ホーム
2020年10月20日(火)11時24分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
  2020年9月の月別アーカイブ

2020年9月30日(水曜日)

箱とソフトパック

「箱とソフトパック」とは、ティッシュのことです

 

我が家は2年くらい前に箱からソフトパックに変えたのですが、次の記事を読んで益々ソフトパック派になりました。

ティッシュ市場で「箱からソフトパック」へのシフトが起きている理由

 

記事に次がありましたが、私には「エッ、使っている人はそんなに少ないの?」という数字でした。

ティッシュ市場全体に占めるソフトパック自体のシェアは、19年1月時点で6.5%、20年1月時点で約10%、同年5月で12.7%と、堅調に伸びている。

 

我が家がソフトパックに変えたきっかけは、単純に安かったからです

 

最初に買ったソフトパックは可愛い花柄の包装で、次はそれより価格が安い物を見つけたのでそれにしたのですが、包装が味気ないので、残してあった最初の花柄の包装をかぶせて使っています。

 

箱からソフトパックに変えた際、「安いから変えたけど、どうかな」という思いがありましたが、使い始めると使い勝手が良くて手放せなくなりました。

 

使い勝手については、記事にも「収納やゴミ捨て、持ち運びのしやすさ」とありましたが、私も全く以って同感です。

記事には次も書かれていました。

実際にソフトパックを購入された方の約80%が次回もソフトパックを購入したいという回答

 

次の文面もありましたが、まだ箱を使っていらっしゃる方にはぜひソフトパックをお試しになることをお勧めしたいです

ソフトパックはボックスタイプよりもかさばらない分、輸送コストの削減につながる他、環境に優しい側面があるようだ。

 

 

2020年9月29日(火曜日)

今更ですが、アベノマスクの一枚単価

昨日、次の記事が目に留まりました。

「アベノマスク」の単価は143円 黒塗り非公表の文書で黒塗りし忘れか

 

上記事の冒頭に次が書かれていました。

巨額の税金を投入して1世帯に布製マスク2枚を配るというその政策が議論を呼んだ「アベノマスク」だが、一部の業者からのマスク1枚の価格が143円だったことが、政府が開示した文書で明らかになった。単価は非公表とされており全て黒塗りになっていてたが、一部で塗り忘れが有ったと見られる。

 

上記事の筆者は前日に次をアップしていました。

安倍政権の「目玉政策」だったアベノマスクの単価をひた隠しにする政府

 

アベノマスクについては、一国民として巨額の税金が無駄に使われたとしか思えません。

 

安倍内閣時代の問題の再調査はしないと菅首相は述べているそうですから、納得していない国民への説明責任を果たすつもりはないのですよね。

それで国民に信頼される政府になれると思っているのか、思っていないのか

 

2020年9月28日(月曜日)

竹内結子さん

昨日の朝、ネットニュースで竹内結子さんが亡くなったことを知りました。

このことは多くのメディアで報じられましたので、ご存じの方も多いと思います。

 

最初にニュースのタイトルが目に入った時、「エッ、病気だったの」と思ったのですが、記事を読むと自殺の疑いと書かれていたので非常に驚きました。

彼女が今年出産したことが記憶にあったためです。

 

このところ、芸能人の自殺が相次いでいますね。

 

一般の方でも今年の8月は自殺者が昨年に比べて増え、特に女性の自殺者が増えたそうです。

芦名星さんに続き、竹内結子さん死去…行政関係者は「コロナの影響が出たのではないか」

 

上記事に次がありました。

警察庁のデータによると、今年8月の自殺者数は全国で1849人で、昨年同月比246人(15・3ポイント)増。新型コロナ禍の今年は7月までは減少、例年と同レベルで推移していたが、8月が急増した。中でも、男性は1199人(前年同月比60人増)に対し、女性は650人(同186人増)と約40ポイント増となっている

 

竹内さんの場合は産後うつもあったのではないかと推察されているようですが、記事には「悩みを家族や医師、相談窓口に相談できていたのかが気になる」と書かれ、悩んでいる方には「いのちの電話」等に相談することを呼びかけています。

「日本いのちの電話」

ナビダイヤル 0570(783)556 午前10時~午後10時
フリーダイヤル 0120(783)556 毎日:午後4時~同9時  毎月10日:午前8時~翌日午前8時

 

ご冥福をお祈り申し上げたいと思います。

 

2020年9月27日(日曜日)

高齢者、コロナで外出自粛の結果

次の記事を読みました。

患者がPCR陽性で「濃厚接触者」になった……歯科診療はストップ、1週間の自宅待機で足はふらふら

 

上記事の筆者は歯科医だそうで、診察した患者さんがコロナに感染していたことで濃厚接触者と判定され、1週間の自宅待機を余儀なくされたことでの体力低下について書かれています。

 

そして、後半には98歳の患者さんがコロナによる外出自粛によってひどくやせてしまったことが書かれていました。

 

筆者の年齢は50歳代後半、昨年までは毎年フルマラソンに出ていたそうなのですが、そのような筆者でも1週間の自宅待機の結果が次のように書かれていました。

実質的には自室待機でしたから、復帰してから人生で感じたことのないほどの歩きづらさを感じました。歩き方がぎこちないし、明らかに足が重い。歩けないほどではありませんが、歩きたくない、座りたい、横になりたいと感じました。そして息も上がる。ふくらはぎが軟らかく、細くなっている気がします。50歳代後半、昨年まで毎年フルマラソンを走っていました。その僕ですら、1週間の自宅待機の体への影響を自分で確かめることになりました。

 

筆者より10歳くらい年齢が上の私は、上記には「そんなに・・・」という思いを抱かされました

 

待機によって50代でも自覚するほどの体力低下を思うと、後半に登場する98歳という年齢の高齢者の体力低下は容易に推察できました。

 

筆者は次の文面で記事を終わっていますが、私も、誰もが健康的に外出できる日が来ることを願わずにはいられませんでした。

インターネットやテレビなどでも自宅での運動法を特集していますが、精神的な健康をなくしてしまうと、やる気も出ません。1週間の自宅待機で僕も身をもって体験しました。誰もが健康的に外出できる日が来るのを願うばかりです。

 

2020年9月26日(土曜日)

菅内閣は高支持率だそうで

次の記事が目に留まりました。

「首相が菅さんだから…」新内閣、歴代の中でも“高支持率”な理由

 

記事には菅内閣は女性の支持率が高いことが書かれていましたが、そうであっても記事に書かれた次のことに私は注目しました。

安倍政権の「負の遺産」の解明について、特に女性の方が「進めるべきだ」と声を上げています。年代差があり、30代以下は「その必要はない」が49%で「進めるべきだ」を上回っていますが、60代では67%が、70歳以上では60%が「進めるべきだ」と答えています。

菅首相は、官房長官として安倍政権を支え続けたこともあって、これらの問題の解明に消極的ですが、国民の方はまだ忘れてはいません。

 

そうですよね、国民は忘れていないのです。

 

実は、私は上記事を読む前に次の記事を読み、亡くなった赤木さんの妻・赤木雅子さんの心中を察していました。

「夫は財務省に殺された!」“森友自殺”妻の独占告白

 

菅政権を「生ゴミのバケツのふた」と言い放った方がいたそうですが、生ゴミが腐ったら蓋をしていても臭いが漏れるでしょうし、まだゴミが増えるようであれば蓋ができなくなる時が来るかもしれません。

とにかく、生ゴミはどうにかしなければならない物なのです。

 

首相になったからには、ゴミ箱に蓋をするのではなく、溜まったゴミをきれいに片づけてもらいたいと切に願うばかりです。

 


カレンダー
2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project