ホーム
2020年8月11日(火)22時04分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
  2020年4月15日の日別アーカイブ

2020年4月15日(水曜日)

オーストリアの修正力

緊急事態宣言も含めて政府の対応の遅さにヤキモキしているからかもしれませんが、昨日に続いてオーストリアのことを書いた記事に目が留まりました。

首相が国民の価値観変えた…コロナで見せたオーストリアの「修正力」

 

記事の筆者はオーストリアに住む自然科学を専門とする研究者だそうですが、私はタイトルの下に書かれていた「マスク着用が「違法」から「義務」に」が気になって記事を読み始めました。

 

その「違法から義務」について、記事には次のように書かれていました。

そもそもオーストリアではこれまで、テロを防ぐための覆面禁止法により許可のないマスクの使用が法律によって禁止されていた。そのため、道を歩いていてもバスに乗っていてもスーパーでも病院であっても一般市民のマスク姿を見ることはほとんどなかった。

ところが、2月下旬に国内で最初の感染者が確認され3月上旬から感染が急速に広がり始めると、クルツ首相は3月16日からの外出禁止を決定し、その3週間後にはスーパーや薬局で買い物をする際のマスクの着用を義務づけた。さらにその1週間後には公共交通機関や開いている全ての店舗においてマスクの着用が義務づけられた。

 

私は上記を読んで初めてオーストリアのマスク事情を知ったのですが、記事にはマスクに続いて衛生意識の変化についても次のように書かれていました。

現在のオーストリアでは、スーパーに買い物に行くとマスクだけでなく使い捨ての手袋をしている人も目立つようになり、入り口ではマスクはもちろん手袋をしたスタッフがマスクのない人にマスクを配り、買い物カゴを目の前で丁寧に消毒して渡しては新しい手袋に変える、といった徹底した衛生意識を見せるまでになっている。

 

記事を読み進むうちに、「あっという間の変化」と筆者が書いているオーストリアと日本政府の違いに、私はため息が出そうになってしまいました。

 

また、「クルツ首相と二人の女性大臣」と書かれた写真に添えられていた次の文面に、

閣僚の年齢の若さも日本と対照的

 

「これって決定的だ!」と私は思ってしまいました

そして、「日本政府の対応の遅さの大きな原因がこれだったら、日本はどうなるの」と思わざるを得ませんでした

 

緊急事態宣言が出された今となっては閣僚の年齢を理由にしている猶予はないわけですが、記事の最後に書かれた筆者の次の言葉が今の日本に求められていることだと私も強く思いました。

日本でも、他国や他者のいいと感じる部分を参考にして、未来への恐れより希望を大切にしながら、もっとシンプルに変化してみてもいいのではないだろうか。

 


カレンダー
2020年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project