ホーム
2020年10月20日(火)11時59分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
  2020年10月8日の日別アーカイブ

2020年10月8日(木曜日)

目の機能と自律神経

昨日に続いて、今日も目に関する投稿です。

 

昨年の秋、眼科の検診時に左目の急激な視力低下を指摘され、その後も回復せずにいるので、次の記事内容が気になって読みました。

目の機能と「うつ」とは意外に関係が深い

 

上記事の筆者は眼科医で、記事には次が書かれていました。

目の症状によって、もともとあったうつ病が悪化している場合、またはその反対に、うつ病の症状の一部として視力低下や目が極端に疲れる、不快だといった自覚が出現している事例が見つかりました。勤務を続けられない、家事もままならないなど日常生活に相当影響が出ているケースもあります。

 

昨年秋はPCのトラブルに振り回される日々でしたので、医師からは白内障の進行が視力低下の原因と言われたのですが、私自身としてはPCトラブルのためのPC作業によって生じた眼精疲労やストレスも視力低下を招いた一因ではないかと推察しています。

 

その当時の私の状況は、1日のうち多くの時間をPCの復旧作業に費やしていましたので、眼への負担が大きくなると同時に、思うようにPCが改善しないことが大きなストレスとなっていました。

そのため、上記事から、私の場合はうつ病ではなかったものの、眼精疲労はもちろんですが、大きなストレスが視力低下の何らかの一因となった可能性もあるかもしれないと思いました。

 

記事に挙げられた例については「眼球の異常で生じた視覚の不都合がうつ症状を悪化させた例」と説明されていて、次が続いていましたので、私の場合は白内障もあるため手術等の処置無しでは視力回復は望めないと思いますが、うつ病で視力が低下した場合はうつ病の治療によって視力が回復した例もあるようです。

逆にうつ病が原因で両目の著しい視力低下という症状が出現したものの、うつ病の治療でゆっくり回復してきたという症例も時々みます。

 

うつ病と自律神経には大きな関わりがありますし、それらと視力低下の仕組みが解明されることを期待したいです。

 


カレンダー
2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project