ホーム
2020年5月27日(水)11時32分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
18 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...
  2020年5月2日の日別アーカイブ

2020年5月2日(土曜日)

またしても不安が増大

なぜ不安を増大させられるような情報ばかりが目に付くのかと思ってしまいましたが、これは情報としてお知らせすべきだと思い投稿としました。

 

それは、次の記事に書かれていました。

コロナ感染者が減り始めても、まったく安心できない「後遺症の恐怖」

 

上記事の前半は各国の患者数の推移データ等が紹介され、それを分析すると「もしかしたらピークを越えたかも」と思わせるようなことが書かれているのですが、不安が増大したのは後半の内容でした。

 

それは、記事の筆者が取材したある医学部教授の次の言葉でした。

たとえ新型コロナウイルスに感染して、運良く生還できたとしても、後遺症が残る可能性がある

 

上記について、筆者は次のように書いていました。

日本で軽症者とされているのは、一言で言えば、人工呼吸器に繋がれていない患者である。人工呼吸器を使っている患者を重症患者、さらに症状が悪化し、エクモ(体外式膜型人工肺、ECMO、Extracorporeal membrane oxygenation)に繋がれると、重篤患者として扱われる。
読者はよく「人工呼吸器につながれて助かった」とか「ECMOで助かった」という話を耳にするだろう。
だが、彼によれば「エクモに繋がれて治った患者には大変な後遺症がありうる」「ひょっとすると、だいぶ寿命も短いかもしれない」というのだ。なぜかといえば、肺がやられて機能が完全に復活しないからだ。
そうだとすると、同じ病気なのだから、エクモではなく人工呼吸器にとどまった場合でも、後遺症が残る可能性はある。このあたりは今後、医学的に検証されるだろうが、私は「後遺症が残る」と聞いて、いっぺんに怖くなった。

 

上記を読んで考えたところ、「大きなダメージを受けた臓器は完全に元に戻らない可能性がある」と納得させられたのですが、理解はしても私の不安が増大するばかりで、筆者も書いているように「とにかく甘く見ずに、かからないようにするしか、いまは手がない。と改めて強く思いました。

 


カレンダー
2020年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project