ホーム
2020年11月29日(日)9時40分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
  2020年11月1日の日別アーカイブ

2020年11月1日(日曜日)

見分け困難の毒キノコ

次の記事が目に留まりました。

毒キノコの食中毒相次ぐ 「見分け困難」県が注意喚起

 

記事の冒頭に次が書かれていました。

毒キノコ「ツキヨタケ」の食中毒発生が県内で続いている。キノコによる食中毒の発生件数は岐阜県内では2016年から4年間はゼロだったが、今月に入り3件(26日時点、全てツキヨタケ)発生した。県は、確実に食用と判断できないキノコは食べたり、他人に譲ったりしないよう注意を呼び掛けている。

 

記事に「ツキヨタケ」の写真がありましたが、以前の投稿に書きましたように「毒キノコの多くは目を引く外見」という先入観のある私には毒キノコには見えませんでした

 

記事には次の注意喚起がありました。

「控えめな色のものは食べられる」「虫に食われていれば食べられる」「ナスと煮れば中毒にならない」などの言い伝えを信じて口にしないよう呼び掛けている。

 

記事に書かれていた見分け方がわかりにくかったためネット検索したところ、次のページが見つかりました。

もう簡単に間違わない!ツキヨタケとムキタケの見分け方を伝授!

 

上記事にツキヨタケの特徴として、次が書かれていました。

特徴 ・傘に鱗片がある ・短い柄にリング(突起帯)がある ・割くと、柄の根本付近に黒いシミが確認できる ・ヒダの間隔は広い ・比較的ムキタケより大きく、色が濃くなる ・暗所で発光する 毒成分はイルージンS 誤食した場合、 嘔吐、下痢、腹痛などの症状に見舞われます。中にはみるもの全てが青色に見えたと感じる人もいたそうです。

 

今は行楽シーズンでもありますから、キノコ狩りにお出かけの際にはくれぐれもお気を付けください。

 


カレンダー
2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project