ホーム
2020年4月08日(水)22時00分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
13 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 13

もっと...
  2020年3月14日の日別アーカイブ

2020年3月14日(土曜日)

大腸がんを予防するには

以前も患者さんが増えている大腸がんの投稿をしたことがありましたが、予防法について具体的に説明された記事を見つけましたので紹介させていただきます。

日本人のがん1位「大腸がん」を予防する4つの生活習慣

 

記事の冒頭に次がありました。

大腸がんは、生活習慣と深くかかわっている病気です。腸は私たちが食べたり飲んだりした物すべての残渣ざんさ(残りカス)が便になる過程で、最後に必ず通過していく通り道ですから、食生活の影響を特に受けやすい臓器なのです。暴飲暴食を続けていると、大腸も悲鳴を上げますが、腸の最も内側の粘膜には神経がないため、炎症が起きていても痛みを感じにくく、ひどくなるまではなかなか気づきません。

 

そして記事には大腸の炎症についての説明があり、原因として次が挙げられていました。

①大量飲酒
②牛・豚肉やバター、ラード、乳脂肪を含む牛乳や乳製品などの動物性脂肪(オメガ6系脂肪酸)の多い食事
③水分不足による慢性便秘など腸内環境の悪化
④運動不足

 

上記の①と②については次の説明がありました。

①と②は、大腸がんの発症リスク要因とも共通しています。疫学的な調査研究からも、「1日に30グラムを超える動物性脂肪を摂っていると、腸の炎症を引き起こしやすい」ことや「ハム、ソーセージなど加工肉を食べることは大腸がんの発症につながる」ことなどが報告されています。

 

①について、筆者の山王病院内科副部長である大久保政雄さんは週2日以上の「完全休腸日」を勧めています。

②については、動物性脂肪を控えるとともに発酵食品食物繊維の摂取を勧めていて、食物繊維としては昆布やワカメなどの海藻類や大豆、大麦、イモ類、キノコ類などに多く含まれる「水溶性食物繊維」を積極的に摂ることを勧めています。

 

③については、便秘を予防して腸に負担をかけないために十分な水分を摂取することが重要だそうです。

具体的には、ふつうの体格の成人であれば目安として「1日2リットルの水を飲む」ことだそうです。

 

④については次が書かれていました。

健康状態に問題のない人であれば、まず1日30分程度のウォーキングを日課にすることから始めてみてください。背筋を伸ばして、大股で腕を大きく振って歩きましょう。腕を振ることによって、お腹の上下運動にひねり運動が加わり、腸の動きがよくなります。膝や腰が痛い人は、プールの中で行う「水中ウォーキング」も効果的でしょう。

 

いかがでしょうか。皆様にもできる範囲で実行していただければと思います。

 


カレンダー
2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project