ホーム
2020年11月27日(金)0時47分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
  2020年5月8日の日別アーカイブ

2020年5月8日(金曜日)

新型肺炎の始まりは昨年秋?

昨日、次の記事が目に留まりました。

昨年10月時点で新型コロナ感染か 仏の五輪メダリストが衝撃告白「感染していたと思う」

 

記事の冒頭に次がありました。

2016年リオデジャネイロ五輪の近代五種銀メダリストのエロディ・クルベル(フランス)が昨年10月に中国・武漢で行われた国際大会で新型コロナウイルスに感染していた可能性を告白。

 

上記を読んで少々驚いたと同時に、「昨年11月の夫の肺炎ももしかしたら」という思いが生じました。

 

昨年10月に新型コロナウィルスによる感染があったのであれば、そのウィルスが日本に入ってきた可能性を思ったのです。

ただ、夫の場合は抗生物質が奏功しましたから、ウィルスが原因ではない可能性が高いと言えるかもしれません。

それでも、100%違うとは言えない気がしてしまったのです。

 

その後に次の記事も読みました。

新型コロナ、人への感染は19年終盤から 英大学が遺伝子分析

 

上記事には次が記されていました。

研究チームは世界各地の7500人以上の新型コロナ感染者から検出されたウイルスの遺伝子を分析。約200の反復突然変異が確認され、研究者はウイルスが人への感染とともに進化している可能性があるとの見方を示した。

 

新型コロナウィルスが今後も突然変異を続けるとすると、私たちはウィルスとの長期戦を覚悟しなければならないでしょう。

 

そうなった時、自粛が普通になる日常にストレスを感じないようにしなければ心が折れてしまうのではないかと思えて、自粛生活の中で楽しみを持つ必要性を感じた次第です。

 


カレンダー
2020年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project