ホーム
2020年7月02日(木)14時37分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
  2020年4月20日の日別アーカイブ

2020年4月20日(月曜日)

他人事ではない

私の場合、家族・近親者・身近な知り合い等にコロナウィルスの感染者は出ていないのですが、症状のない陽性者はいたるところにいると思っているため、買い物に出かける際にもできる限りの注意を払っているつもりです。

 

根が心配性なので、感染経路が不明な報道にはドキドキさせられますし、昨日は次の記事を読んで背筋が寒くなるような思いを感じました。

親が共倒れ赤江珠緒のケース「お子さん親戚に」識者

 

フリーアナウンサーの赤江珠緒さんに陽性反応が出たことは多くのメディアで取り上げられていましたので、ご存じの方も多いかと思います。

彼女のご主人も彼女より前に陽性反応が出て、彼女が濃厚接触者として自宅待機だった時期に「親が共倒れになった際に幼い子の面倒は誰がみるのか」という不安があることを別の記事で読んでいたので、上記事を読んでドキッとしてしまいました。

赤江さんのお子さんは2歳で、今のところは陰性だそうです。

 

家庭内でも感染者と非感染者は2メートル以上の距離を保つことが望ましいとされ、上記事に登場する識者は「幼い子の場合はそれが無理だと考えられるため、親せきなどに預けて隔離することが望ましい」と述べています。

 

その個所を読んだ際、「娘が感染したら主人と私は濃厚接触者であって、1歳と3歳の孫を預からなければならないかもしれない」という思いが浮かびました。

そして、他人事ではなく、そういう事態も想定しておかなければならないかもしれないと思いました。

元気であっても孫の世話には疲労困憊の日々ですから、自らも陽性になるかもしれないと思いつつの孫の世話はどうなるのか想像もできませんが、万が一そのようになった際には何としても乗り切らなければならないと自分に言い聞かせました。

 


カレンダー
2020年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project