生は牛乳パックのからくりを知っていたのかということでしたが、記事からはわかりませんでした

 


カレンダー
2020年1月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project