ホーム
2020年11月29日(日)22時23分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
17 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...
  2020年10月22日の日別アーカイブ

2020年10月22日(木曜日)

少し前の出来事ですが

少し前のある日、その前日から娘と孫たちが我が家に泊まっていたのですが、婿から娘に電話がありました。

 

話の内容は、婿の職場で一人の人がコロナのPCR検査を受けたというものでした。

 

電話を受けた娘も気が動転してしまったようで、電話が終わってから私に婿がPCR検査を受けたと話しました。

 

それを聞いて私も驚きましたが、どうも様子がつかめなかったため、娘にもう一度婿から様子を聞くよう言い、娘が婿に電話して、婿ではなく職場の人がPCR検査を受けたとわかりました。。

 

とにかく、検査結果を待たなければならないと思い、自宅に帰るはずだった娘と孫たちは我が家で待機ということになりました。

 

結果を待つ間、私は婿が濃厚接触者だった場合を考えて川崎市のホームページの該当ページを読みました。

濃厚接触者の方の健康観察について(健康観察サポートシステム)

 

濃厚接触者になった場合の注意等、上記ページに次が書かれていました。

*健康観察期間中は、咳エチケットと手洗いを徹底していただき、常に健康状態に注意してください。
*不要不急の外出はできる限り控え、やむをえず移動する際にも、公共交通機関の利用は避けてください。
*外出時や同居者等と接触する際は、マスクを着用し、手指衛生などの感染予防策をとってください。
*同居者の方は、マスクの着用及び手指衛生を遵守してください。
*着用しているマスクについて、一度着用したものは、食卓などに放置せず廃棄してください。
*マスクを触った後は、必ず手指衛生をしてください。
*発熱または呼吸器症状が出て、医療機関を受診する際には、居住区の区役所衛生課に連絡の上、 受診を勧められた医療機関を受診してください。
*廃棄物処理、リネン類、衣類等の洗濯は通常通りで構いません。

 

婿は前日に当直だったため、「万が一婿が濃厚接触者だったとしても娘と孫たちは自宅に帰らず婿と接触しなければ濃厚接触者に当たらない」と判断し、「彼らは2週間は我が家で過ごすことになるかもしれない」等など、いろいろ考えていました。

 

そして、最初の連絡があってから約7時間後に、婿からPCR検査の結果は陰性だったという連絡が入りました。

 

それを聞いてホッとしたものの、一瞬、1度目の検査では陰性でもその後に陽性に転じた報道を思い出し、娘たちを帰宅させるかどうか迷いました。

 

確認のため、娘に「明日からの仕事のことなど、婿は職場から何と言われたの?」と尋ねました。

 

娘が婿に電話で聞くと、「何も問題なく通常通り」とのことでしたので、娘たちにはとりあえず帰るように言いました。

 

それからすでに2週間経ち、何も問題は起きていないため、婿の職場でPCR検査を受けた人はコロナではなかったのでしょう。

 

これからもまた同じような事が起きるかもしれませんが、その都度臨機応変に対応するしかないと今回の経験から思いました。

できるなら陽性結果は被りたくないですが、そうなってしまったらその時の最善を尽くすしかないと決めています。

 


カレンダー
2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project