ホーム
2020年8月11日(火)21時03分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
  2020年4月3日の日別アーカイブ

2020年4月3日(金曜日)

「感染しているかも」の前提で行動を

次の記事が目に留まりました。

新型コロナ、大都市圏では「感染しているかも」の前提で行動を。地方も他人事ではない

 

記事には、次の文面がありました。

東京都を含む首都圏では、症状がなくとも「自分は感染しているかもしれない」という考え方に切り替える必要があります。若い方であっても重症化するリスクがないわけではありません。まずはご自分の身体を守るために、3つの「密」(密閉空間、密集場所、密接場面)の重なりを避けてください。

しかし、うつされない方法を考えるだけではもう不十分です。感染経路不明の症例がこれだけ多く出ている今は、自分が感染していてウイルスを排出しているかもしれないという前提に立って、地域に広げない方法を考える段階に入っています。

 

また、記事には次の文面がありました。

オーバーシュートすることが予見される場合には、早期に完全な封鎖を行うことが必要になります。当然のことながら、すでに爆発してしまってからでは遅いのです。早期に完全に地域を封鎖して外出禁止としてしまうことは、社会経済的にはかなり大きなインパクトがあり、日常生活にも大きな影響がありますが、それによって多くの命が救われることになります。

 

筆者の谷口清州さんのプロフィールには、現職が国立病院機構三重病院・臨床研究部長・国立感染症研究所客員研究員と記され、国立感染症研究所感染症情報センター、WHO感染症対策部などを経て2013年より現職と書かれていました。

 

筆者がそのような経歴の医師だからこそと思いますが、信頼性の高さはもちろん、一般の方にもわかりやすく書かれていますので、多くの方にご一読をお勧めしたいと思います。

 


カレンダー
2020年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project