ホーム
2021年1月20日(水)16時46分 ホーム
カテゴリー
最近の記事
漢方薬その他の情報
サイト内検索
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが My Blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
  2020年11月28日の日別アーカイブ

2020年11月28日(土曜日)

GoToとコロナ

政府の対応に疑問を感じていた私は、記事の筆者(医師の岩田健太郎氏)の見解に大いに納得でした。

Go Toと感染者増 「主要な原因」との証拠はなくても

 

記事の序盤に次が書かれていました。

いずれにしても「エビデンスがない」、だからGo Toはオッケー、な論者が見落としているのは、分科会ではGo Toが感染拡大の「主要な」要因であるとのエビデンスはない、と述べていることです。「主要」ではないが、感染拡大の要因のひとつではあるのです。

 

そして、読み進むと次が書かれていました。

新型コロナウイルスは蚊が媒介したり、渡り鳥が運んだりするようなウイルスではありません。ウイルスは旅をしない。人だけが旅をするのです。なぜ新型コロナウイルス感染症が世界規模の「パンデミック」になったかといえば、人々が世界中を移動したからです。よって、人の移動、旅行は明白な、そして(食料など超マイナーな例外を除けば)唯一の、感染拡大の原因です。

 

筆者はGoToキャンペーンを否定しているのではありません。

感染対策は「経済を回すための」インセンティブになります。感染対策は経済を回す前提になります。感染対策は経済の敵ではありません。繰り返します。感染対策は経済を回す前提なのです。そして、感染拡大が続き、Go Toという手が打てない期間は、経済破綻や自殺者が出ないように、人々の生存を確保するような生活支援をすればよいのです。旅行や外食を支援するのではなく。

 

記事は次の文面で終わっていましたが、政府が間違いに気づき、少しでも早く軌道修正をしてくれることを願わずにはいられませんでした。

現在の日本の対策がいけないのは、感染対策と経済対策をあたかも対立概念のように扱い、あちらを立てればこちらが立たないかのように誤解し、そしてどちらも中途半端にやってしまって、どちらも失敗していることです。根本的な問題理解の失敗です。

 


カレンダー
2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
メインメニュー
アーカイブ
ブログ内検索
人気記事リスト
Powered by Monosasi Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2010 XOOPS Cube Project