ホーム
2020年4月08日(水)20時42分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
  2020年3月13日の日別アーカイブ

2020年3月13日(金曜日)

新型コロナウィルスの死亡リスク

昨日次の記事が目に留まりました。10日前の3月3日付の記事ですので掲載数値に若干の変化があるかもしれませんが、記事の掲載事項によって私の疑問がほぼ解けましたので、皆様にも情報として紹介させていただきます。

新型コロナウイルス、死亡リスクが高いのは誰か

 

実は、死亡リスクが高いのは高齢者や呼吸器疾患・糖尿病等の持病のある人ということには納得していましたが、私にとっての大きな疑問は、中国では働き盛りの医療従事者が何人も亡くなっていることで、その原因が知りたいと思っていました。

 

記事には「医療従事者の死」として、次が記されていました。

若い世代にも犠牲者が出ている。新型コロナウイルス感染症の拡大に警鐘を鳴らした武漢の眼科医、李文亮医師(34)が2月上旬に死去している他、20代の医療従事者らも複数命を落としている。これら医療従事者の死をめぐっては、繰り返しウイルスにさらされたことや極度の疲労がその背景にあるとの見方もある。

事実、ソーシャルネットワークに投稿された複数の動画からは、看護師や医師が患者に対応しきれずパニック状態に陥っている様子も見て取れる。

香港大学のジョン・ニコルス教授(病理学)はAFPの取材に対し、「若い医療従事者は自らの経験および訓練の水準を超えた事態への対処が求められ、そこで感染している可能性がある」と指摘する。

 

上記については私も想定内でしたし、「見方もある」と書かれているように絶対とは言えないとは思いますが、「繰り返しウイルスにさらされたことや極度の疲労」が大きな要因だったことに間違いはないだろうと思いました。

そして、想定内であっても「やはりそうだったのか」と納得しましたので、モヤモヤが晴れた気分になっています。

 

致死率について、記事に登場する米国立衛生研究所フォガーティ国際センターの疫学専門家セシル・ビブー氏の見解として次がありました。

現時点で推定されている新型コロナウイルスの致死率について、それが極端に高かったり低かったりすることはないとしながら、おそらく2%を下回ることになる

 

ただ、記事にもありますように致死率は年代によって大きく異なりますから、リスクの高い方々はくれぐれもお気を付けいただきたいと思います。

 


カレンダー
2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project