ホーム
2020年9月20日(日)14時54分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
  2020年9月13日の日別アーカイブ

2020年9月13日(日曜日)

再々ですが、ドコモ口座不正出金のこと

3日連続で「ドコモ口座」による不正出金に関する投稿をしています。

 

私が今回の事件に対して関心を持っているのは、今後もセキュリティーの甘さから同じような事件が起きるのではないかという危惧を感じているためです。

 

昨日、次の記事を読みました。

「ドコモ口座」不正被害に見たもたれ合いの唖然

 

上記事と似た様な内容の記事をいくつか読みましたが、上記事が一番わかりやすく、そのためか、読みながらNTTドコモと銀行側への怒りが生じました。

 

記事には次のように書かれていました。

NTTドコモの丸山副社長は、銀行側のセキュリティ改善について自主性に委ねる考えを示した。
事件発覚後、両者が危機意識を高めて協力しあう状況にはなっていない。ドコモはWeb口振の利用について「各銀行がそれぞれの事情で決める話」(丸山副社長)としている。銀行側は「われわれは(Web口振の)システムに乗っかっているだけ。セキュリティはある程度(ドコモなどの)決済事業者に依存してしまう」(中堅地銀行員)と言ってのける。

 

いくつかの過程があったにせよ、NTTドコモと銀行双方の依存が今回の事件を招いた一因であることは明らかだと思います。

 

私は最近、ある信用金庫のネットバンキングを開始したのですが、私が利用している他のネットバンキングと比べて一番と言えるくらい登録までの過程が面倒でした。

なぜなら、登録までに何段階もパスワードやIDなどいくつもの設定があり、それらがすべて異なる組み合わせを求められ、途中で止めようかと思ってしまったくらいでした

 

その時はやっとのことで登録まで進みましたが、今回のことから、セキュリティーは嫌になるらい面倒なほうが安全な可能性が高いと痛感しました。

 

記事は次の文面で終わっていましたが、今後の波及を防ぐためにしっかりと対応されることを期待したいです。

セキュリティ強化を相手に委ねる形でサービスを続けていては、同様の問題が発生しかねない。ひとまずドコモは対応策を示し、ほかの決済事業者の水準に合わせた形だ。今後は地銀を中心とする銀行側の対応姿勢が問われそうだ。

 


カレンダー
2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project