ホーム
2020年10月20日(火)11時25分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
  2020年10月3日の日別アーカイブ

2020年10月3日(土曜日)

マイナンバーカード

次の記事を読みました。

マイナンバーカード普及率「約2割」 持ちたくない背景に「利便性なし」「政府不信」が

 

記事にあった下記をご記憶の方も多いかと思います。

5月に始まったひとり10万円の特別定額給付金の支給ではマイナンバーカードを使ったオンライン申請が導入されたが、誤入力や二重申請を防ぐチェック機能が働かず、全国各地の自治体が大混乱に陥った。

 

上記に関して、記事に登場する(電子政府の実現に取り組む行政情報システム研究所主席研究員の)狩野英司さんは次のように述べていました。

デジタルシステムに住民サービスという視点が欠けていたり、部局をまたいだ横の連携、国と地方といった縦の連携ができていなかったりする例が多く、結果として行政サービス全体のデジタル化が進んでいないのです

 

政府はあの手この手でマイナンバーカードの普及を図っているようですが、普及率は8月1日時点で18.2%だそうです。

 

記事に次がありました。

菅義偉首相は首相就任前、自民党総裁選に向けた討論会では「2年半後に(マイナンバーカードを国民)全員に行き渡るようにしたい」とぶち上げた。

 

実は私はマイナンバーカードの登録をしていません。

理由は、セキュリティーが安心とは思えないためです。

セキュリティーのことでは、紐づけが多くなるほど不安が大きくなると察せられます。

 

記事は次の文面で終わっていましたが、2年半という期間を区切った首相の手腕を見てみたいところです。

マイナンバーカードの普及が進まない背景に政府への不信感がある以上、求められるのは「2年半」と期限を切ることではなく、まずは着実にデジタル化のメリットを示すことだろう。

 


カレンダー
2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project