ホーム
2020年4月08日(水)22時46分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
  2020年3月4日の日別アーカイブ

2020年3月4日(水曜日)

受診すべき3つの兆候

新型コロナウィルスの感染拡大を受け、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議では3月2日に見解を公表しました。

「北海道全域に感染者点在」「接触を最大限避けることが必須」新型コロナ専門家会議見解全文

 

上記事に「明らかになったこと」として次がありました。

これまでは症状の軽い人からも感染する可能性があると考えられていましたが、この一両日中に北海道などのデータの分析から明らかになってきたことは、症状の軽い人も、気がつかないうちに、感染拡大に重要な役割を果たしてしまっていると考えられることです。なかでも、若年層は重症化する割合が非常に低く、感染拡大の状況が見えないため、結果として多くの中高年層に感染が及んでいると考えられます。

 

そして、上記を踏まえ、「全国の若者の皆さんへのお願い」として次が記されていました。

10代、20代、30代の皆さん。若者世代は、新型コロナウイルス感染による重症化リスクは低いです。でも、このウイルスの特徴のせいで、こうした症状の軽い人が、重症化するリスクの高い人に感染を広めてしまう可能性があります。皆さんが、人が集まる風通しが悪い場所を避けるだけで、多くの人々の重症化を食い止め、命を救えます。

 

昨日は次の記事も目に留まりました。

新型コロナ8割軽症も…重篤化しないために「受診すべき3つの兆候」専門家が指南

 

上記事に専門家会議の見解である「受診の目安として37.5度以上の発熱が4日以上」等に対して、次がありました。

大阪大の朝野(ともの)和典教授(感染制御学)は、水分がとれない、成人で呼吸数が1分間に22回以上と多い、意識がぼーっとして周囲の呼びかけに答えないといった症状が一つでも見られた場合は、躊躇(ちゅうちょ)せずに受診すべきだと勧める。重い肺炎や、感染症が重篤化して起こる敗血症の兆候かもしれないからだ。

 

10~30代の若者には専門家会議の見解を理解した上での行動を、そして風邪症状が出た場合は上記を踏まえての冷静な判断と行動が大切だと改めて痛感しました。

 


カレンダー
2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project